渋谷×eスポーツ プロジェクト第1弾イベント 教育…|サルバム 2021年春夏コレクション|*禍の新作 マリンで陽気に デザイナー・島田順子…|他

「渋谷×eスポーツ」プロジェクト第1弾イベント、教育の側面を語る

2020/11/22 17:09
「eスポーツをプレイしている生徒は、動画の配信をしていることが多い。動画編集などをするうえで、アフターエフェクトなどアドビのソフトを使用してもらうと、より多くの人に伝えやすくなると思います」(原氏)
アドビ 教育市場部マーケティングマネージャー 原渓太氏
「高校生eスポーツ大会の課題」というテーマでは、オンライン上でのマナーについて語られました。eスポーツというとやはりゲームで競い合うことがメインですが、教育面ではそれ以上に人間性の構築やネットマナーの向上も重視しています。
高校eスポーツでは、勝負に負けたときも相手チームのプレイを称え、お礼やGG(グッドゲーム)などの声がけをすることを教えているそう。相手に敬意を持って対戦できるように人間性を構築することで、ネット社会でのマナーが自然と身につくようになります。
通信制高校でeスポーツ部が発足する前は、高校に通っていながら、高校の代表として活動することのない生徒がほとんどでした。しかし、高校の看板を背負ってeスポーツ大会に出場することで、高校への帰属意識も高まると言います。それは、通信制高校以外の高校でも同じことが言えるのではないでしょうか。
学校への帰属意識以外にも、部活動は生徒にとって居場所となりうるもの。その意味でも、eスポーツが高校生に与える影響は小さくないでしょう。1時間の……

サルバム 2021年春夏コレクション

2020/11/22 16:30
サルバム(sulvam)は、2021年春夏コレクションを発表した。今季のコレクションは、パリ・デジタルファッションウィーク期間中に、ムービー形式で発表された。
不安定な中でも揺らがない“自分”に何が起こるかわからない世界の中で、どんなことが意味を持つのかを決めるのは自分自身だ。何が起こっても歩き続けていかなければいけないのだから、好きな服を着て歩いていこう。
サルバムが発するメッセージは前向きだ。ファッションを楽しむこと、自分自身でその行く先や価値基準を決めていくこと。ファッションの持つ力を信じ、個々の存在や意志を肯定していくことで、不安定さの中にあっても揺らがないブレの無さを見せた。
“色”の意味やイメージは変えられる象徴的なのはブラックの使い方。最も“重い色”だと一般に認識されている黒を、あえて軽やかな表現でデザインに落とし込むことで、一義的ではない色の様々な意味合いを示唆した。立体感のあるパターンメイキングで仕立てたオーガンザのコートは、光を通す透け感とふわりと空気を含むフォルムが相まって、重さとは対極の、柔らかく軽快な雰囲気をまとっている。
また、白い糸と黒い糸を組み合わせて編み上げたオーバーサイズのニットは、編み目の織り成す凹凸がグラフィカル。身体のラインに沿って曲線を描くように、緩やかな落ち感を見せ、どこか有機的でフレキシブル……

コロナ禍の新作、マリンで陽気に デザイナー・島田順子に聞く

2020/11/22 13:34
――新作のイメージは?
コロナで世界中の人々が暗く、寂しい思いをしているから、とにかく陽気な感じに。太陽に向かう感じ。海や水平線が思い浮かび、エレガントなマリンルックを提案した。ショートパンツと可愛いブラとか、太いパンツのマリンスーツとか。素材は心地よいコットンや麻、クレープ、モヘアなどです。
――デザインもこれまでとは違いますか。
在宅時間が増えたので、ドレッシー過ぎない服。凝らなくても普通に着られる物としてアウトドアやスポーツウェアの要素も入れました。
――パリ・コレに参加しないのは珍しいですね。
今回は特別なシーズンだから、素敵な写真と映像を撮ろうと思った。パリ・コレを1回パスできる。一瞬、肩の力を抜けるとも感じました。
――コロナ禍で、服を着ることに対する人々の意識は変わったと思いますか。
パリの都市封鎖中、私は田舎の家に閉じこもって、自給自足のような生活をしていた。森を散歩したり、産みたての鶏の卵を食べたり。買い物も好きだったのに、やめてしまっていた。みんな今まで普通だと思ってきたことを見直しましたよね。着ることよりも、どのように生きるのかを考えることが大切になってきたと思う。
――1980年代、働く女性にボディコンブームを起こし、自身は今もかっこいい女性の象徴的な存在です。最近の女性たちに思うことは?……

ベレー帽イーブイにメロメロ。一番くじ景品が可愛すぎて散財不可避!

2020/11/22 12:00
ハズレなしのキャラクターくじ「一番くじ Pokemon EIEVUI&Colorful Art」が2020年11月21日から順次発売されます。
1回650円。書店、TSUTAYA、アニメイト、ホビーショップ、ゲームセンター、ポケモンセンターなどで展開されます。
ベレー帽とリボンをつけたイーブイ芸術の秋にちなんで、アートをテーマにした大人カラフルなイーブイグッズが当たる一番くじです。
ベレー帽とリボンをつけたイーブイのぬいぐるみから、実用的なブランケットや陶磁器製のプレートなどまで、可愛さ満点のアイテムが勢ぞろい!見ているだけで癒されますね~。
注目はC賞。イーブイの一番くじでは初となる、デスクトップミラーフィギュアです。イーブイたちがデザインされたキャンバスアートの裏面はミラーとなっています。取り外し可能なので、裏返して使っても◎。バケツ部分は小物入れとしても使えます。カラフルなデザインと高い実用性で、部屋のインテリアとして大活躍してくれそうです。
・A賞 お絵かきイーブイぬいぐるみ(全1種/約28cm)