NBAが史上初となるアート展 “Momentum” …|Next Story GroupがInk Hotel…|2020年春 高輪ゲートウェイ駅に無人AI決済店舗1…|他

Contents

NBAが史上初となるアート展 “Momentum” を Art Barsel Miami にて開催

2019/12/03 17:57
NBAやWNBAの名物となっている試合前の入場シーンにスポットライトを当てた“Tunnel Vision”、NBA史上に残る16の歴史的瞬間に着用されていたスニーカーをフィーチャーした“Beyond the Arc”、長いNBAの歴史のなかでも最もインパクトのあるダンクをテーマとした“Ascension”といったコンテンツで構成され、さらにLeRoy Neiman(リーロイ・ニーマン)、Andrew Kuo(アンドリュー・クォ)、Ashley Teamer(アシュレーチーマー)といったコンテンポラリーアート界の新鋭アーティストによるコラボ作品も展開される。
そんなNBAによる初のエキシビジョン“Momentum”は、12月5日〜8日(現地時間)の期間で開催。入場券はこちらから購入ができる。また来場客には、本展を記念したスペシャルなマーチも用意されるとのことなので、同時期に米マイアミへ滞在予定のある方は、是非とも足を運んでみてはいかがだろうか。
Nautilus by Arlo
1825 Collins Ave
Miami Beach, FL 33139
「Art Barsel Miami」に関するそのほかの最新情報もお見逃しなく。

Next Story GroupがInk Hotelsブランドを開業

2019/12/03 17:13
Next Story GroupがInk Hotelsブランドを開業
AsiaNet 81982 (2436)
【メルボルン2019年12月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*Ink Hotel Melbourne Southbankはメルボルンで新たな体験とつながりを探索するようゲストをいざなう
国際的なホスピタリティー企業のNext Story GroupがInk Hotel Melbourne Southbankを開業し、同社のブランドポートフォリオにInk Hotelsを加えた。メルボルンのホットなウオーターフロント拠点の中心地にある167 City Roadにある最近取得された新築ホテルは、新たなInk Hotelsブランドの折り紙付きである。同ブランドは2021年のシンガポールでの第2のホテル開業に向けて順調に進んでいる。
Logo - https://photos.prnasia.com/prnh/20190214/2375429-1LOGO-a
Next Hotels & Resortsのダレン・エドモンストーン最高経営責任者(CEO)は「Ink HotelsはZ世代のマインドセットを持つ旅行者に共感する抗しがたいほど魅力的なブランドである。Next Story Groupのブランドポートフォリオを……

2020年春 高輪ゲートウェイ駅に無人AI決済店舗1号店をオープン 商品は手に取るだけ!“ウォークスルーの次世代お買…

2019/12/03 16:45
2020年春 高輪ゲートウェイ駅に無人AI決済店舗1号店をオープン 商品は手に取るだけ!“ウォークスルーの次世代お買い物体験”  時事通信

新生「東急プラザ渋谷」公開 全69店、屋上空間やロボットラウンジなど

2019/12/03 16:01
 総売り場面積は約2500坪で、商環境デザインは国内外で活躍するインテリアデザイナー森田恭通さん(グラマラス)が手掛けた。石(2階)、陶器(3階)、紙(4階)、金(5階)、木(6階)、土(7階)、光(17階)と、各階で異なる素材を使うほか、2階の一部には旧東急プラザ渋谷の外壁に使われていた石を再利用。曲がり角や段差を無くし「歩きやすく見通しの良い」空間に仕上げる。
 施設の象徴となるのは、17階のルーフトップガーデン「シブニワ」。広さ1200平方メートル弱となる屋上空間は、渋谷の「新名所」として、無料で入れるパブリックな空間にさまざまな椅子や樹木を配置する。広場に面する形で、17階・18階には、シンガポール「マリーナベイ・サンズ」にも出店するエンターテインメントレストラン「CE LA VI(セラヴィ)」が日本初出店する。
 17階にカフェ&バー業態「BAO by CE LA VI」とラウンジ「CE LA VI CLUB LOUNGE」、18階にファインダイニング「CE LA VI RESTAURANT & SKY BAR」とシーンに合わせて利用できる3業態を展開する「セラヴィ東京」もこの日、水を使った演出や、ゆったりとしたソファ席、夜景を望みながら食事ができるテラス席などが公開された。
 目玉フロアとして新しいチャレンジの場に位置付ける5階は、……

