カメラ大手ニコンが手がける ようかん 通販サイトなど…|Xiaomi 史上初6400万画素カメラ搭載スマホを…|ぶらっTOKYOさんぽ 東京ミッドタウン日比谷で開幕|他

カメラ大手ニコンが手がける「ようかん」通販サイトなどで販売終了へ

2019/08/22 17:31
写真拡大
「Nikonの主力商品が...」「羊羹を売らないニコンなんて...」――。カメラ大手ニコンが販売する「ニコンようかん」が、一部で販売終了することがわかった。
SNS上では惜しむ声が相次ぎ、ニコンイメージングジャパンの担当者は2019年8月22日、J-CASTニュースの取材に「お客様の声は真摯に受け止めております」と話す。
1973年から販売ニコンようかんは、ニコンが唯一手掛ける食品だ。
ようかんの老舗である「本宮」(栃木県大田原市)から提案を受け、1973年に社内の売店で販売を始めた。2000年2月からは一般向けにも販売し、ニコンイメージングジャパン広報宣伝部は「ほどよい甘さでバリエーションが多く、評判をいただいておりました」と話す。
小倉や塩、柚子、胡麻などの種類があり、ニコンの通販サイト「ニコンダイレクト」などで販売する。「お盆の時期に売れ行きがいいです。ユーザー層は中高年の男性が中心ですが、贈答用として女性の方にもご購入いただいております」(広報宣伝部)
しかし、一部メディアなどで販売終了との情報が伝えられ、愛好家には喪失感が広がっている。ニコンダイレク……

Xiaomi、史上初6400万画素カメラ搭載スマホを8月29日に発表

2019/08/22 17:11
NoteシリーズはRedmiブランドの中でも大きなサイズが特徴で、Note7は6.3インチのディスプレイを搭載しています。同モデルは4,800万画素のカメラを搭載していながら価格が999元(約15,000円)~と、コストパフォーマンスに優れていたことで大きな注目を集めました。
Note8/Note8 Proの価格や違いは不明ですが、同じようにカメラの画素数を売りにしたミッドレンジスペックで、コストパフォーマンスの良さをアピールしてくるのではないかと考えられます。
すでに画素数は“億”の領域にNote8シリーズが発売されれば、史上初の6,400万画素カメラを搭載したスマートフォンとなりますが、既にXiaomiは1億800万画素のカメラ開発を進めています。
多い画素数を実現するには、サイズを犠牲にしてセンサー自体を大きくするか、センサー内に搭載する素子を小さくするかしかありません。しかし、小さくすれば暗所での撮影が難しくなってしまいます。
そのため各社はカラーフィルター配列の構成を変えたり(RGB配列→RYYB配列)、暗所では画素4つを1つにまとめて大型素子扱いしたりといった工夫で、多い画素数の欠点をカバーしています。
Source:微博(1),(2) via GSMArena
(kihachi)

ぶらっTOKYOさんぽ、東京ミッドタウン日比谷で開幕

2019/08/22 16:36
イベントでは、5つのツアーの担当者が内容を紹介した。
昭島観光まちづくり協会が実施するのは、写真家が同行する「自然とアートが映える町あるき」。写真の撮り方についてアドバイスを受けながら、昭島市の見どころを歩く。
昨年、一眼レフカメラを買ったという宇賀さんは、「これまで使う機会がなかったんですが、このツアーならカメラを持って参加したい」。
ツアーは10月19日に行う。料金は1500円。
しながわ観光協会は、品川で楽しむ「大人の休日 居酒屋&競馬場体験」ツアーを紹介。旧品川宿の史跡をめぐり、人気の居酒屋を貸し切って軽く一杯。その後、大井競馬場のナイター競馬で運を試す。競走馬との写真撮影も設定している。
前園さんは、「お酒がダメなので、ウーロン茶で参加もできますか」と質問していた。
ツアーは、11月15日の催行で、料金は3000円。
すべてのツアーはインターネットと電話で予約できる。

ケンコー・トキナー、SAMYANG社の世界で最も広角な単焦点レンズ『XP 10mm F3.5』を発表

2019/08/22 15:44
ケンコー・トキナーは、SAMYANG社の世界で最も広角な一眼レフ用単焦点レンズ『XP 10mm F3.5』を8月23日から発売する。価格はオープンで、市場想定価格は127.500円(税別)。
XPシリーズの中で最も画角が広いXP 10mm F3.5は、最新のデジタル一眼レフの5000万画素以上の写真と、8K映像に十分対応する最高級のレンズ。SAMYANG独自の光学設計技術で、より正確で鮮明な、優れた歪曲抑制力と解像力を確認できる。中心から周辺まで、美しい色合いをベースに、安定した画質を実現する。
主な特長■世界最大の画角– 130°
Canon EFマウントのフルサイズ対応のプレミアムマニュアルフォーカスレンズであり、フルサイズ130°、
APS-C 104°をカバーする。これまでにリリースされた光学レンズの中で最も画角が広く、視覚をはるかに超えたワイド域を軽快に撮り、空間を活かす演出に最適。
■DISTORTION-FREE – 圧倒的な歪曲抑制力
積み重ねてきた光学レンズの設計技術を集結し、世界最広角の画角と同時に、圧倒的な歪曲抑制力を実現。
11群18枚のレンズで構成し、非球面レンズ3枚、低分散レンズ3枚、高屈折レンズ1枚の特殊レンズを使うことで、色収差やフレア、歪曲などの光学収差を大幅に抑え、レンズの中心から周辺……

河野外務大臣が韓国人記者のカメラに「キャノン?」と聞いてしまう→ご本人がTwitterで反論し炎上する事態に!

