エルメス のスペシャルオーダーの魅力とは 会場構成…|クックパッドの おりょうりえほん が産学連携の取り組…|ミッキーマウスのバースデーをお祝いしよう!映画 ファ…|他

Contents

〈エルメス〉のスペシャルオーダーの魅力とは。会場構成を担当したガムフラテーシに直撃。

2019/11/06 11:56
「このエキシビションをデザインする上で特に意識したのは、夢の世界を具現化することでした。スペシャルオーダーとは、エルメスが顧客の夢を叶えるサービスでもあります。だから美術館の展覧会のように透明ケースの中に展示品を置くのではなく、ものがオープンに問いかけてくる空間を作りたかったのです。そんなインタラクションの中で、訪れた人が想像をふくらませ、新しい発見があるといいと思いました」
これまでも〈エルメス〉と何度もコラボレーションしてきたガムフラテーシのふたりは、今回の会場構成のコンセプトをそう語る。スペシャルオーダーを通して人々の夢を実現させ、完成された実用品として成立させること。そんなプロセスそのものが、彼らを触発したようだ。

クックパッドの「おりょうりえほん」が産学連携の取り組みを開始 絵本の共同制作にはデザインスプリントも

2019/11/06 11:40
 クックパッドは、食育絵本が毎月1冊届くサービス「おりょうりえほん」の新たな取り組みとして、東北芸術工科大学との産学連携を開始し、遊びから食が学べる絵本の共同制作に取り組むことを発表した。
 今回取り組みをする東北芸術工科大学グラフィックデザイン学科は、「遊び・学びの新たなデザイン」というテーマで授業を展開し、デザインの力を通じて遊び・学びの新たな体験をつくることに取り組んでいる。同大学には認定こども園「こども芸術大学」が併設されており、普段から子どもたちに制作した作品で遊んでもらいながら検証することで、実践的な学びを深めている。
 また、同学教授の坂東慶一氏は国際的プロジェクトを多数手がけるアートディレクターであり、これまで食育を目的とした幼児向け絵本を制作し、山形市に配布するなど教育的活動にも取り組んできた。
 同サービスでは、たった5日間で絵本のアイディア発案から実際の読者を想定した仮説検証までを行う、デザインスプリントのフレームワークを取り入れて絵本制作を行っている。今回は学生向けにアレンジしたデザインスプリントを同学科3年生対象の授業「イラストレーション」に取り入れ、絵本の共同制作に取り組む。
 最終的には、講義参加学生15名のアイディアから2冊の絵本を制作し、来年2月頃に全国の「おりょうりえほん」ユーザーに届ける予定。

ミッキーマウスのバースデーをお祝いしよう!映画『ファンタジア』をモチーフにした特別なアイテムの数々がディズニーストア…

2019/11/06 11:25
ミッキーマウスのバースデーをお祝いしよう!映画『ファンタジア』をモチーフにした特別なアイテムの数々がディズニーストアから11月12日(火)より発売  時事通信

渋谷が「エンタメ×5G」で進化 「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.2」開催 / 前会議を経て“渋谷の夜にアートを…

2019/11/06 11:25
渋谷が「エンタメ×5G」で進化 「渋谷5Gエンタメテック会議 Vol.2」開催 / 前会議を経て“渋谷の夜にアートをインストール”するXRアート展「INVISIBLE ART IN PUBLIC」実現  時事通信

アシンメトリーの無骨グラフィック! SHOEI VFX-WRにマットブラックの新柄

2019/11/06 10:26
無骨さにはワケがある…VFX-WR  ベースモデルのVFX-WRは、前モデル「VFX」のスタイリングを引き継ぎながら、SHOEIの新技術を惜しみなく投入したオフロード向けモデル。バイザーやノーズカバーなどのパーツは、帽体の形状と一体化するようデザインされており、帽体後部のリブ形状は、激しい走行時にゴーグルをしっかり固定し、最適な装着位置を探りやすい形状を採用。スタイリングと機能を巧みに融合させたSHOEIらしいモデルとなっている。
■SHOEI VFX-WR FAITHFULの概要 ……