カプセルホテルの概念を覆す「ナインアワーズ」が、水道橋にオープン

2019/12/03 15:33
さらに地上階には、“種子からカップまで~ From Seed To Cup ~”をコンセプトに、福岡を拠点に展開するコーヒーショップ、レックコーヒーが東京都内初の路面店を出店する。ナインアワーズの宿泊者向けに、朝食付きプランも販売予定だ。
ナインアワーズ水道橋はJR水道橋駅から徒歩2分と、立地も利便性抜群。出張や旅行、残業で疲れ切った体を「ナインアワーズ」の機能的な施設とサービスで効率よくリセットして、新しい1日を迎えよう。
ナインアワーズ水道橋
住所/東京都千代田区神田三崎町 3-10-1
問い合わせ先/ tel. 03-5357-1807
https://ninehours.co.jp/
text : Chisato Yamashita
>>『インテリア・デザイン』に関する記事をもっと読む!
エル・デコの新着記事はこちら。
https://www.elle.com/jp/decor/

ガラスアクセサリーの「ayanoFukumura」、「福村硝子」がオープンアトリエを開催。クリスマス限定商品も公開。

2019/12/03 15:15
ガラスアクセサリーの「ayanoFukumura」、「福村硝子」がオープンアトリエを開催。クリスマス限定商品も公開。|リフレクトアート株式会社 :時事ドットコム  時事通信

IKEAがデザインする火星の居住空間

2019/12/03 15:00
IKEA(イケア)は、狭い空間を住み易いものにするという同社のアプローチが、地球以外の星にも応用できると考えている。Fast Companyによると、同社は火星の居住地に似た施設を地球上に作って研究する機関と協力して仕事に取り組んでいるという。当初IKEAは、デザイナーをその施設に送り込んで、狭く区切られた部屋用の機能的な家具を造るためのインスピレーションを得ようとしていた。しかし、それはすぐに双方向のコミュニケーションとなった。ということは、将来、他の惑星へ入植する人の生活方法に関して、IKEAが発言権を持つようになったということかもしれない。
FastCoによれば、IKEAのデザイナーであるChristina Levenborn(クリスティーナ・レベンボーン)氏は、ユタ州にあるMars Desert Research Station(火星砂漠研究ステーション)で、実際に生活してみたという。このステーションは砂漠の中にあり、現実の火星での生活と作業に近い体験が味わえるように設計されている。このようなタイプのシミュレーションに基づく研究プロジェクトは、常にいくつも同時に進行している。志願した人を、シミュレーション用の作業/生活環境の中に入れて、宇宙飛行士が実際に体験する準備を事前に整えようというもの。NASAは2024年までに、人類が月に恒久的に居住できる……

