ユニクロUT ドラゴンボールZ 誕生 河村康輔のコラ…|Gorillaz × G-SHOCK より新旧2種類…|ケイト・スペード ニューヨークは シルバーウイーク期…|他

Contents

ユニクロUT『ドラゴンボールZ』誕生 河村康輔のコラージュアートが新鮮

2019/09/17 17:43
コラボにあわせて公開されたスペシャルムービーで河村さんは、「僕がつくったものを小学生が来ていることは今までないですし、60代、70代の方が着ているのを見ることもないので、年齢問わずに着てほしい」と語っている。人気キャラクターが「UT」で躍動コレクションでは河村さんの作品の特徴であるコラージュを用いたタイトルロゴをはじめ、イラストを裁断して再構築するシュレッダーデザインによって、孫悟空の必殺技「かめはめ波」を新たに表現。
2つの柄を並べることで、孫悟天とトランクスが合体してゴテンクスになる「フュージョン」が完成するデザインも登場。
世界的に人気の高い『ドラゴンボールZ』のキャラクターたちが、Tシャツやスウェットを舞台に躍動するアイテムをお見逃しなく。
【写真】「ドラゴンボールUT」を全部見る(c)@Bird Studio/Shueisha, Toei Animation
(c)BIRD STUDIO/SHUEISHA
(c)2018 DRAGON BALL SUPER the Movie Production Committee
(c)Kosuke Kawamura

Gorillaz × G-SHOCK より新旧2種類のアルバムをモチーフとしたコラボウォッチ第2弾が登場

2019/09/17 17:39
2018年11月に発売された第1弾に続く、第2弾として展開される今回のコレクションでは、Gorillazの新旧2種類のアルバムをモチーフとしている。ベースにスクエアデザインで知られる定番中の定番・5600シリーズを採用したGW-B5600GZは、最新アルバム『The NOW NOW』のアートワークがカラーリングのインスピレーション源となっており、ブラックを基調に各所をビビッドなブルーとピンクが彩る。さらに、バックライトにもバイカラーの“NOW”が表示されるほか、Bluetooth接続によりスマートフォン内の公式アプリから機能や設定を変更することが可能となっている。一方のGA-2000GZは、ベースに同ブランドの最新モデル、GA-2000シリーズを採用。こちらはデビューアルバム『Gorillaz』のアートワークから着想を得ており、カモフラ柄を全面にあしらったデザインに。また、同モデルはバンド交換によるカスタマイズが可能となっており、通常のカモフラ柄バンドに加え、ダークトーンのカモ柄バンドも同梱される。
ファン待望のGorillaz ×〈G-SHOCK〉によるコラボウォッチは、GW-B5600GZが23,000円、GA-2000GZが21,000円(いずれも税抜き)となる。公式サイトの情報によれば日本では9月中に発売予定とのこと。気になる方は続報のチェックをお……

ケイト・スペード ニューヨークは、シルバーウイーク期間中に、銀座店・丸の内店にてアートイベントを同時開催

2019/09/17 17:16
ケイト・スペード ニューヨークは、シルバーウイーク期間中に、銀座店にはシンガポール在住のイラストレーター Grace Ciao、丸の内店にはレタリングアーティストecribre Ichikaを招き、アートイベントを同時開催します。
■ケイト・スペード ニューヨーク銀座店 アートイベント
開催日時:2019年9月21日(土)・22日(日)・23日(月/祝)14:00-18:00
展開店舗:ケイト・スペード ニューヨーク 銀座店 /中央区銀座5-5-19
イベント内容:
シンガポール在住ファッションイラストレーターのGrace Ciaoが来店し、40,000円(税込み)以上ご購入  頂いたお客様に直筆のポートレートを作成。お好きなケイト・スペードのハンドバッグと一緒に描く、世界に一枚だけのイラストレーションをプレゼント。また、期間中に25,000円以上(税込み)以上ご購入のお客様には、オリジナルロゴのポップソケッツのプレゼントやドリンクサービスも。
Grace Ciao (@graceciao)
ファッションイラストレーターとして活躍されているシンガポール在住アーティスト。エレガントかつフェミニンな女性を描くシグネチャースタイルで反響を呼び、あらゆるカテゴリーのラグジュアリーブランドとのコラボレーションも実施。https:……