2019/08/22 15:43
8月21日に日韓外相会談が行われ、河野太郎外務大臣と韓国の康京和外相の会談が行われました。会談前に記者達と談笑を行うリラックスしている様子が映し出されましたがなんとその時の様子が会談の内容以上にネット上で話題となっています。カメラのメーカーについて話していますが、その様子が韓国のメディアで放送されました。
カメラはキャノン?日韓が入り交じる記者団に気さくに話しかける河野外務大臣の姿が、韓国で大々的に報道され話題となっています。
それそれ♩「そのカメラはキヤノン?」河野外相、韓国人記者にカメラブランドを聞いてしまう=韓国の反応 : カイカイ反応通信 https://t.co/bUipjAi78a
— 渡邉哲也 (@daitojimari) August 21, 2019
記者にカメラブランドを聞いて「韓国で行われている日本製品不買運動を念頭に置き、日本製のカメラの優位性を強調したものと解釈されます。」と韓国メディアが報道。
これについて河野外務大臣がTwitterで反論しています。
カンギョンハ長官を待っている間、前の晩長城に一緒に上がった日本人記者と雑談してたら、その中に韓国の記者も混じってただけ。記者さんたち大きなカメラ持って上がって大変だったし。そもそも韓国語できないから。誰が言い始めたか知らないが、こういうバカなこと言う……

タムロン、新レンズ4本のティザー動画を公開

2019/08/22 15:29
タムロンは8月22日、レンズ新製品4本のティザームービーを公開した。「ミラーレスの世界を革新する」との言葉があり、これらがミラーレスカメラ用であることを伺わせる。
現時点でそれ以上の情報はないが、イメージカットには左から「17-28mm F/2.8 Di III RXD」と「28-75mm F/2.8 Di III RXD」が並んでおり、これらはいずれもソニーEマウント用。画像にはソニー機の象徴であるシナバーカラーを思わせるオレンジ色のラインも引かれているため、追加される4本もソニーEマウント用だと推測できる。
シルエットとして並んでいるレンズ4本は、望遠ズームと思しき全長のあるレンズ1本と、小型の単焦点レンズとみられるものが3本。同社では、Webサイトで随時追加情報を公開していくという。

JOSEPHで日本初 ショップでのARランウェイ「PORTAL BY JOSEPH」を8/23(金)より実施スタート

2019/08/22 15:12
株式会社 オンワード樫山は株式会社MESONと協業し、JOSEPH ウィメンズ、メンズラインの2019秋冬コレクションよりARランウェイ「PORTAL BY JOSEPH」を制作。PORTALはAR(拡張現実)でランウェイを出現させてショッピング体験できるサービスで、8月23日(金)から銀座シックス及び東京ミッドタウンのジョゼフショップで実施致します。今回の撮影はモデル7名が15ルックスを着用。153台の一眼レフカメラで同時に撮影した写真をCG技術によって1つの3Dモデルに合成することで、ARによるファッションショー体験を可能にしました。iPadを通じてARランウェイを閲覧するという非日常的で高揚感のある演出で、新作アイテムやおすすめコーディネートはもちろんのこと素材感や着心地までお楽しみ頂けます。新しい服との出会いやブランドについての学びを発見し、インスピレーション溢れる世界へと導きます。今までに体験したことのないJOSEPHの世界がここに。
【PORTAL BY JOSEPH】 https://www.youtube.com/watch?v=ZFvA8EYtES4
[JOSEPH GINZA SIX店/10:30〜20:30] 開催期間:2019年8⽉23⽇(金)〜2019年9⽉23⽇(月)
[JOSEPH 東京ミッドタウン店/11:00〜……

『HUAWEI P30』と『HUAWEI P30 lite』を QTmobileとgoo Simsellerから順次発売

2019/08/22 13:49
華為技術日本株式会社(以下、ファーウェイ・ジャパン)は、Leicaトリプルカメラとハイブリッド5倍ズーム、“写真の常識を変える”スマートフォン『HUAWEI P30』と高いコストパフォーマンスで人気を博しているP liteシリーズの最新モデル『HUAWEI P30 lite』をQTmobile(株式会社QTnet)とgoo Simseller(NTTレゾナント株式会社)から順次発売しました。
■各社発売スケジュール
8月20日 goo Simseller 販売開始
8月21日 QTnet オンライン販売開始
(ショップ先行発売は8月7日から。お取り扱い機種は、店舗により異なります)
『HUAWEI P30』は、メインカメラにLeicaトリプルカメラを搭載。構成は約4000万画素の超高解像度メインカメラ、約1600万画素の超広角カメラ、そして約800万画素の光学3倍ズーム望遠カメラです。この3つのカメラとAIの組み合わせによって、どんな場面でも最適な撮影モードを自動設定し、まるで一眼レフで撮影したような芸術的なイメージを簡単に撮影することができます。チップセットはNPU(ニューラル・プロセッシング・ユニット)を2つ組み込んだ、スピードとパワーを兼ね備えた新世代SoC、HUAWEI Kirin 980を搭載し、さらなる高速処理を実現して……