デザフェスが原宿竹下通りでビジュアルジャック!横断幕・フラッグに加えて、JR原宿駅竹下口でもポスター展開

2019/11/06 09:30
2019年11月16日(土)・17日(日)に東京ビッグサイト(所在地:東京都江東区有明3丁目11-1)で行うアジア最大級のアートイベント「デザインフェスタvol.50」(主催:デザインフェスタ有限会社)開催に先立ちまして東京・原宿竹下通り、JR原宿駅竹下口でビジュアルジャックを行います。
竹下通り_1
■「デザフェスがなぜ原宿?」
2日間で約6万人が訪れ、アジア最大級のアートイベントとして今も成長を続ける「デザインフェスタ(通称:デザフェス)」は原宿に常設のアートギャラリーやカフェ、お好み焼きレストランさくら亭がある「原宿アートヴィレッジ」を有しております。そんなデザフェスは日本のトップカルチャーの発信地でもある原宿と共に本年で25周年・50回開催を迎えました。
今回の「デザインフェスタvol.50」ではデザフェス史上最大規模での開催として、東京ビッグサイトで新設したばかりの南展示棟1・2ホールを追加し、より多くのアーティストが参加しております。
通常のブースエリアだけではなく、キッチンカーを含めたフードエリアも増設し、より五感でアートや表現の世界を楽しむ事ができます。
イベントスタート当時から変わらず、プロアマ・年齢・性別・国籍・ジャンルやスタイルは一切不問。無審査で出展する事ができるアートイベントです。
デザフェスと……

日本初のファッションテックスクール「東京ファッションテクノロジーラボ(TFL)」が「バーチャルファッション学部」開設…

2019/11/06 09:00
ファッションテックの専門スクール「Tokyo Fashion-technology Lab(略称:TFL)」(代表 市川雄司 東京都渋谷区神宮前)は、ファッション業界のデジタル活用の広がりを捉え、ファッションデザインに活用できるあらゆるデジタルスキルを持ったクリエイター育成を目的に「バーチャルファッション学部」を開設し、2019年11月8日から募集を開始します。
【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000204679&id=bodyimage1】
■学部の特徴
株式会社ファーストリテイリングや株式会社ZOZOテクノロジーズのHPで「ファッション3Dモデリスト」の募集が始まり、大手アパレルを中心にECサイトやデザイン検討などで3DCG活用が始まりました。
また、バーチャルインフルエンサーの活躍は3DCGの衣装ニーズが高まることにつながります。
このような変化はファッションデザイナーやパタンナーなどのクリエイターの職能にも変化を求めることとなります。
ファッション3Dモデリングソフト「CLO」や3DCGアニメーションソフトを扱うことのできる人材は、サンプル経費削減やデザイン検討の時間短縮、ECサイトの販売効率アップ、さらにはマスカスタマイゼーション への変革などに寄与する……

タイガー魔法瓶の「ファッションコレクション」が限定販売されてるよ~! 1着しかないアイテムもあるから要チェックです

2019/11/06 07:46
タイガー魔法瓶のプレゼントグッズとして人気を博した「LOVE TIGER COLLECTION」が、満を持しての商品化!
これまでは「ステンレスボトル 『SAHARA』を購入した人に抽選でプレゼント」という形でのみ提供されていましたが、このたびクラウドファンディングサイト「Makuake」で限定販売されることになりました。
こちらのコレクション、毎回驚くほどオシャレなので、知らなかった人は今すぐにチェックしてほしい~!
【ファンの要望で限定販売が実現】「LOVE TIGER COLLECTION」は、タイガー魔法瓶のマークをフィーチャーしたファッションコレクション。思いっきりファッションを楽しんでほしいという想いのもとに誕生し、商品化を願う声がたくさん寄せられた結果、今回の限定販売に至りました。
【80年代のゲーム風ロゴがオシャンティー!】冬のコレクションのテーマは「PLAY YOUR GAME」。
有名スタイリスト百瀬豪さんとコラボし、おなじみのタイガーロゴを80年代の8bitゲーム風にデザイン。ビビッドな色合いと近未来的でデジタルな世界観が、超絶オッシャレ~!
気になるラインナップは、
・テディジャケット(スタジャン)
・デニム
・フリンジニットセーター
・フリースセットアップ
・ミトン……

『ゲーム・オブ・スローンズ』、ナイトキングのオリジナルデザインが公開

2019/11/06 07:24
Vanity Fairに送られたライリーのメールによると、彼女のチームはデザインの基礎となる資料や俳優といった資料を与えられずに代理となるキャラクターを作らなければならなかったという。そのため、人工装具デザイナーのバリー・ガウワーがドラマに登場した完成版のナイトキングを作るとき、彼は「おなじみのホワイトウォーカーの特徴」を備えた「威厳のある」ナイトキングを作るためのメモのみが渡されていた。
ナイトキングについては小説に直接相当するものが記載されていないため、各アーティストの最終デザインで大きな差が出る可能性が高い。つまり、どちらも本を読んでインスピレーションを得ることができず、代わりに自分たちの解釈から大部分を引き出さなければならなかったということだ。

