美しすぎるクルマ・ベスト3(渡辺陽一郎) ノスタル…|エディション が開業 和洋の要素が融合した楽園のよ…|隈研吾設計で改修開店=話題のファーストショップ=生活…|他

【美しすぎるクルマ・ベスト3(渡辺陽一郎)】ノスタルジーでは片付けられない崇高なデザインの「シボレー・PTクルーザー」

2020/11/21 08:17
第2位:フォルクスワーゲン・ゴルフ(初代) 老朽化したビートルの生産中止、石油ショックの勃発など波乱の1974年に登場し、フォルクスワーゲンの苦境を救った初代ゴルフ。ジョルジェット・ジウジアーロの手によるデザイン・……

「エディション」が開業 和洋の要素が融合した楽園のようなロビーは必見

2020/11/21 08:00
 31階にある「ザ・ブルー・ルーム(THE BLUE ROOM)」では朝食、ランチ、ディナーを提供。名前の通り、鮮やかなブルーの家具が基調の空間で、ロビー同様植栽が置かれている。
 10人まで着席可能なプライベートダイニングルームもある。世界中のクラシックをベースにした多彩なメニューを提供する。同じフロアにはイギリスのミシュランスターシェフであるトム・エイキンズ(Tom Akens)が指揮を執る「ザ・ジェイド・ルーム+ガーデンテラス(THE JADE ROOM GARDEN TERRACE)」が21年にオープンする。広いテラス席は、25種類、200以上の植栽が配されてまるで空中庭園のようだ。レストランの食事のほか、カクテルなども楽しめるようになっている。
 ホテル1階には、来年オープンする「ゴールド・バー・アット・エディション(GOLD BAR AT EDITION)」がある。ゴールドを貴重にしたバーは開放的な他の空間とは一転し、1920年代のニューヨークのスピークイージーを想起させるデカダンでラグジュアリーな空間だ。バーとしてだけでなく、日中はラウンジとして営業し、ティーサービスや軽食メニューを提供する。
日本とのスピリチュアルなコネクション シュレーガーは会見を前に自ら詳細なプレスリリースを作成。オンライン会見では、日本が彼のキャリアに……

隈研吾設計で改修開店=話題のファーストショップ=生活空間そのものを提案

2020/11/21 06:45
こちらの記事もどうぞ2020年11月21日 《ブラジル》カルデラノが1千試合達成=国際卓球連盟の大会初日で  中国河南省で19~22日開催の国際卓球連盟主催のITTFファイナルズ初日に、リオ出身のウーゴ・カルデラノ(24)が国際戦1千試合を達成した。同大会には世界ランキング20位までの選手16人が参加している。 世界ランキング6位のウーゴは19日に同ランキング15位のリア […]2020年11月21日 《ブラジル》コロナ禍で公共交通機関を敬遠=自家用車が増えて渋滞増  モビリティーソリューション企業のMoovitが行った調査により、新型コロナウイルスのパンデミックが始まった事で、公共交通機関を敬遠する人が増えた事が明らかになった。 Moovitの調査は8月14~21日にサンパウロ、リオ、ブラジリア、ベロ・オリゾンテ、フォルテレー […]2020年11月21日 《ブラジル最南部》白人警備員が黒人男性撲殺=黒人の意識高揚の日前夜に  「黒人の意識高揚の日」を翌日に控えた19日夜、ブラジル最南部リオ・グランデ・ド・スル州ポルト・アレグレのスーパーマーケットで、40歳の黒人男性が白人警備員2人に撲殺される事件が起きた。20日付現地紙、サイトが報じている。 事件が起きたのはポルト・アレグレ市北部にあ […]2020年11月21日 東西南北  20日は「黒人の意識高揚の日」……

枯れ葉や枝で生き物 栗林さん作品展 富士見 – Nagano Nippo Web

2020/11/21 06:01
枯れ葉や枝などでさまざまな生き物の作品を作っている栗林孝之さん(67)=横浜市=の作品展「アース・ハート展」が、富士見町高原のミュージアムで開かれている。栗林さんは「自然と対話しながら生まれた作品を通して、地球環境や命の大切さを考えてもらえたらうれしい」と話している。12月6日まで。
栗林さんはグラフィックデザイン会社経営の傍ら2008年から、「枯れ葉アート作品」を作り始めた。開発によって地球の緑が失われつつある現状を虫に食われた葉で表現したポスターを制作したことがきっかけだったという。
愛犬との毎朝の散歩で立ち寄る公園で集めた落ち葉や植物の種などでさまざまな昆虫や動物、魚、鳥などの平面や立体作品を制作している。アース・ハート展では100点余りの作品を写真で紹介し実物約40点も展示している。
「Earth(地球)とHeart(心)は同じアルファベットが使われている。森と川、海はつながり、枯れ葉は落ちてからも自然の循環という大切な使命を果たしている」との思いから、作品展のタイトルをアース・ハート展とした。会場には創作手順が分かるチラシも用意。生物多様性を守るために自身ができることに、町の友好都市、東京都多摩市の公園に落ちていたドングリを使って投票してもらうコーナーもある。
午前10時~午後5時。月曜休館(祝日の場合は翌日)。入館料一般300……