世界イタリア料理週間 オープニングイベントとしてA…|繊維・ファッション 刺繍 からイノベーションを考…|“一緒につくる家具屋” La Vida(ラビーダ) …|他

【繊維・ファッション】「刺繍」からイノベーションを考えるイベントを京都で開催:時事ドットコム

2019/11/09 10:25
【繊維・ファッション】「刺繍」からイノベーションを考えるイベントを京都で開催:時事ドットコム  時事通信

“一緒につくる家具屋”「La Vida(ラビーダ)」IFFT/ インテリア ライフスタイル リビングに初出展!<20…

2019/11/09 10:25
“一緒につくる家具屋”「La Vida(ラビーダ)」IFFT/ インテリア ライフスタイル リビングに初出展!<2019年11月20日(水) - 22日(金)東京ビッグサイトにて開催>:時事ドットコム  時事通信

2020年のテーマは? 「メットガラ」2020について知っておくべきすべてのこと

2019/11/09 09:39
2020年は新しい10年の始まり。時代がどこへ向かうのか、それが何を意味するのかについて、哲学でいうところの“実存的”な恐怖や期待は常に付きまとう。2020年の「メット ガラ」は、「時間について:ファッションと持続時間」をテーマに、その感覚を活用し、クチュールファッションを通じてそれを探求する。
米「NYタイムズ」は、メトロポリタン美術館の衣装研究所のキュレーターであるアンドリュー・ボルトン(Andrew Bolton)に、メトロポリタン美術館150周年の年に何を期待するか、そして誰が共同ホストを務めるかについてインタビュー。 以下が、メットガラ2020 について知っておくべきすべてのこと。
メットガラ2020のテーマは?ずばり「時間」! 2019年の「キャンプ:ファッションに関するメモ」と、2018年の「天国:ファッションとカトリックの想像力」と比較すると、時間の経過に関する瞑想はより抽象的なもの。 しかしボルトンは、このテーマは150年と長きにわたって構築されたメトロポリタン美術館に非常に役立つと主張している。
「ファッションは時間と永久に結びついている」とボルトンは語る。「それは、時代の精神を反映して表すだけでなく、時代とともに変化し、発展するもの」。そして「NYタイムズ」は、「サステナブル(持続可能性)への欲求と、持続する衣服と欲望との……

県内デザインアート一堂に 高岡で展示 知事賞に宮田さん

2019/11/09 09:22
 県内作家のデザイン作品を集めた「第五十九回県デザイン展」(北陸中日新聞など後援)が八日、高岡市中川園町の県高岡文化ホールで始まった。十日まで。観覧無料。

鉄道ニュース週報(198) JR九州787系改造「九州周遊の新観光列車」報道、その背景は

2019/11/09 07:00
JR九州の特急形電車787系を改造し、2020年度から九州周遊の新観光列車を運行すると報じられた。10月30日付の日本経済新聞電子版の記事によると、「ななつ星 in 九州」より低価格で、列車の運行はおもに日中とし、車内に宿泊設備はないとのこと。デザインはJR九州のD&S列車などを多数手がけた水戸岡鋭治氏が担当する。朝日新聞電子版の記事によると、「旅行会社のツアーや個人での利用を想定している」という。
JR九州の特急形電車787系を改造し、九州周遊の新観光列車を運行すると報道された
787系は1992年に登場した交流電化区間専用の特急形電車。九州新幹線開業前の鹿児島本線で、最速の看板列車だった特急「つばめ」に投入された。後に鹿児島本線の特急「有明」、日豊本線の特急「にちりんシーガイア」、長崎本線の特急「かもめ」などでも活躍。2004年に九州新幹線新八代~鹿児島中央間が開業すると、「つばめ」の名は新幹線に譲り、787系は博多~新八代間の特急「リレーつばめ」として、JR九州の高速化に貢献する。
■「水戸岡デザイン」787系、改造後も「水戸岡デザイン」?2011年、九州新幹線鹿児島ルートの全線開業にともない、特急「リレーつばめ」は廃止。特急「有明」も減便され、787系は他の地域に転出して、九州内の各地に残存していた国鉄特急形電車485系を置き換えた。現……

(フロントランナー)ジョン・C・ジェイさん 「愚かな人のもとで働くな。人生は短い」

2019/11/09 03:30
 (1面から続く)
 ――生家はクリーニング店だそうですね。
 8歳から両親を手伝い始めました。狭い店の一角で暮らしていましたから、私の最初の夢はいつかソファに座ってテレビを見ることでした。15歳で初めて一軒家に引っ越しました。
 ――大学でグラフィックデザイン、出版社で編集デザインを学び、大手百貨店のブルーミングデールズへ。
 キャリアを通じて、私はいつも新しい道に飛び込んできました。新しいこと、やっていないことに挑戦し、学ぶのが好きなのです。出版社では科学や法律の雑誌に携わっていましたから全然違う分野です。
 でも私にはアイデアがあった。…

建築家・長坂常が考えた、音と映像のデザイン。

2019/11/09 00:02
PRODUCTS
木組み上の円形/《BEOSOUND EDGE》本体を転がして音量調整するというユニークなスピーカーはマイケル・アナスタシアデスのデザイン。462,900円。木組み上の円錐形(大)/《BEOSOUND 2》豊かな音で空間を満たす美しいスピーカー。音声アシスタント機能搭載。260,000円。木組み上の円錐形(小)/《BEOSOUND 1》高さ30cm強のワイヤレススピーカー。200,000円。木組み手前・床置きの円形/《BEOPLAY A9》テキスタイルブランド〈クヴァドラ〉がカバーを手がけたスピーカー。環境に合わせて音を最適化する。324,073円。

【トヨタ ヤリス 新型】プロトタイプに最速試乗!デザインの攻め具合と「軽さ」を実感

2019/11/09 00:00
『ヴィッツ』改め『ヤリス』。2020年2月中旬発売予定の同車プロトタイプでサーキットを走る機会が用意されたので、今回はその報告をしておきたい。
試乗車は1.5リットルのハイブリッドのFF(タイヤサイズは14インチと15インチ)とE-Four(4WD)、1.5リットル・ガソリン車のDirect Shift-CVT と6速MTの計5台。従来型にもあった1リットルと、2020年4月発売予定というガソリン車の4WD(1.5リットル)の試乗車は用意されていなかった。
現行スープラとの血の繋がりを感じさせるデザインところで冒頭でも触れたとおり、今回の試乗車はプロトタイプとの案内だった。試乗車によってはスクープ写真でもおなじみの(!?)カモフラージュのラッピングが施されていたことでもそれはわかった。が、実車は外観、内装ともに見た限り量産車レベルの仕上がりぶりで、今回は試乗メインながらインテリアも「最終仕上げ前なので室内の撮影はご遠慮ください」といった案内もナシ。となると、試乗車により施された外観のカモフラージュも“プロトタイプを装うためのカモフラージュ”だったのでは?とさえ思えた。こんなことからも新しい『ヤリス』の開発は、まあノンビリとということはないにせよ、ジックリと腰を据えて進められてきたのかもしれない。あくまでも想像の域だけれど…。
もちろん会場にはス……