カーライルホテル はいかにNYの伝説となったのか|分譲意識してか無難なデザインに 将来性に不安感じる五…|古民家をアート空間 養老町でワークショップ|他

〈カーライルホテル〉はいかにNYの伝説となったのか。

2019/08/25 11:56
アールデコを主体とする内装は、当時「インテリアデザインのファーストレディ」と呼ばれたドロシー・ドレイパー。上流階級出身の、アメリカで初めてインテリアデザイン会社を興した人物である。18〜19世紀の英米アンティークをあしらった内装をしつらえたのは、ホワイトハウスや大統領別荘などで活躍したマーク・ハンプトン。長い年月にわたり、数々のデザイナーによって上流らしさ、そしてどこか自由な解放感が隅々まで醸し出されてきた。世界のセレブを虜にした魅力のひとつが、そこにある。

分譲意識してか無難なデザインに 将来性に不安感じる五輪選手村

2019/08/25 09:26
写真拡大
【東京五輪会場を丸裸にする】#6 選手村
カヌー&ボート会場は最もお粗末…観客席の一部は屋根なし
 本来ならお祭りムードの「おもてなし」イメージで盛り上がるはずの五輪選手村だが、キナ臭い話が満載である。五輪選手を招待した一時宿泊所を五輪後に分譲住宅として販売するという。五輪特別セールなのか、都有地が市場価格の9割引きという破格の値段で払い下げられたことにうさんくささを禁じ得ない。さらに、この開発はディベロッパーにとって、五輪宿泊施設の貸し出し賃料をもらった上で民間分譲するという“1粒で3度おいしい”破格の計画なのだ。
●将来性=16点
 施設維持費というよりも、この街区の価値の維持可能性といったほうがいいだろう。そもそも、晴海地区では、公共交通機関の慢性的な不足が問題視されてきた。五輪の時だけバスやタクシーの増発で対応したとしても、その後に公共交通機関が充実するかどうか、はっきりしていないのは不安である。
●デザイン=17点
 五輪の選手村ということで、本来なら現代の最先端デザインや機能を盛り込み、居住空間の斬新さを全世界にアピールする機会だったはず。し……

古民家をアート空間 養老町でワークショップ

2019/08/25 08:53
 岐阜県養老町高田にある築170年の古民家・旧佐竹邸で、子どもたちがアートに親しむ「メイドイン・ヨーロー! アートサマースクール」が開かれ、町内外の家族連れらが写真撮影や工作、菓子作りなど多彩なワークショップでものづくりや表現する楽しさを学んだ。
 メイドイン・ヨーロー!は、古民家の現在の所有者安田昌宏さんの娘で一級建築士の綾香さん(44)=川崎市=が企画。長い歴史を感じられる建築空間を「アートとまなび」の体験拠点にしようと、仲間らと実行委員会を立ち上げて昨年スタートし、今回が2回目。
 モダンなギャラリーに改装した敷地内の蔵で行われたワークショップは、地域で活躍するクリエーターらが講師を務め、6日間にわたり開いた。暗闇で光る絵の具を塗って仕上げた動物の工作や一日カメラマン体験、ドイツ人の女性デザイナーの指導でパーティーテーブルのデザインに挑戦するなど、子どもたちは多彩な講座を目を輝かせて楽しんだ。
 期間の最終2日間は、県内などの人気カフェ6店が出店する「ヨーロー・アート・カフェ」も開かれ、会場に店自慢のスイーツなどが並び、来場者でにぎわった。

