娘のきもち 子どもの可能性は親が一番信じないとい…|あれ?ラインナップから消えてる! シレッと姿を消して…|リウボウ×県立芸大 技とアートの展示販売会 開幕 紅…|他

【娘のきもち】「子どもの可能性は親が一番信じないといけない」両親から学んだ子育て論~その2~

2020/09/26 11:08
家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親に感じていた気持ちを探ります。(~その1~はコチラ)
今回お話を伺ったのは、知り合いと共に借りているマンションの一室でネイルの仕事をしながら、旦那さまと高校生の娘さんとの3人で暮らしている美輝さん(仮名・44歳)。兵庫県出身で、両親と3歳上に兄のいる4人家族。成績は中の上ながら勉強嫌いで、友人から影響受けて芸術大学を目指すも受験で失敗。浪人も就職もしたくない思いから専門学校に進学を決めますが、母親はその甘い考えに大反対。しかし家族会議で専門学校進学を再度訴えた美輝さんを父親は認めてくれたと言います。
「家のことを牛耳っているのは母親で、父親が何か意見を言うことはあまりなかったんですが、父親が意見を言った時には母親は一切反対することはありませんでした。専門学校への進学も父親が認めてくれた時点で母親も認めてくれたのと同じ。母親は父親のことを私たち子どもの前で悪く言うことは一度もなくて、それは両親が仲良しだからなんだろうなってずっと思っていたんです。自分が結婚するまでは」
挫折を隠すために親に嘘をついたこともあった専門学校ではファッションデザインの勉強をするも、ここにも自分の中途半端さがあったと美輝さんは振り返ります。
「在学中に先生からの紹介で、雑誌の撮影の手伝いをさせてもらった……

あれ?ラインナップから消えてる! シレッと姿を消していた日産車 3選(MOTA)

2020/09/26 06:20
あれ?ラインナップから消えてる! シレッと姿を消していた日産車 3選(MOTA)  Yahoo!ニュース

リウボウ×県立芸大「技とアートの展示販売会」開幕 紅型や陶芸など現代的に

2020/09/26 05:40
 リウボウインダストリーと県立芸術大学による「技とアートの展示販売会」が25日、那覇市久茂地のデパートリウボウ6階催事場で始まった。技術や伝統を継承しつつ現代の感性を織り交ぜた作品を見ようと、初日から多くの客が訪れた。工房や企業の県内外27団体で構成する「琉球びんがた普及伝承コンソーシアム」も紅型作品を出展している。28日まで。
 「陶芸」「染織」「織物」「漆」の4分野で、県立芸大の在学生と卒業生計33人による作品約千点を展示販売する。織物などの制作の様子を見られる実演コーナーも設けている。
 陶芸にアニメなどの要素を取り入れた作品を出展した県立芸大OBの戸村勇気さん(33)は「来店者から直接意見を聞ける機会は貴重でありがたい」と話した。
 琉球びんがた普及伝承コンソーシアムは、9月に立ち上げた新ブランド「najimu―なじむ―」のランチョンマットとバンブータンブラーを初めて販売した。小渡晋治事務局長は「紅型職人がデザインを提供し、監修している。これを通じて本物の紅型を知ってもらいたい」と話した。
 開催時間は午前10時~午後8時、最終日の28日は午後5時で終了する。

【この秋オススメのメンズウオッチを厳選】モデルチェンジで魅力が増した、“マディソン・ニューヨーク”に注目(ウオッチラ…

2020/09/26 05:21
【この秋オススメのメンズウオッチを厳選】モデルチェンジで魅力が増した、“マディソン・ニューヨーク”に注目(ウオッチライフニュース)  Yahoo!ニュース

金魚絵札 願いもアート 「美抄」の会場 来場者ら書き込み

2020/09/26 05:00
 金魚美抄では、十九人の作家による絵画やガラス工芸、切り絵など二百点を展示している。二十七日まで。入場料は大人九百円、中高生七百円、小学生五百円で、未就学児は無料。

「五感で楽しめる浜松」紹介 学生がサイト運営

2020/09/26 05:00
 学生は、若者が空き時間に利用したくなるサイトにしたと説明。視覚や味覚などのカテゴリーに分けて記事を制作し、新型コロナウイルスを念頭にテークアウト情報も充実させたと紹介した。会員制交流サイト(SNS)を使って人を引き寄せる工夫も加えた。

大阪・梅田の阪急三番街でアートアクリル板

2020/09/26 01:01
大阪・梅田の阪急三番街ではミュージシャンが描いたアートが施されたアクリル板が設置されている。梅田の阪急三番街のフードコート。アクリル板のイラストを描いたのは矢井田瞳さんや渋谷すばるさんら大阪出身のミュージシャンたち7組11人。新型コロナウイルスの影響で元気のなくなった大阪の食と文化を盛り上げようと企画した。デザインは31種類でアートを楽しみながら食事を味わうことができる。10月18日までの期間中は、河内蓮根やなにわポークなど大阪で作られた農産物や畜産物を使った限定メニューも提供される。