エズミ 2020-21年秋冬コレクション|日向坂46・佐々木久美&加藤史帆 改名から1年 結果…|風景主導で管理を 熊本県造園連絡協議会の新春講演会…|他

エズミ 2020-21年秋冬コレクション

2020/02/15 17:30
エズミ(EZUMi)が、2020-21年秋冬コレクションを発表した。
建築やインテリアを着想源に今季のイメージソースとなったのは、デザイナー江角泰俊が心を奪われた建築やインテリアデザイン。この部屋だったら、どんな洋服が似合うだろう?このインテリアを洋服で表現したら…?そんな江角の頭に浮かんだアイディアが、美しい秋冬のワードローブとなって姿を現した。
異なるピースをドッキングラグやカーテン、ソファ…。何もない空間を、組み合わせや配置次第で“お気に入り”の一室へと様変わりさせるのが、インテリアの魅力だ。
そんな空間を彩る多彩なインテリアは、様々なピースをドッキングさせることで表現。中でもトレンチコート×テーラードジャケットを組み合わせたハイブリッドなアウターが、今季のアイディアを象徴した一着だろう。またそんなアウターのバックから顔を出すのは、チェック柄プリントの繊細なプリーツ。思いがけない流動的なシルエットと柄が、ピースの存在感をより一層強めている。
“ラグ”を連想させるニットウェアエズミの得意とするニットウェアにも一捻り。今季は“ラグ”を連想させるフリンジ付きのウールと融合させることで、より温もり溢れる表情へと導いた。またボトムスには、トップスで使用された同柄のストールをぐるりと重ねて。アシンメトリーなシルエットによって、ランダムなフリンジ……

日向坂46・佐々木久美&加藤史帆、改名から1年「結果はすべて跳ね返ってくる」

2020/02/15 17:00
 放送中の連続ドラマ『DASADA』(日本テレビ)で主演を務める日向坂46。グループでは一期生同士となるキャプテンの佐々木久美とメンバーの加藤史帆は、自他共に認める“仲良しコンビ”として知られる。加入当時は高校を卒業していたことから、学校を舞台にしたドラマでは「懐かしい気持ちを味わえました」と話した2人に、撮影当時や高校時代のエピソード、前身のけやき坂46から日向坂46への改名を経て1年の率直な思いを明かしてもらった。
【写真】日向坂46・佐々木久美&加藤史帆 かわいすぎる写真特集 ソロカットも多数(13枚)
■ドラマ撮影中は「グループ史上、一番忙しかった」
 日向坂46のメンバーが総出演する『DASADA』は、私立マロニエ女学院を舞台に描かれる青春ドラマ。かわいいと自称するも周囲からは“ダサい”呼ばわりされてしまう高校2年生の少女・佐田ゆりあ(小坂菜緒)と、ファッションデザインの才能を持つクラスメイトの篠原沙織(渡邉美穂)がふとしたきっかけからファッションブランド「DASADA」を立ち上げるエピソードを軸に、少女たちのさまざまな葛藤や、夢に奔走する姿を描いている。
――1月15日の放送開始以降、周囲からの反響はいかがでしょうか?
佐々木久美(以下、佐々木):ゆりあの親友・立花ゆりこを演じましたが、高校生役が上手くハマっていたみたい……

