日本人には濃すぎ? 憧れの外国風メイクに10代女性は…|メイクデビュー中京レース後コメント クリアサウンド…|新色 イヴ・サンローラン 2019年秋冬メイクア…|他

日本人には濃すぎ? 憧れの外国風メイクに10代女性は「挑戦したい」

2019/07/14 16:40
■ハードルが高い?そこで、しらべぇ編集部が、全国10~60代の女性915名を対象に調査したところ、「『外国人風メイク』をしてみたいと思ったことがある」人は、全体の20.5%。
やはり濃いめのメイクは、日本人にはハードルが高いと感じる人も多いのだろうか。
■10代はチャレンジャー年齢別で見ると、10代が36.2%と高ポイントで、他の年代と比べても圧倒的な差だ。
10代はメイクもまだ覚えたばかりの人が多いためだろうか。流行りも目まぐるしく変わるため、チャレンジすることに抵抗のない人が多いのかもしれない。
日常でするには、なかなか難しい「外国人風メイク」。ハードルは高いが、なかにはいつものメイクに取り入れられるものもあるのではないだろうか。まずは、可能そうなものをひとつ取り入れてみて、自分なりの「外国人風」をつくってみるのもいいかもしれない。
・合わせて読みたい→ゆきぽよ、ナチュラルメイクでファンを魅了 「かわいい」「エキゾチック…」
(文/しらべぇ編集部・ヨザワ マイ)
【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の女性915名 (有効回答数)

【メイクデビュー中京レース後コメント】クリアサウンド杉山晴紀調教師、ダンツウィザード松山弘平騎手ら

2019/07/14 16:16
中京5Rのメイクデビュー中京(牝馬・芝1400m)は2番人気クリアサウンド(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7(重)。3馬身差の2着に7番人気ビアイ、さらに3/4馬身差の3着に4番人気シホノレジーナが入った。
クリアサウンドは栗東・杉山晴紀厩舎の2歳牝馬で、父キズナ、母アンコンソールド(母の父Smart Strike)。
〜レース後のコメント〜
1着 クリアサウンド(松山弘平騎手)
「センスのいい馬です。スタートが良く、道中も楽に進められました。調教通りしっかりとしていました。真面目に走ってくれました」
(杉山晴紀調教師)
「道悪をこなしてくれました。もう1ハロンまでは延ばしたいですが、1400mはベストだと思います」
2着 ビアイ(西村淳也騎手)
「ゲートの出が良く、スピードがあります。今後もチャンスはあると思います」
3着 シホノレジーナ(浜中俊騎手)
「使っていったほうがいい馬ですが、内容は悪くなかったです。体はまだ余裕があっておっとりしていますが、使った上積みはあると思います」
6着 ミヤコシスター(鮫島克駿騎手)
「2番手で上手にレース自体は運んでいますが、体がまだしっかりしていないので動ききれない感じがありました。すぐにチャンスはあると思います」
12着 ビ……

【新色】「イヴ・サンローラン」2019年秋冬メイクアップコレクション

2019/07/14 15:00
毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

「おったまげ~!」「合成かと思いました」 平野ノラ、特殊メイクで激マブな「モナ・リザ」になる

2019/07/14 14:48
関連記事OKノーバブリー! バブルが弾けた平野ノラの姿に「綺麗すぎ!」「めちゃかわいい」と反響
「しもしも〜?」とか言わなさそう。「エビちゃんかと思った!」 平野ノラ、すっぴん風のナチュラルメイクが別人級にゲロマブだと話題
エビちゃんちょっと分かる。平野ノラ、ワコールの下着モデルに抜てき 「私ってこんなにいい女だったんだ、と再認識した」
撮影シーンも公開されています。平野ノラ、再びワコールの下着モデルに 「また脱ぎました!」ゲロマブな姿を披露
ロケ地の南仏ニースでプライベート感ある下着姿に。意外な才能! 平野ノラの絵画センスがガチだった「上手! おったまげ!」
普通にうまくてビビる。「めっちゃスタイルいい」 平野ノラ、20年ぶりのビキニで“全身”色白美人だと判明する
これは日焼けすると真っ赤になるタイプ。関連リンク平野ノラInstagramテレビ東京公式YouTubeチャンネル

「ジバンシイ」秋メイクコレクションは光と影が着想源

2019/07/14 12:02
 「ジバンシイ(GIVENCHY)」は8月2日、光と影が着想源の秋コレクションを発売する。“エッセンス・オブ・シャドウズ”と名付けた同コレクションは、陰影だけで世界観を表現するセピア写真やモノクロ写真からヒントを得て、光と影を合わせることにより立体感を生み出している。
 ニコラ・ドゥジェンヌ(Nicolas Degennes)=メイクアップ アンド カラー アーティスティック ディレクターは「暗闇の奥にある光を表現したく、今回は一つのトーンの中にもさまざまな濃淡のカラーやテクスチャーを組み合わせ、影と光を作った」と語る。アイシャドウパレット「プリズム・イシム・アイズ」は1つのパレットでマット、サテン、メタリックと3種のテクスチャーのシャドウを含み、グレーとバーガンディーの2種が登場。グレー系の「エッセンス・オブ・グレー」はダークブルーからブルーホワイトまでそろえ、深みのあるグラデーションをかなえる。バーガンディー系の「エッセンス・オブ・ブラウン」はバーガンディーからピンクなどをそろえ、フェミニンな目元を演出する。
 リップスティック「ルージュ・アンテルディ・テンプテーション」は一塗りで高い艶と鮮やかな発色をかなえ、パープルとピンクが登場。「シャドウ・パープル」は透け感のあるグレーにパープルのニュアンスを加え、さらにピンクのマザーオブパールが輝きをプラ……

《夏限定》コフレドールで挑戦のカラーメイク

2019/07/14 12:00
6月末にコフレドールから発売されたプレイフルカラー アイ&フェイスを購入しました!3in1のマルチカラーアイシャドウはもちろん、チークやフェイスカラーにもなる3in1の ...