山形緞通デザイナーライン最新作が登場 小林幹也がデザインした「TOCHI」「KOU」

2019/09/17 15:58
じゅうたんメーカー、オリエンタルカーペットは、個人向けブランド「山形緞通」の新商品「TOCHI」と「KOU」を2019年10月初旬より発売開始する。
新作のデザインを手がけたのは、デザイナー・小林幹也。「テーブルの木目や太陽の光などの、さりげない日常の美しさを取り込んでじゅうたんを表現したい」という小林の着想をもとに、2種類のコレクションが誕生した。
「デザインする上で最も大切にしていることは、空間と使う人とじゅうたんのバランス」と小林は語る。山形緞通の色作り技術を駆使して、今の暮らしに合う鈍さのある色を試行錯誤しながら共同開発し、糸には強く撚りをかけるセミフリーズ糸を採用した。
美しい橡(トチ)の木目を抽出した「TOCHI」と、窓越しに心地よく感じた光、空の移ろいをグラデーションで表現した「KOU」。それぞれ3色×3サイズを揃え、現代的な家具とスタイリングしやすい風合いが特長だ。

砂浜ではためくTシャツ 伊予でアートフェス /愛媛

2019/09/17 15:45
アクセスランキング1時間1日1週間SNS動画写真毎時01分更新
100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出 HIV感染告げなかったことを理由に内定取り消し 社会福祉法人に賠償命令 札幌地裁 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

きっかけは「彫刻」。

2019/09/17 15:30
本展は、「彫刻」という概念が誕生し、ロダンの影響を受けた明治期、大正期から昭和初期にかけての多様な展開、そして戦後の現代美術からたちあがった立体造形と近代日本彫刻史を踏まえ発展していった現代彫刻までを、東京国立近代美術館のコレクションより、それぞれの時代を象徴する代表作から通観するものです。
ロダンに多大な影響を受けた高村光太郎や荻原守衛、中原悌二郎をはじめ、木彫の世界を広げた平櫛田中や橋本平八、第二次大戦後の現代美術で存在を示した舟越保武、向井良吉、三木富雄から1980年代の表現までを通観し、近代日本に新しく発生した「彫刻」という概念が、各時代を代表する作家達にどのような刺激を与え創造を促したのか、作家達は「彫刻」をどのように解釈し、何に重きを置き立体として制作したのかを探ります。
熊本県下では、近代日本彫刻をテーマにした大規模な企画展は初めての開催です。本展が、教科書やメディアを通じて知っていた「あの名品」の本当の魅力を紹介する機会となれば幸いです。
【同時開催】
■CAMKコレクション展 vol.6 きっかけは「彫刻」。―現代日本の彫刻と立体造形
《本文は公式サイト紹介文より抜粋/一部編集》

日本最大級のデザイン&アートの祭典 「DESIGNART TOKYO 2019」のプログラムが続々決定

2019/09/17 15:28
東京都内各所で2019年10月18日(金)から10月27日(日)まで開催される日本最大級のデザイン&アートの祭典「DESIGNART TOKYO 2019」。そのプログラムが続々決定している。その一部を紹介しよう。
▲Chialing Chang(チャリン・チャン)「Floating Pattern」
▲team balanco(チームバランコ)
まず、六本木エリアにはバラエティ豊かな展示が集結。青山ブックセンター跡地に2018年にオープンした文喫では、Chialing Chang(チャリン・チャン)がコレクションを日本初披露。東京ミッドタウンでは、team balancoが屋外用家具作品「intree table」を公開。森美術館では「塩田千春展:魂がふるえる」、AXISビルでは若手デザイナー達の新作、g GIFT AND LIFESTYLEではさまざまなプロダクトを紹介するなど、多様で独創的な展示が展開される。
▲Hamid Shahi(ハミッド・シャヒ)
▲HAKUTEN
▲DraadD
▲M&T
ついで、特別な空間とクリエイターとのマッチングが生みだす化学反応が楽しめる企画を多数用意。外苑前エリアでは、Knollがバウハウスにちなむチェアを展示し、さらにSTUDIO BYCOLORの秋山かおりによるインスタ……

