世界のメンズスキンケア製品市場の概要2019年:会社…|大切なのは“基本のキ” プロ直伝 普段メイクのブラッ…|なるほど!イケアの新作収納ボックスで デスクまわりの…|他

世界のメンズスキンケア製品市場の概要2019年:会社別Estee Lauder、L'Oreal、Amway、Clar…

2019/05/18 10:07
QYMarketStudyによって提供されるグローバルメンズスキンケア製品市場2019、研究は定義、分類、アプリケーションおよび業界チェーン構造を含む業界の基本的な見通しを提供します。レポートはまた開発動向、競争の激しい状況、ビジネスチャンス、投資計画および専門家の意見を含む国際市場を分析します。その後、レポートは推定、2025年までのメンズスキンケア製品業界の市場開発動向。この調査の結果によると、世界のメンズスキンケア製品市場は2018年に米国ドルXXを超える市場価値を目撃し、達成すると予想されています。 2025年の終わりまでにXXドルを超える価値、XXの着実なCAGRで成長しています。
メンズスキンケア製品のマーケットレポートを購入するには、下記にお問い合わせください。 https://www.qymarketstudy.com/report/global-mens-skin-care-products-market-91096#inquiry-for-buying
グローバルなメンズスキンケア製品のマーケティング調査レポートには、世界中の市場に関連する重要な洞察が含まれています。レポートは、市場の動向、規模、予測の動向、生産、シェア、需要、売上高、およびそのような側面の多くの包括的な分析です。メンズスキンケア製品市場レポートには、主要企業……

大切なのは“基本のキ”。プロ直伝【普段メイクのブラッシュアップ】に効く基本テク3つ

2019/05/18 07:25
写真拡大 (全7枚)
メイクを日々ブラッシュアップさせてキレイに磨きをかけていきたいと誰しも願うものですが、毎日のメイクにおいて大切になるのが“基本のキ”をきちんとマスターしておくこと。そこで今回は数多くの芸能人やモデルを担当するヘアメイクアップアーティスト・岩下倫之さんに普段から撮影現場で実践しているという【普段メイクのブラッシュアップ】に効く3つの基本テクを教えてもらいました。早速チェックしてみましょう。
▶︎オンナらしさを爽やかに演出。2019春夏人気コスメで愉しむ【抜け感ピンクメイク】
 
【アイライン編】
アイラインを描くときに重要になるのが“手先を安定させること”になります。そこで実践したいのが、テーブルに肘を着いた姿勢でアイラインを描いていくことです。
 
(1)まつ毛の隙間を埋める
まつげの隙間を埋めるように目頭から目尻までちょっとずつ引いていきます。
 
(2)目尻はやや斜め上(もしくは斜め下)に伸ばす
▲右目(向かって左):上向きラインでキリッとした印象に、左目(向かって右):下向きラインで柔らかい印象に
 
目を瞑った状態で平行よりやや斜め上(もしくは斜め下)にラインを引きます。ラインを延ばしすぎるとアイラインを強調したメイクになってしまうので、顔立ちに合わ……

なるほど!イケアの新作収納ボックスで、デスクまわりのごちゃごちゃをスッキリ解決〜

2019/05/18 05:00
内分けはこんな感じ
本体の収納部分のパーツは、浅型と深型のボックス、深型の真ん中にぴったり収まる、丸くて小さなトレーの3つ。
浅型ボックスは深型の上にスタッキングできるようになっていて、3つのパーツがスッキリまとまるようになっています。
そして、そのボックスを閉じるのがコルクのフタ。ポイントは、鏡つきというところです。
ボックスの仕切りスペースに立てて使えば、スタンドミラーのような使い方ができて便利ですよ。
いろんな使い方ができるね
ボックスにはそれぞれ仕切りがついていて、合計12のスペースに分かれています。
これだけ細かく分かれていれば、ごちゃつく小物もスッキリキレイに整理整頓。
さらにミラーもついているので、メイク用品の収納にぴったりです。
深型のボックスには口紅やマスカラ、小さいボトルが立ててしまえます。
筆など長いものは、浅型トレーの真ん中のスペースに!
ボックスがそれぞれバラバラになるつくりなので、メイク道具も取り出しやすく見つけやすいです。
他にもこんな使い方
メイク道具の他にも、文房具類やアダプタ&ケーブルなんかを整理するのにも便利。
工夫次第で、さらにいろいろ使えそうですね。
そしてうれしいのが、こんなにたっぷり収納してもごちゃつかずにスッキリ収納できちゃう……

大人ニキビに乾燥肌……。肌SOSは、高機能な天然成分で対処せよ!

2019/05/18 00:00
効能:解毒・鎮静効果
セリ科の植物の一種、ツボクサ(西洋ではセンテラ)は、ハーブ医療の世界ではゴツコラの名で呼ばれている。アジア原産の薬草で、インド・スリランカの伝統医学アーユルヴェーダで用いられることが多い。ツボクサは、伝統医療において長い歴史を持つ。古代ギリシャでは、ハンセン病治療に有効と考えられ、1800年代のヨーロッパでは、やけどや傷の処置に使われていた。アーユルヴェーダや漢方では、湿疹や皮膚炎など皮膚症状のほか、潰瘍、気管支炎、貧血など体内の症状にも効くとされ、今でも広く使われている。また、ヨガ哲学では、クラウンチャクラを活性化させ、気分を落ち着かせて瞑想状態をつくり出し、不安を和らげると考えられている。スリランカのゾウはセンテラの葉や皮を食べることが多く、もっとも長生きする哺乳類のひとつだ。
センテラから抽出されるツボクサエキスは、血行を良くすると同時に、コラーゲンを増やすことが実証されている。また、豊富な抗酸化物質が環境の有害物質から肌を守り、皮膚炎や乾癬、血管や傷跡などの目に見える症状を改善するのに効果的だ。