リラックスと清潔感を両立! グレー が正解 40代 …|ジョニー・アイブのデザイン会社 LoveFrom よ…|ミズノが*で苦しむ学生らへ エールを届ける ウォ…|他

ジョニー・アイブのデザイン会社「LoveFrom」ようやく公式サイトを公開

2021/10/13 22:16
アップルの元デザイン最高責任者ジョニー・アイブ氏が設立したデザイン会社「LoveFrom」が、公式サイト「LoveFrom.com」を公開しました。これまで業務内容などがほぼ謎に包まれていましたが、ようやくビジュアルアイデンティティ(企業ブランドを視覚的に表現したデザイン全般)が明らかになった格好です。
このLoveFromには、アイブ氏をはじめグラフィックデザインの巨匠ピーター・サヴィル氏や、元アップルデザインチームのクリス・ウィルソン氏やアントニオ・カベドニ氏など、錚々たるメンバーが参加しています。
公開されたサイトは初代iMacやiPodを手がけたアイブ氏らしいミニマルなデザインで、画像やリンク、連絡先などは一切なく、簡潔なテキストのみで構成されています。以下、全文の翻訳です。
LoveFromはクリエイティブ集団です。私たちはデザイナー、建築家、ミュージシャン、フィルムメーカー、ライター、エンジニア、そしてアーティストです。私たちのことは、過去の作品でご存知かもしれません。私たちは創造と制作の伝統にこだわりがあります。狂信的に卓越性を追求。飽くことなき好奇心。私たちはリーダーや創業者と協力します。私たちは、喜びのためにプロジェクトに取り組みます。私たちは、独自のアイデアを開発します。Love & fury(愛と激しさ)です。
米M……

ミズノがコロナで苦しむ学生らへ「エールを届ける」ウォールアートを制作。テーマは“ENGINE=円陣”

2021/10/13 22:02
 デザインを担当した山本勇気氏は「今のリアルな高校生たち、関係者の方を描きたい思いまして地元の高校生の練習に参加させてもらいまして、そこでエンジンを組ませてもらったり、写真を撮らせてもらったり、そうしないと説得力のある絵にならないと思っていました」と制作の舞台裏を説明。
 OVER ALLsの赤澤岳人代表取締役社長は「アートにできることと、言いますと今回、ミズノフットボールさんが商品のPR、宣伝をしたいなどというより、もっと奥にある、想い、部活を頑張っている子どもたちの応援をしたいという想いをストレートに表現する場を、日本の会社さんでやられるところは、そんなにないと思っていて、その想いをアートで表現するところは、実はすごくウォールアート自体はインパクトがありますが、その動き自体もインパクトがあると思っています」と語った。
 実際の作業に参加した中村氏は「スプレーで描くのは濃淡が難しくて」と笑顔で振り返り、完成した作品に関して「素晴らしいです。サッカーも芸術性はあると感じていまして(アートとの)親和性はあると思います。ただ、このかけ合わせはあまり聞いたことがない。担当者の方から想いを聞いたときは実物はどうなるんだろうと思いはありましたが、コンテナまではイメージできましたが、そこにまつわる作品が描かれるということで。本当に凄いです。みんな行っていただき、……

売上8割減を打破! 人気ハンバーガー店『ICON』がコロナ禍で導き出した新たな経営戦略

2021/10/13 21:47
グルメバーガーは「アート」と「デザイン」を重視マカロニとチーズが溢れ出る「マッカンバーガー」に、美しくスライスされたりんごが顔を出す「りんごバーガー」。ハンバーガーマニアの元バンドマンが作る独創的なグルメバーガーが人気を博し、連日行列を作ってきた。
『ICON』は2017年に開業。オーナーの片寄さんは、飲食店経営のほかにデザイナー、バンドマン、カメラマン、ライターの顔も持つ。その異例の経歴は以前の記事でもお伝えした通りだが、経営者としても異端児だ。
飲食店の料理の原価率は一般的に30%前後が望ましいと言われる中で、『ICON』のハンバーガーは原価率40~50%。「クオリティは絶対に下げたくない。赤字になったら、その分デザインの仕事で稼げば良い」と妥協を許さない。しかし、ものづくりに対する好戦的な姿勢とは相反して、普段はどちらかと言えば控えめな性格。
のんびりとした口調で「経営戦略、ですか……。実はそこまで深くは考えたことがないんです。スタッフも増えてきたので経営者としてきちんと考えていかなきゃなとは思っています。こうやってお話することで、自分の考えを整理できそうです」と苦笑いする。好きなものを、思いつくままに、が彼の信条である。
「仕事以前に、自分のイメージや考え、感情を表現したいという思いが強いんです。“アート活動”に近いものがあるかと……

SNKRDUNK×COOK×atmos JAPAN TOUR FINAL Exhibition×JSF 6th an…

2021/10/13 21:46
SNKRDUNK×COOK×atmos JAPAN TOUR FINAL Exhibition×JSF 6th anniversary ArtDirection by PROPS management:時事ドットコム  時事通信