2020年“衣替え” デザイン最先端の街ロンドンでファッション留学に挑む beo ジミー・チュウも卒業 ロンドン芸術…

2019/12/03 15:00
学生作品などについても説明
講師は、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションの国際課のディレクターを務めるPaul Yuille氏です。同カレッジで提供するコースのほかに、学生作品の例や企業とのコラボレーションなどについて説明します。参加費は無料。アートやデザインなどの分野の留学への支援を一層推進する一環として、今回の説明会は日本人にも人気が根強いファッションにフォーカスし、UALへのファッション留学を実現させるために必要な情報をお伝えします。
ビジネス視点取り入れ、変わる環境に対応
世界のファッション市場はアジアやアフリカなどで活況を呈するなど、需要が高まっています。一方で、洋服やアクセサリーをインターネットで購入したり、洋服の廃棄量を減らすなどサステナビリティを重視したりする消費者が増え、ファッション市場を取り巻く環境が大きく変化しつつあります。そんな中、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションではデザインに加え、ビジネス的な視点を取り入れて、ファッションをマネージメントやマーケティングなどほかの分野と組み合わせて横断的に学べるコースも用意し、変わっている環境の変化に対応するための知識やノウハウを身につけられるようにしています。
ユニクロともコラボ、著名デザイナーを輩出
ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションは、セレブリティなどから……

「LV」に激怒し「ドリス」に感涙 海外メディアのパリコレ賛否両論

2019/12/03 15:00
 ジャーナリストとしての経験は浅いながらも、ここ数年さまざまな都市へ出向きファッションを体感してきた筆者にとって、今季のパリコレのサステナブルに対する姿勢は非常に共感できるものであった。正直、これまではサステナブルという名の下で正義の押し売りをされているような、窮屈さを感じることも少なくなかった。もちろん、地球環境に負担が少なく、動物に被害もなく、生産過程において発展途上国の人々に犠牲を強いない業界へと改善してほしいし、自分もそういう選択をしたいと思い、可能な限り行動に移している。しかしサステナブルであることは、あくまでブランドにとって過程であり、目的にすべきではない。最もサステナブルなのは、そのブランドが存在せずに物を生み出さないことなのだから。一着一着に重みがあり、意味があり、長く着ることでさらに深みを増していく——筆者にとってそんな衣服こそサステナブルであり、真のラグジュアリーだ。特に、純度の高い創造性と情熱によって紡がれたラクロワとの協業による「ドリス ヴァン ノッテン」の衣服とは、一生の付き合いになりそうだと早くも胸を躍らせている。時代とともに変遷するデザイナーが多い中で、純粋さと信念を変わらずに保ち続け、自分自身の中にある自由な魂を押し殺さずに解放できる、ドリスの仕事に対する姿勢を見習いたい。おそらく今季のコレクションが筆者のクローゼットに加わったら……

90年代を彷彿とさせる個性的なスタイルを着こなすバービーが新登場!大胆でエッジの効いたストリートファッションシリーズ…

2019/12/03 14:35
90年代を彷彿とさせる個性的なスタイルを着こなすバービーが新登場!大胆でエッジの効いたストリートファッションシリーズ「BMR1959」11月末より発売:時事ドットコム  時事通信

objcts.ioがファッションとデジタルの領域で活躍する市川渚とコラボレーション。ポータブルドローン『Mavic …

2019/12/03 14:15
【Mavic Air Bag】
https://objcts.io/products/mavic-air-bag
【Instagram】
https://www.instagram.com/objcts.io/
「Co-Prototyping」について
objcts.ioは、ある物事に対して高い経験値を持ったスペシャリストとコラボレーションを行い、製品を共創するプロジェクト「Co-Prototyping」を立ち上げました。コラボレーターに製品企画の段階から参加してもらうことで、コラボレーションだからこそ生み出せる製品を開発します。第1弾はクリエイティブ・コンサルタントとして活躍される市川渚氏にご協力いただき、撮影で愛用する『Mavic Air』に焦点を当てたポータブルドローン専用バッグを共同開発。製品企画、使用シーンに基づいたフィードバックを通じて、素材やシルエット、機能性をブラッシュアップしました。
「Mavic Air Bag」の特徴
Photo by Nagisa Ichikawa
スタイルに馴染むスクエアのシルエット
市川渚氏の洗練されたファッションスタイルを観察し、そのイメージに馴染むデザインとして製品のシルエットをスクエアに仕上げました。「Mavic Air Bag」を通じて、ドローンを美しくスタ……

