人間国宝・森口邦彦の展覧会が京都国立近代美術館で|今週のファッションチェック MEGUMI ゴシック…|最新ジープ・ラングラーの魅力に見る そのデザイン

人間国宝・森口邦彦の展覧会が京都国立近代美術館で

2020/09/26 22:55
展覧会「人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン─交差する自由へのまなざし」が、京都国立近代美術館にて、2020年10月13日(火)から12月6日(日)まで開催される。
友禅とデザインの交差森口邦彦 《友禅着物 白地位相割付文「実り」》 2013年 三越伊勢丹ホールディングス蔵友禅の技法で人間国宝に認定される森口邦彦は、パリで学んだグラフィック・デザインと幾何学文様を組み合わせることで、伝統工芸には留まらない「友禅」の可能性を切り拓いてきた。その創作活動は、着物にとどまらず三越のショッピングバッグといったデザインワークまで、多岐にわたっている。
創作活動の全貌森口邦彦 《友禅着物「千花」》 1969年森口のそうした創作は、伝統的な技と感性を起点としつつ、友禅・デザインを社会と交わらせる実践だといえる。展覧会「人間国宝 森口邦彦 友禅/デザイン─交差する自由へのまなざし」では、友禅とデザイン、伝統と現代、そして東洋と西洋などが交差する森口邦彦の創作活動を取り上げ、その全貌を紹介する。
着物など多彩な作品を展示森口邦彦 《友禅着物 緋稜文》 2000年会場では、《友禅着物 白地位相割付文「実り」》 を筆頭に、《友禅着物「千花」》といった初期作から《友禅着物 緋稜文》などに至るまで、森口が手掛けた友禅着物の数々を展示。着物のほかにも、《カップ・アンド・ソー……

<今週のファッションチェック>MEGUMI ゴシックムードのミニワンピで美脚見せ アシメデザインで個性的に(毎日キレイ)

2020/09/26 21:50
<今週のファッションチェック>MEGUMI ゴシックムードのミニワンピで美脚見せ アシメデザインで個性的に(毎日キレイ) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

最新ジープ・ラングラーの魅力に見る、そのデザイン

2020/09/26 18:33
ラングラーが誕生したのは1987年。YJ型として、角形ヘッドランプを採用するなど、乗用車を意識した造りとなっている。 現在のジープ・ラングラーは、CJからそのスタイルを受け継いだ4代目にあたる。初代がYJ (1987年)、2代目がTJ (1996年)、3代目がJK (2007年)、そして現行のJLは2018年からの登場となる。
ベーシックなジープスタイルである、エンジンルームとフロントフェンダーを分離したスタイルを継承。さらに伝統の縦型7分割のスロットを持つグリルを採用。ハイパワー化するエンジンに併せたタイヤの装備により、オーバーフェンダーを装備。しかし角形ヘッドランプが示すように、より乗用車に近づけたモデルとしたのがYJ。
……