アメリカのポップアートを代表する『キース・へリング』商品が、プライズで初登場!:時事ドットコム

2021/10/13 21:17
アメリカのポップアートを代表する『キース・へリング』商品が、プライズで初登場!:時事ドットコム  時事通信

メルセデスマイバッハ、コンセプトEVを12月発表へ… Gクラス のレーサーに続くプロジェクト

2021/10/13 19:30
メルセデスベンツは10月11日、メルセデスマイバッハ(Mercedes-Maybach)ブランドのコンセプトEVを12月1日、初公開すると発表した。
このコンセプトEVは、「プロジェクト・マイバッハ」と命名された。メルセデスベンツのチーフデザインオフィサーのゴードン・ワグナー氏と、ファッションデザイナーのヴァージル・アブロー氏のコラボレーションによって、開発される1台となる。
ヴァージル・アブロー氏は、米国イリノイ州ロックフォード出身のファッションデザイナーだ。2018年には黒人として初めて、ルイ・ヴィトンのメンズウェアのクリエイティブディレクターに指名されている。
2020年の「プロジェクト・ゲレンデヴァーゲン」に続く1台ゴードン・ワグナー氏とヴァージル・アブロー氏は2020年、「プロジェクト・ゲレンデヴァーゲン」で初めて協力した間柄だ。プロジェクト・ゲレンデヴァーゲンは、メルセデスAMG『G63』をベースにしたワンオフモデル。現在のメルセデスベンツ『Gクラス』のルーツとして、1979年に発表された「ゲレンデヴァーゲン」に敬意を示しつつ、「これまでに見たことのないようなGクラス」を目指して、カスタマイズに取り組んだ。
プロジェクト・ゲレンデヴァーゲンは、これまでGクラスの公式カスタムとしては存在しなかったレーシングカーを提案した。メルセ……

実質ゼロウェイスト!? 未来のファッションを着てみました。【VOGUEエディターの #ChangeChallenge】

2021/10/13 19:18
しかし、実在しない服は、あくまでも見た目重視のもので、服そのものの代替え品にはなり得ない。そのことについてガラは「デジタルファッションの良い面は、全くもってゼロウェイストだということ。製作のプロセスもありませんし、アイテムの発送も無い。ファッションを楽しみたい消費者向けであって、実用する服の代用を目的としていません」と語る。ガラ本人は、中学生時代にファストファッションが与える環境的なダメージを問題視し、以来、購入を避けているそうだ。しかし、移り変わるトレンドを取り入れたいという願望は、ファッションラヴァーなら誰しもが抱くもの。そんなニーズを満たすべく、デジタルファッションという新たなソリューションを生み出した。
ブランドローンチ当初は、実在しない服に誰が金銭を払うのか、という質問ばかりが来たという。だが、コロナ禍という特殊な状況が高じて、人々はデジタルのみで存在するファッションに興味を示すようになった。「ステイホームという状況もありましたが、遅かれ早かれ、人々はデジタルファッションの価値に気づいたでしょう。最初は(トリビュートのことを)真剣に考える人は少なかったですが、今は多くのメゾンもデジタルファッションに参入しています」。彼女が言うように、外出が制限されたここ1年半の間に、いまでかつてないほどファッションの新しい消費の方法が模索された。ゲーム「あつまれ……

原宿の植物ショップ「ラフラム」阪急うめだ本店に限定出展、インテリアに人気の塊根・多肉植物が集結

2021/10/13 19:00
原宿の植物ショップ「ラフラム(RAFLUM)」が大阪上陸。2021年10月27日(水)から11月1日(月)まで開催される阪急うめだ本店での限定イベント「自然と遊び、自然と暮らす -グリーン ネイバーフッド ライフ(GREEN NEIGHBORHOOD LIFE)-」にて希少な植物や植木鉢を販売する。
人気の多肉植物が揃う「ラフラム」が大阪上陸歪な形やぽってりとしたフォルムが特徴的で、近年はインテリアとしても注目を浴びている多肉植物の一種“塊根植物(コーデックス)”。原宿に佇む予約制植物ショップ「ラフラム」は、“塊根植物”をメインに希少な多肉植物を多数取り扱っており、種類も豊富なことから、多くの植物愛好家に支持されている。
ユーフォルビアム ランジーナ 132,000円そんな知る人ぞ知る植物ショップ「ラフラム」が初めて大阪でのリアルイベントに出展し、“予約不要”で希少な塊根植物や人気の多肉植物を販売。さらに店内では、人気作家の植木鉢を取り扱う「ハチラボ(HACHILABO)」とのコラボレーションによるセット、「ラフラム」初となるオリジナルの植木鉢なども展開する。
「ハチラボ」とのコラボによるおすすめセットペラルゴニウム ミラビレ 22,000円~(1点の価格)「ハチラボ」が手掛ける植木鉢は、和洋室問わずどんなインテリアにもマッチする深みのあるデザ……