【風景主導で管理を】熊本県造園連絡協議会の新春講演会 造園業継続のための改革を訴える

2020/02/15 16:15
 熊本県造園連絡協議会(蓑茂壽太郎会長)は7日、熊本市のホテル熊本テルサで新春講演会を開いた。蓑茂会長が「造園家から見た造園業の課題」をテーマに講演し、風景主導の管理への転換や働き方改革の必要性を訴えた。
 蓑茂会長は、造園業は地域産業と強調し、「経営者と技術者がともに輝く共存共栄を目指す」ことが重要とした。そのために、最新技術と伝統技術の融合や技術者交流の場の構築、造園関連業の連携や共同事業体の組成など成熟社会に適した統合による地域貢献を訴えた。
 また、デザインを強く意識するかどうかが造園家と造園業の違いと述べ、「社会の変化に合わせて空間も再デザインする必要がある。植栽も育成管理から抑制管理へ、そして風景主導の管理に転換すべきだ」とデザインの要素を取り入れるよう求めた。さらに、造園業を継続させるために働き方改革が不可欠とし、生産性向上を主眼とした改革に向けて女性技術者や高齢者の活用を訴えた。キャリアアップシステムに取り組むことも重要とし、自治体にモデル事業の実施を働きかけることを促した。
 講演後、「新春くまもと造園人のつどい」も開かれ、蒲島郁夫熊本県知事ら来賓を含め100人以上が参加した。
 同協議会は日本造園修景協会熊本県支部、日本造園建設業協会熊本県支部、熊本県ランドスケープ協会、日本植木協会熊本県支部、熊本県造園建設業協会、熊……

DeNAが渋谷でデザインフェスティバルを開催

2020/02/15 14:01
DeNAが、渋谷を舞台にしたデザインフェスティバル「Tadaima! Design Scramble 2019(タダイマ デザインスクランブル)」を3月22日に開催する。
・コンセプトはあなたが主役同イベントは、昨年10月に予定されていたが台風で中止になったイベントを延期開催するもの。
「JOINT」「JOIN」「JOY」というテーマを掲げ、「参加者である、あなたが主役」というメッセージの通り、個人が参加して作品や活動を発表する機会を多く設けたイベントだという。
・渋谷のクリエイティブ企業が集結メイン会場は、渋谷駅直結・直上にオープンし話題の渋谷スクランブルスクエア内にある、SHIBUYA QWS(シブヤキューズ)。DeNAをはじめ、IT、デザイン、WEB制作、メディアアートなど多種多様な渋谷のクリエイティブ企業がオフィスを一斉に開放する。
最新のクリエイティブシーンを創るクリエイター、アートディレクター、プロデューサー、デザイナーらが登壇するトークカンファレンスや、クリエイターの作品を購入できるクリエイターズマーケットなどが予定されており、デザインに興味のある人や、デザインに関わり働く人たちとっては貴重な機会になるはず。また、国内だけでなく海外で活躍するクリエイターも参加する予定とのことでグローバルなイベントとしても期待できそうだ。……

イケアから音と照明をひとつにまとめた「テーブルランプWiFiスピーカー付き」が登場。心地よい空間を作ってくれそう

2020/02/15 13:39
スタイリッシュな北欧家具を販売していることでおなじみの「イケア(IKEA)」から、WiFiスピーカー「シンフォニスク(SYMFONISK)」が発売されました。
大きな特徴となるのが、「テーブルランプ」と「ブックシェルフ型」の2種類で展開しているところ。
しかもアメリカのスマートホームサウンドシステムブランド「ソノス(Sonos)」と共同開発しており、サウンドよし、デザイン性よし、機能性よしと3拍子そろったアイテムになっているんです!
【音と照明とがひとつに融合したテーブルランプ】「テーブルランプWiFiスピーカー付き」は、文字通りスピーカーがついたテーブルランプ。これひとつあるだけで、お部屋がこれまで以上に居心地よい空間になってくれそう。
また、音と照明をひとつにまとめることでデバイスやコードの数を減らせて家の中をスッキリ見せられるという利点もありますね。
【さまざまな使い方が楽しめるブックシェルフ型】もう1種類のブックシェルフ型WiFiスピーカーは縦長の形になっていて、本棚に立てて配置できるという優れもの。
横向きでも使えるし、別売りの専用アクセサリを使えば、壁に取り付けたりイケアのキッチンレールに掛けたりもできます。
いろんな場所に設置できるので、家中どこでも音楽が楽しめそう!
【極上のサウンドにも期待です】ま……