ヘアケア市場レポート,サイズ,シェア,分析2019と…|ザ・ボディショップ バニラパンプキン 焼き菓子のよう…|デリケートゾーン用スキンケアアイテム アイム ラフロ…|他

ヘアケア市場レポート,サイズ,シェア,分析2019と予測2023

2019/08/13 11:57
消費者、ソーホー、およびSMBナズ の市場のレポートは市場の主要な運転者、機会、挑戦、企業の傾向および影響の完全な洞察力を提供する。 消費者、ソーホー、およびSMBナズの市場のレポートはまた重要人物の戦略的な側面図を描くことを提供する。 このレポートはまた消費者、ソーホー、およびSMBナズの市場と関連付けられる価格設定戦略、ブランド戦略およびターゲット顧客のデータを提供する。 また、会社が提供する代理店/トレーダーのリストを提供します。 この調査報告書には、市場セグメントの予測収益と予想される成長率とともに、歴史的なものに重点が置かれています。 成長市場のデータと分析を推進し、影響を与える主な要素は、一次および二次ソースの組み合わせから得られます。 グローバル 消費者、ソーホー、およびSMBナズ 市場は、2019のCAGRとしての副産物を通じて、2019市場でこの極端なクライアントとのアプリケーションのようないくつかのセグメントに 文書のために必要なサンプル www.precisionreports.co/enquiry/request-sample/11065231 消費者、SOHO、およびSMB NAS、ネットワーク接続ストレージ(NAS)について、企業ユーザーの間でファイルの共有を可能にするサーバーベースのストレージシステムです。これは、個々のIPアドレス……

ザ・ボディショップ「バニラパンプキン」焼き菓子のような甘い香りのボディクリーム&シャワージェル

2019/08/13 10:50
ザ・ボディショップ(THE BODY SHOP)は、「バニラパンプキンバス&ボディケアシリーズ」を、2019年10月1日(火)に数量限定で発売する。
ハンドクリーム バニラパンプキン 30ml 1,000円+税
2018年にも好評を博した「バニラパンプキンバス&ボディケアシリーズ」は、アーモンド、パンプキン、バニラのグルマン系の香りが広がるバス&ボディケアアイテムのシリーズ。まるでオーブンから漂う甘い焼菓子のような香りは、秋のリラックスタイムにぴったりだ。
ボディバター バニラパンプキン 200ml
通常価格:2,300円+税
期間限定価格:1,840円+税 ※10月1日(火)~10月31日(木)の期間限定
「ボディバター バニラパンプキン」は、バターのように肌の上でなめらかにとろけ、全身をしっとりと保湿してくれるボディクリーム。ひじ、ひざ、かかとなど、特に乾燥の気になるパーツのケアにおすすめだ。また、ハチミツ配合でなめらかな使用感のシャワージェル、さらりと手肌に潤いを与えるハンドクリームといった全3種のアイテムを揃える。
いずれのアイテムも、秋らしくカラフルなデザインが目を引くオリジナルパッケージを採用。メキシコをはじめとする中南米の代表的な祭り「Dia de los Muertos/ディアデロスムエルトス(死者の日)……

デリケートゾーン用スキンケアアイテム「アイム ラフロリア」ブランドサイト&自社ECショップ NEW OPEN

2019/08/13 10:40
[Mellia株式会社] アイムが提案する美的新習慣 Mellia株式会社(所在地:東京都中央区)は、2019 年 8月 14 日(水)より、デリケートゾーン用スキンケアアイテム『 I'm La ...

【FANCL】ファンケルで始める秋メイク!『カラーフィットルージュ』がリニューアル

2019/08/13 10:00
ファンケルの秋メイクセミナーに参加してきました!
お恥ずかしながら、ファンケルはスキンケアや健康食品のイメージしかなくて、、コスメのことを存じ上げませんでした。
今回は、カラーフィットルージュのリニューアル発売記念として、秋コスメを見てきました。
少しですがご紹介します。

「チョッコレート」から「夜明けのスキャット」が生まれた 『明日へのスキャット』

2019/08/13 07:00
 浮き沈みの激しい芸能界で、歌手として長年現役で歌い続け、しかも人気を維持するのは大変だ。由紀さおりさん(1948~)はそうした稀有な歌手の1人。このほど著書『明日へのスキャット』(集英社)を出版し、半世紀を超える歌手生活を振り返った。日経新聞の「私の履歴書」にでも初出したものをまとめたのかなと思ったが、そうではなく、書き下ろし(語り下し)のようだ。
いつもぶっつけ本番 由紀さんといえば、いずみたく作曲の大ヒット曲「夜明けのスキャット」。この曲で実質的にデビューして50年になることを記念した出版だという。本書はまずその当時の話から始まる。
 7歳年長の姉、安田祥子さんの活躍に触発され、子どものころから童謡歌手「安田章子」として活動していた由紀さんだが、ソロ歌手となってからはヒットに恵まれなかった。もっぱらCM歌手として活動していたという。「チョッコレート、チョッコレート、チョコレートはめ・い・じ」などを歌っていた。ところが人生はどういう縁があるかわからない。この「チョッコレート」がきっかけになって「夜明けのスキャット」が生まれたというのだ。
 というのは、この「チョッコレート」のCMソングや、明治(当時は明治製菓)が一社提供しているラジオ番組「夜のバラード」の音楽を担当していたのが、いずみさんだった。
 ある日、いずみさんから「夜のバラー……