戦闘機パイロットのように車の前から乗り込むランボルギーニの新しいコンセプトカー「ランボルギーニ・ランボV12ビジョ…

2019/12/03 14:04
ランボルギーニは、モナコのモンテカルロで開催された「FIA グランツーリスモチャンピオンシップ」 ワールドファイナルの舞台において、新しいコンセプトカー「ランボルギーニ・ランボ V12 ビジョン・グランツーリスモ」 を発表した。
ランボ V12 ビジョン GT は、「ドライビングの楽しさ」に重きを置いた先見的なコンセプトモデル で、2020 年春からプレイステーション 4 の代表的なレーシングゲーム「グランツーリスモ SPORT」に登場 予定。
アウトモビリ・ランボルギーニ Chairman and CEO ステファノ・ドメニカリ氏は次のようにコメントした。
「ランボルギーニはとても若いブランドだからこそ、レーシングゲームやスーパー・スポーツカーを愛する 若い世代に楽しんでいただける非常に未来的でクールなデザインを持った最新バーチャル版のモデルを 今日発表しました。」
ランボ V12 ビジョン GT は、サンタアガタ・ボロネーゼのチェントロスティーレがプロデュースした刺激的な デザインが際立つモデル。
シングルシーターで、ランボルギーニ・シアン FKP37 と同じパワートレイン の搭載を想定している。……

気鋭のアートディレクター・矢後直規 自身初となる大型個展が開催決定 矢後直規展「婆娑羅」開催 ファンタジックなイメー…

2019/12/03 14:00
 このたび、ラフォーレミュージアム原宿では2020年2月22日(土)~3月8日(日)の期間、アートディレクター・矢後直規(やごなおのり)の個展「婆娑羅(バサラ)」を開催いたします。
 矢後直規は、LAFORET GRAND BAZARやLAFORET PRIVATE PARTYなどラフォーレ原宿の広告を多数手がけるほか、Chara、RADWIMPS、THE YELLOW MONKEY、菅田将暉、矢野顕子など人気アーティストのCDジャケットやミュージックビデオ、MAN WITH A MISSIONのライブ演出、篠山紀信の写真集のブックデザインなどさまざまな方面で活躍する気鋭のアートディレクター/グラフィックデザイナーです。2020年に就航予定のJALグループのLCC「ZIPAIR」では、エアラインのコンセプト開発から、制服、シューズ、機体内装のディレクション、ロゴや機体外装やアメニティなどのグラフィックデザインまでを担当し、今までのアートディレクションの垣根を超えた活動も関心を集めています。本展は、世界の名だたる広告賞を複数受賞し、さまざまな業界からの注目を浴びる人気アートディレクターの自身初となる大型個展です。
 個展名ともなっている「婆娑羅」は“華美で過剰な風体や振る舞いを良いとする美意識”という概念で、今回の個展においては“色彩、形、素材などさま……

町田マルイ×玉川大学芸術学部 産業連携 冬の季節を演出するプロジェクト 芸術学部生たちが町田マルイのクリスマスディス…

2019/12/03 14:00
●町田マルイ×玉川大学芸術学部クリスマスディスプレイ概要
 『町田マルイが光り踊る。光のサーカス2019』
【日 時】
 小田急側:12月7日(土)~12月29日(日)  
 JR側:12月7日(土)~2020年1月10日(金)
【場 所】 町田マルイ 2階ペデストリアンデッキ・ウィンドウ
〈コンセプト〉
 デザインのコンセプトは光と動きです。小田急側のウインドウはサーカスの演出を彩る3台の大きなイルミネーションBOXが設置され、中央の1台の上をアクロバットのパフォーマー(シルエット)が上下に動きます。JR側は宇宙ブランコをイメージしたステンレスオブジェが中央に吊るされ、その背景をムービングライトや小型モニターのマルチ画面が空間を演出します。
 2つのウインドウに共通するテーマは「光」。年末で忙しい時期にウインドウ前を行き交う人たちに、しばし立ち止まって、「ほっと心遊ばせるようなひととき」をこの2つのウインドウに込めました(画像を参照)。
 ポスターは、立体的なウィンドウディスプレイに合わせ、空間を感じるような奥行きのあるポスターにしました。光がサーカスのように踊るというコンセプトのもと、ディスプレイ内のモチーフや丸で光を表現しています。また、青を基調とした色味は冬の季節を感じさせます(ポスター画像を参照くだ……

