富士ゼロックス デジタル印刷技術を駆使した国内外の印…|宇野亜喜良 永井博らが参加する蔵元とのコラボ展 TH…|クリエイター100人からの年賀状 展 vol.15|他

富士ゼロックス、デジタル印刷技術を駆使した国内外の印刷作品を評価する「PIXIアワード」開催

2020/01/20 11:49
1月20日
富士ゼロックス株式会社
デジタル印刷技術を駆使した国内外の印刷作品を評価する「PIXIアワード」開催
- 日本から2作品が「第1位」を獲得
富士ゼロックスアジアパシフィック*1(本社:シンガポール、社長&CEO友納 睦樹)は、富士ゼロックスのプロダクションプリンターをお使いのお客様が制作したデジタル印刷作品を評価するコンテスト「PIXI (Printing Innovation with Xerox Imaging)アワード」を開催し、2019年度受賞作品の43作品を発表。日本から2社2作品が各部門において「第1位」を受賞しました。
「PIXIアワード」は、アジア・パシフィック地域における富士ゼロックス製プロダクションプリンターのユーザーから応募作品を募るコンテストです。2008年から毎年開催されている同コンテストには、毎回デジタル印刷技術を結集した創造的で革新性に富んだ応募作品が多く集まります。審査は、印刷やグラフィックデザインなど各分野の識者で構成される第三者委員会によって行われ、作品の品質、デジタル印刷技術の活用、革新性、ビジネス有効性、全体的な美しさといった基準に基づいて受賞作品を決定します。応募作品はアジア・パシフィック地域で開催される印刷関連のイベントや展示会などで紹介されるため、応募者にとって自身の技術・発……

宇野亜喜良、永井博らが参加する蔵元とのコラボ展「THE ART LABEL SAKE プロジェクト」が2月4日まで開催中

2020/01/20 11:40
さまざまなジャンルのアーティスト13名と、創業300年を越える日本酒の蔵元「沢の鶴」がコラボレーションした展覧会「“THE ART LABEL SAKE プロジェクト” supported by sawanotsuru」が、伊勢丹新宿店メンズ館内のギャラリースペース「ART UP」で1月15日から2月4日まで開催されている。
宇野亜喜良、永井博、ヒロ杉山といったアーティストたちが参加する同展。会場では各アーティストがラベルデザインを手がけた日本酒ボトルが限定販売されるほか、そのデザインのアート作品が展示即売される。
沢の鶴は、創業1717年の神戸・灘の蔵元。近年では、ヤンマーとのコラボレーションで取り組んだ「酒米プロジェクト」により生まれた日本酒「Xシリーズ(X01、X02)」が、グッドデザイン賞を受賞している。
【参加アーティスト】
伊藤桂司、宇野亜喜良、永井博、根本敬、ヒロ杉山、溝渕珠能、三原康裕、師岡とおる、Brandon Breaux、Danté Carver、RUMINZ、Toyameg、NO COFFEE
※NO COFFEEはアートラベルボトルのみ参加
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku/shops/men/creators/shopnews_list/shopnews0……

「クリエイター100人からの年賀状」展 vol.15

2020/01/20 11:40
「クリエイター100人からの年賀状」展 vol.15 | デザイン・アートの展覧会 & イベント情報  ジャパンデザインネット

Kissマークに願いを込めて、恋を楽しもう ポップで遊びごころのあるリップ柄のバレンタインランジェリーが登場!ちょっ…

2020/01/20 11:25
Kissマークに願いを込めて、恋を楽しもう ポップで遊びごころのあるリップ柄のバレンタインランジェリーが登場!ちょっぴりセクシーなプレゼント&自分へのご褒美にも <2020年1月23日(木)新発売>:時事ドットコム  時事通信

上質なインテリア空間と快適な音環境を実現!やわらかな手触りとなめらかな風合いのスエード調人工皮革ウルトラスエード(R…

2020/01/20 10:57
東京ブラインド工業株式会社(本社:東京都港区白金、代表取締役社長:櫻井武志)は、室内の音環境を改善する
『吸音パネル フェルトーン® 壁貼タイプ』のバリエーション拡充として、2020年1月20日より、スエード調人工皮革ウルトラスエード®を使用した新たなタイプを発売します。
●お客様からの「高級感のある吸音製品が欲しい」というご要望に応え、誕生しました
2014年12月に発売された『吸音パネル フェルトーン® 壁貼タイプ』は吸音率が高く、簡単に取り付けられるパネルです。オフィス空間等の壁面に取り付けて、会議室や打合わせスペースの反響音を軽減し、会話の声が聞き取りやすく明瞭になる吸音パネルで、発売以来、多くのオフィス、病院、公共施設等でご利用いただいています。
また、近年高まる「スピーチプライバシー」のニーズにも応えております。
 新発売する ウルトラスエード®を使用した『吸音パネル フェルトーン® 壁貼タイプ 』は、応接室や役員会議室等の空間にマッチした高級感のあるデザインニーズに応えるため、風合いやカラーバリエーションが合致する東レ株式会社のウルトラスエード®を吸音パネルの生地に使用。従来通りの吸音機能を維持し、快適な音環境を作る『吸音パネル フェルトーン® 壁貼タイプ』の新たなバリエーションを展開します。
ウルトラスエード®……

