海峡両岸チャイナドレス文化祭 中国や台湾の愛好家…|生活のなかに溶け込むデザイン!キャンバス型スピーカー…|スペキュラティヴ なふたりは お金 をどう語ったか…

「海峡両岸チャイナドレス文化祭」、中国や台湾の愛好家500人が集合 福建・アモイ

2019/12/14 21:00
「チャイナドレスは年齢にこだわらない」「若い人はフレッシュで華麗な、一定の年齢の人はさらに趣のある装いで、チャイナドレスの高貴で優雅な姿を表現してほしい」。厦門市チャイナドレス文化協会の韓淑芹(Han Shuqin)会長は、さまざまな年齢層の人たちがそれぞれ自身に似合ったチャイナドレスを着てほしいと語った。
 台湾中華チャイナドレス文化推進協会の第8期理事長王月要(Wang Yueyao)さんもこれと全く同じ考えだ。中台両岸の業界関係者の努力で、チャイナドレスの文化が生活の中に溶け込み、家々にチャイナドレスが浸透することを期待している。
 今回のチャイナドレスデザイン大会の評定委員を務め、台湾から大陸に来て27年間婚礼衣装デザインの発展に努めた高級デザイナー蔡美月(Cai Meiyue)さんは「チャイナドレスのデザインは、伝統文化と民族的風格や特色を取り込むと同時に、実用性を重視しなければならない。それで初めて市場へのより良い展開ができる」と語る。
 伝統文化が重視されるに伴い、チャイナドレスは徐々に復興し、世界各地に普及し始めた。今回出席した著名なファッションデザイナー計文波(Ji Wenbo)さんは、現代のチャイナドレスはファッションの要素との融合と同時に、相応のスタンダードを定める必要があると述べた。
 厦門国際ファッションウィーク……

生活のなかに溶け込むデザイン!キャンバス型スピーカー「MUVAS」

2019/12/14 19:00
「それは、そこにあるのに、そこにない、環境に溶け込む“サウンド・インテリア”」。
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS(ミューバス)」を表現すると、こういう感じ。
サイズはA3よりやや大きいくらいで、壁にかけて、床において、棚などに……と設置場所やリスニング環境にとらわれず、音楽を楽しむことができる設計だ。
ルックスもアートフレームとして楽しめるデザインに。UVインクジェットプリントという特殊印刷技術で上質な木目をもつ本体と美しく織りなす28種類を用意。
電源を入れてお使いのスマートフォンやパソコンなどと接続するだけで、すぐに音楽が再生可能。木製のよさを活かし、表面の板全体が振動することで自然な暖かみのある音を空間に広げてくれる。
インテリアのひとつとして、生活のなかに溶け込むようにデザインされたMUVAS。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演出してくれるだろう。

「スペキュラティヴ」なふたりは「お金」をどう語ったか?:「WIRED Riverside Chat Vol.1」レポート

2019/12/14 18:30
「Riverside Chat」の名は、会場が渋谷川沿いにあることに由来する。
社会に先進的な問いを突きつけ、既存のルールを書き換えてきたのは、いつだってクリエイターや起業家だ。
しかし、彼/彼女らがそのアイデアを実装するためには、どうしても「お金」がいる。では、クリエイターが自分の思想を貫きながら、その価値観を社会に実装するためのお金を得るにはどうすればいいのだろうか? 
例えば、企業からお金を引き出しにくいプロジェクトをどう行なっていくか。「ロジックよりも、どれだけ繰り返しプロトタイプを出せるかが大事です」と語るのは、スペキュラティヴ・ファッションデザイナーの川崎和也だ。わたしたちを取り巻く社会やテクノロジー、環境がめまぐるしく変わるなか、そこにどう寄り添い、内在する問題を解決していくかを「衣服」を通して思索している。
川崎和也|KAZUYA KAWASAKI
1991年生まれ。スペキュラティヴ・ファッションデザイナー/デザインリサーチャー。Synflux主宰。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム修士課程修了(デザイン)、現在同後期博士課程。監修・編著に『SPECULATIONS:人間中心主義のデザインをこえて』(BNN新社、2019)。
必要なのは「アウトプットベースの合意形成」川崎の試みのひと……