アルカンターラが提案するラグジュアリーでサスティナブルなライフスタイル

2019/09/17 15:01
一つ目のコレクション、レイヴではテクスチャーと3D-likeな表面を楽しむことができる。スタッズ、クリスタル、スパンコールなど沢山のディティールが施されており、エンボス加工された素材にテクスチャー効果を生み出すスクリーン印刷や、インターシャ要素をレイヤー化するなどの様々なテクニックが、Alcantara®を体験した人に新しい驚きを生み出す。
二番目のテーマ、ノマドは軽さと柔らかさを特徴としており、他の素材を組み合わせるという、新しい手法を取り入れたコレクション、レイヴとはまた違った風合いを楽しめる。レーザーと接着によって作られたノットや、オークルなどの色合いによるコーディロイとの組み合わせを多用。これによってAlcantara®がフロックプリントやフェルト仕上げ、スカロップ装飾の完璧なベース素材となることがわかる。
アルカンターラ社の発想力と開発力は、常に私たちの期待を超える驚きを与える。自動車関連や、ファッション、アクセサリーそしてインテリアデザインや電化製品など、幅広い分野でAlcantara®が選ばれる理由は、感覚的効果、機能性、そして美学が融合した素材だからと言えるだろう。

アルテックが二俣公一デザインの「キウル ベンチ」を発売開始 記念展示「Landscape of Design」も開催

2019/09/17 14:21
アルテックは2019年秋、空間・プロダクトデザイナー 二俣公一デザインによる「キウル ベンチ」の日本での発売を開始し、これを記念する展示「Landscape of Design」を開催すると発表した。
キウルベンチは、2019年4月のミラノデザインウィークにて、フィンランドと日本の外交樹立100周年を祝うアルテックの「FIN/JPN フレンドシップ コレクション」のひとつとして発表。
「キウル」はフィンランド語で「桶」を意味する言葉だそうで、広大な自然にその身を委ねて、体や心を清め、さらに第三者のコミュニケーションを生む、サウナと温泉という公衆浴場の文化に見る両国の繋がりが、デザインの出発点となったという。
同品は、腰掛けるというベンチの役割を果たすとともに、両端の桶を思わせる篭の中に暮らしにまつわるあらゆる物を収納することができ、その使い方はユーザーの暮らしの数だけ広がるだろう。
また、DESIGNART TOKYO 2019の一環となる展示「Landscape of Design」は、2019年10月16日(水)から11月18日(月)まで、東京・表参道のArtek Tokyo Storeにて開催。写真家 津田直によるフィンランドの雄大な自然を映し出す写真を背景に、キウルベンチの原点を巡るウィンドウディスプレイを展開、さらに地下1階では……