新ブランド『THE CASSETTES(ザ カセッツ)』デビューのお知らせ

2020/01/20 10:42
ブランドロゴ
 『THE CASSETTES』は、”NO MUSIC NO FASHION”のコンセプトのもと、古いカセットテープやビデオテープから流れてくる様々な年代のミュージックシーンをイメージしたユニセックスブランドで、「音楽とファッションを愛している」、「古い映画が好き」。流行に敏感でありながらも、決して流されることのないスタイルを大切にしている、そのような方をイメージしたデザインとなっています。
当社2020年春夏展示会での様子
 デビューとなる2020年春夏は「グランジ・ビート」をテーマに、90年代を彷彿させるグランジファッションのテイストとロックミュージックを意識したデザインを取り揃えました。商品は全て日本製にこだわり、ハイクオリティで繊細な柄を実現。ジェンダーレスに履いていただけるサイズラインナップも特徴です。
 当社では、 『THE CASSETTES』 の展開により、さらに多くのお客様に向けてレッグウエアの楽しさを訴求することで、企業理念である「心とカラダに『福』を。」を実現してまいります。
<商品概要>■ブランド名 : THE CASSETTES(ザ カセッツ)
■商品展開と価格帯:メンズ:25~26cm 12柄 各2色展開 ¥1,500(税抜)
          レディース:23~24cm (……

日本初!ジャイアントフラワーをウェディングや開店開業のお祝いとしてレンタル装飾出来る「KOTO-HANAコトハナ」を…

2020/01/20 10:00
第16回[国際] フラワー&プランツ EXPO【春】にPETAL Designが初出展します展示会概要
第16回 国際 フラワー&プランツ EXPO【春】(通称:IFEX[アイフェックス【春】])
会期:2020年1月20日(月)~22日(水) 10:00~18:00(最終日のみ17:00)
場所:幕張メッセ
https://www.lifestyle-expo-spring.jp/ja-jp/about/ifex.html
※招待券は1人につき1枚必要です。
招待券をお持ちでない場合、入場料\5,000/人が必要となります。
↓より印刷して会場までお持ちください
第16回 [国際] フラワー&プランツ EXPO【春】」ご招待券PDF
https://00m.in/Y67kv
--------------------------------------------------------
アポイントご希望の方は
・御社名/部署/役職
・お名前/e-Mail/電話番号
・ご来場予定日時:1月 20日(月)・21日(火)・ 22日(水)
をご記入の上、下記メールアドレスまで送信ください。
flower-expo2020@koto-hana.tokyo
------……

押入れ産業の「レンタル収納スペースPiO(フランチャイズのビジネスモデル)」が「レンタル収納の運営ノウハウを応用させ…

2020/01/20 09:25
押入れ産業の「レンタル収納スペースPiO(フランチャイズのビジネスモデル)」が「レンタル収納の運営ノウハウを応用させた、展示空間の提案」で「テーマ賞」を受賞:時事ドットコム  時事通信

艶やかに♡レッドを取り入れてアートするマーブルネイルデザイン

2020/01/20 07:00
艶やかで、美しい色味のレッド。ただ、レッドは主張の強い色味でもあるため、これを爪全体にベタ塗りすると、かなり派手に思われてしまうことがあります。
そこでおすすめしたいのが、透明感のあるレッドでアートするマーブルネイルです。例えば、クリアベースのネイルに、トーンの異なるクリアレッドを2~3種類ほど使い、マーブルアートを施すデザインはいかがでしょうか。ベースをライトピンクやベージュでカラーリングしたり、マーブルアートにこれらの色を取り入れたり、といったデザインも素敵ですよね。

ロエベ 2020-21年秋冬メンズコレクション

2020/01/20 06:15
ロエベ(LOEWE)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、フランス・パリで発表された。
「驚きと緊張」が生む斬新なデザイン今シーズン、クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンが取り組むのは、動きと緊張という一つのキーワード。本来出会うはずのない要素を融合させてることで、初めてみるような新鮮さと意外性をメンズファッションに落とし込んでいく。
象徴的なのは、ウィメンズウェアかと見紛う”フェミニンなピース群”だ。ダブルブレストのジャケット上には、ドレープの美しいドレスのようなピースを。光沢グリーンのドレス風ピースは、実はエプロンのような形状で前面をデコレーションしている。
クルーネックニットには、首回り、裾、袖など随所にストーンをあしらった。まるでジュエリーを身につけたかのような華やかさをもっている。紳士の定番シャツはたっぷりのフェザーでデコレーション。いずれもボディと質感の異なる意外性のある装飾だ。
また、本来の形を裏切り緊張感を持たせたピースもある。ポケット付きのミリタリーパンツもスカートのように再構築され、ケープにはしっかりとアームを作りコートのようにアレンジしている。
意表を突くコーディネートコーディネートは、コントラストを楽しむように異なる要素をドッキングさせた。まるでワンピースのようにスリットを入れたロング……

「通勤時(私服)に便利な黒リュックをさがしています。」1月のファッションお悩み相談室〜VOL.6〜

2020/01/20 06:00
編集部おすぎの一言
個人的にもバッグのチョイスは、ほぼリュックのみ。好きなアイテムなので、いくつか使い分けているのですが、結局一番手に取るのはブラックなんですよね。毎日使うものなので、デザインも奇をてらったタイプより、シンプルなもののほうがいいのは間違いない。
あくまで、いちファッションブランドとして、アウトドアの機能面にアプローチする〈F/CE〉はまさにぴったり。ちなみに、僕もリュックのストラップは、短めにして背負いたい派です。リュックのストラップの長さ問題については、FACY編集部がやっているラジオのepisode3でわーわー言うとりますので、よろしければご一聴を。