自動車における本当のアートと呼べるものとは?デザインとアートの境界線

2019/11/06 07:15
1948年5月16日、イタリア、トリノ生まれ。1976年トリノ工科大学卒業。専攻は航空力学。同年、イタリアのカロッツェリア・ピニンファリーナに入社。同社にて開発担当役員までを歴任。1991年 チェントロスティーレ・ランチア(フィアット社ランチア)のデザイン部長に就任。2002年 フミア・デザイン設立。現在に至る。「己が最初の顧客」がモットーであり、機能性を優先した無駄のないスタイリングデザインを得意とする。アルファロメオ164ほか名車多数をデザイン。奥様は日本人であり、ほぼ毎年訪日されている。
デザインとアートの境界線をどこに置くか、それがとても難しいですね。完全に分けてしまうのは非常に難しい。自動車は工業デザインだから、量産するために作られる。工業製品と言われるものはすべてそうですが、複製する前提で作られるのです。量産技術そのものを芸術ととらえる考えも確かにありますが、本当の意味での「芸術」は、やはり希少な一品ものになってしまうでしょう。
自動車のデザインを芸術ととらえるにあたり、二つの時代があると思います。ひとつが量産の始まる前の時代。そのすべてがワンオフであり、すべてが職人の手によって作られていました。イタリア語で職人を意味するアルティジャーノ( Artigiano )という言葉がありますけれど、その文字の頭にもアートがあり、正に技術こそ芸術だ……

米国Adobeがサブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud」の次世代製品群発表

2019/11/06 07:01
米国Adobe Systemsの日本法人、アドビシステムズは、米国本社がサブスクリプション(定額料金)サービス「Adobe Creative Cloud」の次世代製品群を11月4日(現地時間)にクリエイターイベントで発表した、と公表した。グラフィックデザインの「Illustrator iPad版」や、画像編集の新ツール「Photoshop Camera」を披露した。
Creative Cloudはグラフィックデザイン、動画編集、ウェブデザインなどのソフトがサブスクリプションで利用可能なサービス。Illustrator iPad版は、パソコン版Illustratorの精密性と多様性をタッチ操作に対応させ、iPad用に再設計した。直感的なインターフェイスを持つ。ユーザーはさまざまな機器で同じファイルが扱える。
Photoshop Cameraは新たなモバイルカメラアプリで、Photoshopの性能がモバイル機器でも活用可能になる。品質の高い画像を簡単に作成してSNSでシェアできる。機器に内蔵するカメラアプリや他社の製品と違い、写真の質を自動的に高める。著名なアーティストなどが選定した多くのレンズとエフェクトのライブラリを搭載する。
このほか、画像合成と修正ワークフローの機能がタブレットで使える「Photoshop iPad版」の入手が同日可能になっ……

飾っても絵になる!旅心をくすぐる、おしゃれな「アートブック」3選(FRaU編集部)

2019/11/06 06:01
ぼくの美術ノート
原田治 著/亜紀書房(2017)
原田治の名著『ぼくの美術帖』を意識した装丁。正確には続編ではないが、こちらもユーモア溢れるアート紹介で旅本としても楽しめる。
最後は原田治さんの『ぼくの美術ノート』。装丁は服部一成さんだ。繊細でポップな装丁に惹かれ、思わず手にした。話は多岐にわたり、美術をテーマにパリ、ニューヨーク、はたまた日本の山歩きなどのエピソードが続く。たった一冊でどこへでも行けるエッセイ集だったのだ。いずれも、旅好きの気持ちに火を付けるような本。さあ、次はどこへ出かけようか。
 
PROFILE小林マナ Mana Kobayashi
1966年生まれ。98年に小林恭と共に設計事務所〈ima〉設立。〈マリメッコ〉〈ファミリア〉などの店舗デザインを手がける。
●情報は、2019年10月現在のものです。
Photo:Toru Oshima Edit:Yuka Uchida

シドニーで数々の名店を生み出すインテリア・デザイナー – マリコさん

2019/11/06 05:01
実は、オーストラリアで初めてのインテリア・デザインの仕事は、あるイタリア人のために行ったのですが、資金不足で、厨房機具の支払いが不可能となり、サプライヤーが、トラックで乗り込み機具をぶんどり返すという事態になったため、開店後すぐ倒産閉店してしまいました!私はとてもショックで、そのとき心に誓いました。「余分なお金は使わないでデザインをする!手掛けたクライアントは成功させる!」と。
手掛ける全ての物件はクライアントの財産ですから、10年以上、魅力を保持するデザインを心掛けます。また、サスティナブルをキーワードに、現場で再利用できるものはそのまま取り入れられるか検討します。以前、「Yayoi ギャラリーズ店」の実地設計を担当した時、ショッピング・センター側から以前の店の換気フードを廃棄するよう指示されました。しかし、掛け合って、そのままの形で、新しい厨房で再利用できるようしました。使える物を捨てないことでエコにつながりますし、時間短縮、コスト削減にもつながったと思います。大きな物でしたので、撤去費用、新しい換気フードの製作、取り付け費などを考えると、3万ドルは浮いたと思いますが、たぶんクライアントは認知していないかもしれません。
また、近年レンガ壁が流行っていますが、それ以前から私は現場にある物を取り入れるアイディアとして使っていました。例えば、「スシトレ……