OPPO、2019 ロンドン・デザインフェスティバルで革新的なデザインパワーを披露

2019/09/17 14:18
【2019年9月14日、ロンドン】 革新的なデザインとテクノロジーで業界をリードするスマートフォンブランド、OPPOは2019年のロンドン・デザインフェスティバルの一環として開催されるグローバル・デザインフォーラムのヘッドライン・パートナーになっています。OPPOはアートとテクノロジーの融合による「Essence of Discovery」を探求します。
リンク
さらに、OPPOはデザイン哲学と美、探究心とイノベーション、将来ビジョンについての相互認識に基づき、世界的に高く評価されている日本を代表する建築家、隈研吾氏ともチームを組み、巨大な野外インスタレーション「Bamboo Ring:Weaving into Lightness」を展示します。この作品はロンドン・デザインフェスティバル2019の期間中、ヴィクトリア&アルバート(V&A)博物館の中庭John Madejski Gardenに設置され、OPPOはアジアのテクノロジーブランドとして唯一、パートナーを務めます。
リンク
隈研吾氏は以下のように述べています。「OPPOと協力したこのプロジェクトは、非常に興味深い体験でした。OPPOのロンドン・デザインセンターとはお互いに関心と情熱を共有し、テクノロジーと自然の素材との融合を追求しています。インスタレーションでは竹とカーボンの両……

田川欣哉が企画する「 展 めったに見られないデザイナー達の原画」開催 日本デザインコミッティーのメンバーがスケッチな…

2019/09/17 13:53
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内にある21_21 DESIGN SIGHTでは、企画展「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」が2019年11月22日(金)から2020年3月8日(日)まで開催される。
すぐれたプロダクトの選定やデザイン展の開催を通して、日本のデザインに貢献してきた日本デザインコミッティー。1953年の設立以来、松屋銀座を拠点に活動を続けてきたことはよく知られている。
同展では、その幅広い世代の現メンバーたちが、創造の過程で生み出してきたスケッチ、図面、模型の数々を紹介するもの。世代や領域が異なる人々の結節点となり、日本のデザインの豊かな蓄積を未来へと活かすきっかけになることを目指す内容となっている。
ディレクターを務めるのは、Takramのデザインエンジニア 田川欣哉。ハードウェア、ソフトウェアからインタラクティブアートまで、多岐にわたって活動する同氏のディレクションも楽しみだ。

英国ロンドンのデザイナーがプロデュースの大人気テキスタイル『PAULA BERRY(ポーラベリィ)』19AW新作コレ…

2019/09/17 13:40
[藤久株式会社] ~英国発の花々をトレンドのヴィンテージで表現~ 全国で展開中の手芸専門店「クラフトハートトーカイ」を主力に、手芸用品や衣料品・服飾品、その他生活 ...

【求人情報】漫画や小説のデザインを手がける合同会社アルコインクが、グラフィック・エディトリアルデザイナーを募集

2019/09/17 13:16
漫画と小説のブックデザインを中心に業務をおこなう合同会社アルコインクが、グラフィック・エディトリアルデザイナーを募集している。
近年はアニメ・ゲーム関係の業務もおこなうなど、活動の幅を広げている同社。作家・編集者・監督・プロデューサーなどさまざまなクリエイターに寄り添うことを信条にしている。
今回同社が募集するのは、グラフィック・エディトリアルデザイナー。業務内容は、ブックデザインやCD・DVD・BDなどのパッケージデザイン、Webデザイン、それに付随するグラフィックデザイン全般をおこなう。
【求人内容】
職種:グラフィック・エディトリアルデザイナー(中途)
雇用形態:契約社員
勤務地:東京都新宿区細工町(都営大江戸線 牛込神楽坂駅より徒歩5分)
勤務時間:11:00~20:00(※時間外勤務あり)
資格:アルコインクのデザインに共感できる方。アルコインクのデザインが好きな方。グラフィック・エディトリアルデザイナーとして、2~3年以上実務経験のある方。Illustrator、Photoshop、InDesignなどを使いこなせる方。
給与:月給20万円以上
詳細は「デザインのお仕事」ページへ
https://jobs.japandesign.ne.jp/2019/09/10358/

新型「カローラ」シリーズ技術説明会レポート(スタイル/デザイン&パッケージ編・コネクティッド編)

