180度ウェアラブルカメラ insta360 Go …|ニコン(7731) 1Qは大幅営業減益だが概ね想定通…|ニコンが放つ次の一手はフルサイズ一眼レフ! 新フラッ…|他

180度ウェアラブルカメラ「insta360 Go」で人生を記録せよ!【1分レビュー】

2019/09/06 19:30
僕の親指では隠せました。
insta360 GOがギズモード編集部にやってきました。名前は「360」だけど、360度カメラじゃないんですよ。180度カメラ。内心なんじゃそりゃって言いたくなる気持ちをおさえて開封したら、そこには最強の「ウェアラブルカメラ」が鎮座しておりました...。
Video: ギズモード・ジャパン/YouTube動画や静止画のほか、ハイパーラプスにタイムラプス 、スローモーションが撮れます。ライフログするもよし、定点カメラにするもよし。使い道、多すぎかも。
バッテリーと熱がちょっと心配。でも小さいから許しちゃう。そんなカメラ。
Source: insta360

ニコン(7731) 1Qは大幅営業減益だが概ね想定通り。通期36%減益予想に変更なし

2019/09/06 18:41
QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2019/09/05)
・来期以降の増益見通しも据え置く
 企業価値研究所の20/3期通期の予想連結営業利益は530億円(前期比36%減)。1Qの減益率が大きかったが、概ね想定通りであり従来予想を据え置いた。デジタルカメラを手掛ける映像の事業環境は厳しく減益予想としているが、下期のウエートが大きいため今後の進捗を注視したい。来期以降の予想も据え置く。精機の半導体露光装置の伸びなどにより増益に向かうと想定している。
・露光装置は同業他社との比較で安定的に推移
 半導体露光装置、FPD(フラットパネルディスプレイ)露光装置はキヤノン(7751)も手掛けているが、近年キヤノンが計画未達となっているのに対してニコンはほぼ期初計画通りの販売実績で安定的に推移している。
・20/3期1Qは営業51%減益
 20/3期1Qの連結営業利益は93億円(前年同期比51%減)となった。映像の一眼レフの苦戦、精機のFPD露光装置の減少などが響いた。
・リスクファクター ~半導体・FPD市場への依存度の高さ、過当競争、為替など
・アナリストの投資判断 ~当面の株価は現値付近で推移するとみる。デジタルカメラの進捗などは要注視
 当研究所では、当面の株価がほぼ現値並みで推移するものとみている。……

ニコンが放つ次の一手はフルサイズ一眼レフ! 新フラッグシップ「D6」開発発表

2019/09/06 18:15
ニコンが、フルサイズデジタル一眼レフカメラ「ニコン D6」と、望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発を発表した。
ニコンFXフォーマット(フルサイズ)のデジタル一眼レフカメラD一桁シリーズは、1999年に「ニコン D1」が登場してから今年で20年。そして、Dシリーズにも採用されている一眼レフ用レンズマウント「ニコンFマウント」は、今年で誕生60周年を迎えた。
その節目を、新たなフラッグシップモデルとなるD一桁シリーズ最新機種「D6」が飾る。現時点では仕様は不明だが、厳しい状況下でもプロフォトグラファーのニーズに応える次世代プロフェッショナルモデルとして開発されているようだ。
「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」は、ニコンFXフォーマット対応の望遠ズームレンズ。こちらも、プロフォトグラファーのスポーツ撮影などを強力にサポートするために開発が進められているそうなので、このレンズと「D6」を組み合わせたパフォーマンスに期待したい。
2018年は、フルサイズミラーレスカメラ「Z 7」「Z 6」で話題を集めたニコン。“次の一手”はフルサイズ一眼レフカメラだった。フルサイズ一眼レフとしては2017年9月発売の「D850」以来、D一桁シリ……

カメラの前で発射!EXIT兼近、「テレビから追放危機」も艶業界が熱視線!?

2019/09/06 18:01
 9月5日発売の週刊文春が、大ブレイク中のお笑い芸人・EXITの兼近大樹の過去について報じた。兼近は過去、少女に男性客といかがわしい行為をさせた斡旋の容疑で逮捕されていたという。
「記事によると兼近は、11年、高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話のサイトを通じて知り合った男性とホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたそうです。女子生徒は100人近い男性と関係を持ったようで、斡旋していた兼近は、罰金刑の有罪判決を受けたとのことです」(芸能記者)
 この件について、兼近は「正直、いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたっていうことで正直嬉しかったです」と、文春の直撃取材に明るく答えている。
 しかし彼に対しネットでは「気持ちが楽になったとはいえ、『嬉しかった』という言葉は違うのでは?」「未成年と知らずに関係を持ったとかではなく、斡旋側ってのはキツイ」と、辛辣な意見が殺到。今回の報道で仕事が激減する可能性があるという。
「EXITの2人は、チャラい言動や見た目とは裏腹に、本当はマジメというキャラで、世間から多くの支持を得てきました。そのイメージが崩壊した今、巧みなトーク力があるわけではない彼らの仕事は、激減してしまう可能性もなきにしもあらずです。し……

トリプルカメラ搭載で128GBストレージを内蔵 「HUAWEI P30 lite Premium」の高コスパに驚く

2019/09/06 18:00
 これからスマホを購入する際、どうしても気になるのがスマホ本体の価格だ。これからはいわゆる“分離プラン”が主流になり、2年間にわたる割引が付かなくなる。端末代を抑えるなら、10万円前後のハイエンドではなく、低価格帯のスマホが有力な選択肢になる。でも、機能やスペックで妥協したくない……そんな欲張りな人にオススメなのが、auから登場した「HUAWEI P30 lite Premium」だ。
 ミッドレンジモデルながら、大型ディスプレイやトリプルレンズカメラ、128GBの内蔵ストレージなど、ハイエンドモデルに引けを取らないスペックを実現した。そんなHUAWEI P30 lite Premiumの魅力をお伝えしたい。
スリムボディーに約6.1型大画面とトリプルレンズカメラを搭載