【12/13(金)開催】一夜だけ開かれるナイトミュージアムで、特別な夜を過ごしませんか?

2019/12/03 13:15
【12/13(金)開催】一夜だけ開かれるナイトミュージアムで、特別な夜を過ごしませんか?  時事通信

キキ&ララのファッショングッズが登場!ルミネエスト新宿「KiLaKiLa Xmas is coming to LUM…

2019/12/03 13:12
ルミネエスト新宿では、サンリオの人気キャラクター・リトルツインスターズのキキ&ララの「KiLaKiLa Xmas is coming to LUMINE EST(キラキラクリスマス)」を開催中!
12月25日までのコラボレーション期間中は、ルミネエスト館内外がキキ&ララの世界に染まり、各店舗ではキキ&ララグッズが販売されています☆
 
ルミネエスト新宿「KiLaKiLa Xmas is coming to LUMINE EST(キラキラクリスマス)」 
 
開催期間:2019年11月12日(火)~12月25日(水)
開催場所:ルミネエスト新宿(東京都新宿区新宿3丁目38番1号)
コラボレーション期間中は、ルミネエスト館内外がキキ&ララの世界に!
館内の通路フラッグやエレベーター、トイレまで、いたるところにキキ&ララの装飾が登場し、キラキラ輝くキキ&ララのクリスマスが体感できます☆
また、ピンクや水色のもこもこのフードをかぶったキキ&ララがデザインされたファッション小物が販売中です。
 
2F マジェスティックレゴン アラモード 
 
価格:5,900円+税
発売日:2019年11月28日(木)
 
 
マジェスティックレゴン アラモードのフードパーカー。
……

業界注目の大型新人モデルGABBYプロデュース!ファッションホリックのためのカラコン「CHILL BABY」が誕生

2019/12/03 12:25
業界注目の大型新人モデルGABBYプロデュース!ファッションホリックのためのカラコン「CHILL BABY」が誕生  時事通信

コーポレートブランディング視点で考える、社内外にファンを作る空間デザインとは

2019/12/03 12:04
「訴求力の高い施設を目指すには、施設のフィロソフィーをしっかり定めることが重要です」と洪氏。
「発信したい企業イメージや市場のニーズを洗い出し明確な目的を持たせることができれば、その後に構想すべき、ターゲットやベネフィット、具体的な表現方法はおのずと決まってくる」と説明した。
また空間デザインの最近の傾向として「情報から実感(リアリティ)が重要視されている」と主張。感覚の面からも心を動かす空間をつくり上げることが求められていると述べた。
第3部では、丹青社の洪氏、ニコンの豊田氏に加えて味の素AGF 広報部長の杉山統氏も参加し、パネルディスカッションを実施した。
味の素AGFは2015年10月に味の素の100%子会社となり、味の素AGFという企業の価値を見出すコーポレートブランディングが急務とされた。そこで掲げた企業スローガンは「いつでも、ふぅ。」。企業理念をもとに、徳之島での国産コーヒー栽培、「AGF『ブレンディ』器の絆プロジェクト」という復興支援を兼ねた工場見学など、接点を広げるコミュニケーションに力を入れている。
「新たにコーポレートブランディングに取り組むなかで、活動すべてにユーザーが共感できるかを意識しています」と杉山氏。
“ユーザー目線での見直し”は空間デザインにおいても重要だと洪氏も指摘している。「ユーザーが驚き、……