2019/09/17 13:14
 デザイン面の最後はボディカラーの紹介。ここでの注目点は外装色と室内色を合わせてコーディネートした「W×B(ダブル バイ ビー)」という国内専用のグレードが設定されていることだ。
 このグレードには「スパークリングブラックパール クリスタルシャイン」「ホワイトパールクリスタルシャイン」そして「ブラック」を設定し、それらに対してダークグレーのアルミホイールとドアミラーを組み合わせている。
 また、インテリアパーツの加飾でも外装とダークグレーを使い、外装と内装を1つの世界観でまとめている。
 シートカラーもW×Bグレードでは革の質感を持った新素材の「レザテック」が基本となり、白い本革と黒いレザテック素材を組み合わせたコンビシートをオプションで設定する。その他のグレードはファブリックのシート表皮となる。
 ボディカラーは8色の設定になっているが、従来のカローラよりも若い世代が好みそうな色が多いと感じた。そこで新型カローラがターゲットとする年齢層を質問してみると「30~40歳代」という回答。こういった内装と勢いのある外観デザインにより、SUVに乗っているようなユーザーにも「これならいいね」と興味を持ってもらえるよう期待しているとのことだった。
 ただ、いわゆる若返りをすると、これまでカローラに乗ってきたシニア層のユーザー……

15年で100組のクリエイターを育てた"デザビレ"の村長が、今教えたいこと

2019/09/17 12:20
F:それは希望が持てそうです。売買のプラットフォームや選択肢も増えていますし。
鈴木:小売店やメディアに頼るという時代は終わったのかも。その先の顧客を増やすこと、つまりファンを増やして育てることを第一に考えるべきなんです。
F:よく言っていますよね。「商品ではなくファンをつくる」と。
鈴木:このブランド、このクリエイターから買いたいというファンを増やせば、小売店でもECでも、またポップアップでも直接買ってもらうことができる。お店に頼るのではなくて、自分のファンを育てることで売り上げが伸びてくれるんです。
F:SNSというツールもあるし、ソーシャルコマースやD2C(Direct to Consumer)なども増えていますね。
鈴木:特に、小売のコミュニケーションの部分は見直されていくと感じています。人と人との関わりや、感情に訴えかけるとか。小売が交流拠点として機能するようになっていくと思います。
F:なるほど。例えば?
鈴木:ファッションデザイナーだったら、服を作るという価値だけではなくて、どんなメッセージを発信してコミュニティーを作るか。コミュニティーにいる人たちをどう楽しませるか、どうやってファン同士で繋がっていくかとか、新しい視点が必要になってきていると思いますね。
F:確かに最近のストリートブランドは、まさに……

【第19回 全国高等学校ファッションデザイン選手権大会・準優勝】五所川原第一高等学校

2019/09/17 12:05
この夏で19回目となる全国高等学校ファッションデザイン選手権大会(ファッション甲子園)。今年は39都道府県123校1,633チームから、2,771点のデザイン画の応募がありました。発祥は青森県弘前市。以来ずっと弘前市で開催されています。地元で開催されるコンテストというだけあって、青森県の高校生からの応募も多く注目される存在。その中でも本審査に進んだ五所川原第一高校が、2年連続の準優勝に輝きました。
■“縄文魂”を未来につなぐ決意を作品に込める
五所川原第一高校チームのテーマは、「わだば縄文人さなる」。東北や北海道、特に青森県が世界に誇る縄文文化に着目しました。この大地で悠久より連綿と築かれてきた“縄文魂”を、青森県民である高校生の自分たちがつないで「この先の未来を創っていくんだ!」という、大いなる決意が込められた力作。縄文土器の作り方をとことん研究し、縄文を意識した1本の縄から衣装全体を構築しています。
ちなみに昨年の先輩チームのテーマは「わだば機械さなる」。青森県出身の板画家・棟方志功の有名な言葉「わだば(私は)ゴッホになる」から取った「わだば…」シリーズは、来年の優勝を目指し、先輩から後輩へと託されたバトンのような温かなワード。地元の会場を埋め尽くす900人余りの観客の前で、重責を果たしたばかりの興奮冷めやらぬ3人にお話を伺いました。……