アーセナルFC × Art of Football x adidas のトリプルコラボによるカプセルコレクションが登場

2019/08/25 08:31
2019-20シーズンにおける3rdユニフォームのデザインを公開したばかりのイギリス・プレミアリーグに加盟する名門サッカークラブのアーセナルFCとそのジャージサプライヤー〈adidas(アディダス)〉。
今回、そんな両ブランドがオリジナルサッカーアイテムを展開する〈Art of Football(アート オブ フットボール)〉を招聘し、イギリス・ロンドンで開催される世界有数の大規模パレード「ノッティングヒルカーニバル」に向けたカプセルコレクションをリリースする。同クラブが1991-93シーズンに使用したアウェイユニフォームは、イエローを基調にジグザグのグラフィックが特徴的なデザインで“痛んだバナナ”と称されていた。そんな過去のアイコニックなデザインを踏襲した今季のアウェイユニフォームをもとに製作される本コレクションには、トラウザー、オープンシャツ、バケットハットの計3ピースが登場。各アイテムともにDIYの雰囲気が漂い、鮮やかなイエローが映えるカーニバルにうってつけのド派手な仕上がりに。さらに、90年代にアーセナルFCに所属し、実際に“痛んだバナナ”ユニフォームを着用していたレジェンドプレイヤー Ian Wright(イアン・ライト)にオマージュを捧げ、オープンシャツのバックには彼の背番号だったナンバー“8”が配される。まずは上のフォトロールより、気になるデ……

『星のカービィ』一番くじが新登場! カービィと店主マホロアとワドルディが仕立てる帽子屋さんがモチーフに

2019/08/25 08:00
商品特長 本商品は、女性に大人気の『星のカービィ』をフィーチャーし、帽子屋を舞台にしたオリジナルアート【KIRBY HAT STUDIO】の一番くじです。
 カービィに素敵な帽子を見立てるためにマホロアは店主、ワドルディは仕立屋として登場します。
 A賞は、ゲームに登場するそうびを身に着けた「マホロアそうびのカービィぬいぐるみ」。
 B賞は、カービィとワドルディのフィギュアが付いている「おしゃれシックなルームライト」。
 C賞は、オリジナルアートがデザインされた約100cmの大きな「おしゃれあったかブランケット」。
 D賞は、特製の帽子をかぶったカービィと店主マホロア、仕立屋ワドルディの「HAT STUDIOのなかまたちフィギュア」。
 E賞は様々なシーンがデザインされた「HAT STUDIOごじまんのマグカップ」。
 F賞は、メラミン製の「HAT STUDIOのとくせいトレイ」。
 G賞は、いろんなシーンがデザインされた「HAT STUDIOおしゃれタオル」と、オリジナルアート【KIRBY HAT STUDIO】の世界観を余すことなく盛り込みました。
 どれも一番くじでしか入手できない商品です。
 最後の1個のくじ券を引くとついてくるラストワン賞には、帽子とおひげがジェントルな「仕立屋なワドルディぬい……

アウディ R8 にV10エンジン10周年記念車---鈴鹿10時間耐久会場で発表

2019/08/25 03:15
アウディは24日、鈴鹿サーキットの特設会場にて、V10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定モデル、アウディ『R8 Decennium(デセニウム)』を発表した。
アウディは鈴鹿サーキットで「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」が開催中に発表会を行い、社長のフィリップ・ノアックが概要を説明した。R8デセニウムは全世界222台限定、日本への割り当ては10台だ。デセニウムはラテン語で「10年」を意味する。
初代R8が2009年に5.2リットルエンジンを搭載した「5.2 FSI quattro」を設定、ここからV10エンジンのヒストリーが始まっている。2016年に第2世代のR8になり、V10エンジンは過去最高の最高出力の620psを発揮し、7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、quattroフルタイム4輪駆動システムを通してパワーやトルクを路面に伝えている。
今回発表されたR8デセニウムは、アウディのフラッグシップであるクーペモデルの「R8 V10パフォーマンス5.2FSI quattro S toronic」をベースに、特別装備のデイトナグレーマットエフェクトのボディカラーにハイグロススタイルパッケージ(フロントスポイラー・サイドシル・ディヒューザー等)を組み合わせる。アルミホイールもマットブロンズの20インチ……