新型アウトランダーに託した次世代ラリーアートへの思い…|赤ちゃん寝相アートセット 子育て団体に寄贈 駿河総合…|おしゃれしながら防寒!きれいめ ダウン で真冬を乗り…|他

新型アウトランダーに託した次世代ラリーアートへの思い。デザイン担当者語る

2022/01/25 22:22
ボディカラーはマットブラックで、光が当たった部分にブルーのフレークがキラキラと輝いて見えると思います。マットブラックにしたのは、立体の塊感が表現しやすいからです。筋肉感を表現したかったので、強い塊がそこにドスッとあって、凄みをきかせているというようなイメージを作るときにマットブラックはふさわしいと思いました。
ちなみに、フレークの色をブルーにしたのは、まったく新しいラリーアートのアプローチとして、今まで培ってきた赤とは、意図的に違う方向に行きたいと考えたからです。高級感と迫力といったときに、ブルーのフレークはミステリアスな感じを表現できると思ったんです。赤は太陽の下で、視認性がよくて、かつスポーティであるということで、競技車両で使われることが多いと思いますが、(座標軸でいうと)それとは反対の象限にいるということをあえてやりたかったんですね。そのときに赤に対してブルーかなと。ただベタッとしたブルーにするのではなくて、黒のなかにさり気なく入れるということで隠し味として表現しました」
■グラデーションはデザインテーマ
「フロントグリルは、電動化というトレンドですと、フロントを冷やす必要がないので、クリアーのアウターレンズで覆っています。その中に、ハニカムで上に行くにしたがってグラデーションしていくデザインを入れることで、電動車のテクノロジー感と力強さ……

赤ちゃん寝相アートセット 子育て団体に寄贈 駿河総合高生、余り布で作成

2022/01/25 21:34
寝相アートのデザインについて末吉さん(中央)に説明する生徒たち=静岡市駿河区の駿河総合高  余り布を使った制作は2年目。寝ている赤ちゃんの周りを飾って撮影する寝相アートが子育て世代に人気があり、今年は末吉さんの依頼を受けて節分、イースター、生後半年のお祝い、七夕、海水浴の5種を用意した。赤ちゃんが触れても痛くないよう縫い目に気を配り、写真映えを意識して随所に綿を入れて立体感を出した。
 節分を担当したグループは、授業の課題で以前縫ったショートパンツの手法を生かし、赤ちゃんが履く鬼パンツも用意。榊悠那さんは「鬼は赤ちゃんが怖がらないよう、かわいらしい表情にした。余り布を生かせるのがうれしい」と話した。
 末吉さんは「デザインの良さに感動した。乳児期の成長は速く、季節に合わせて記録できて喜ばれるはず。大切に使いたい」と感謝した。

おしゃれしながら防寒!きれいめ『ダウン』で真冬を乗り切る【40代ファッション】(Marisol ONLINE)

2022/01/25 20:50
おしゃれしながら防寒!きれいめ『ダウン』で真冬を乗り切る【40代ファッション】(Marisol ONLINE) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

リップやノーズリングにスタッズetc.。超個性派アクセ、どう身に纏う?(VOGUE JAPAN)

2022/01/25 20:33
リップやノーズリングにスタッズetc.。超個性派アクセ、どう身に纏う?(VOGUE JAPAN) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ケイタマルヤマ×Night Tempo×野宮真貴、ファッションショーでのライブ映像公開

2022/01/25 19:00
野宮真貴がデビュー40周年プロジェクトとしてスタートした「World Tour Mix」の第1弾配信シングル「東京は夜の七時(feat. Night Tempo)」のライブパフォーマンス映像が初公開された。
KEITA MARUYAMAが手掛けた新しいエンターテインメントとしてのファッションショー<春はあけぼの、夏は夜、秋は夕暮れ、冬はつとめて・・・ ITʼS SHOW TIME>が、2021年12月16日(木)、東京・六本木EX THEATER ROPPONGIにて開催。このショーのエンディングを飾ったのが、1997年にケイタマルヤマがパリコレクションに初参加した際にもパフォーマンスとモデルとして参加した野宮真貴である。Night Tempoプロデュースによる「東京は夜の七時(feat. Night Tempo)」に合わせて歌唱し、会場を大いに沸かせた。なお、パリコレでの共演以来、約25年振りのケイタマルヤマのファッション・ショーでのコラボレーションであった。また、この時の赤いハートの衣装は、昨年8月に行われた<野宮真貴・還暦ライブ>でケイタマルヤマが特別に作ったもので、還暦の赤いちゃんちゃんこを赤いハートのミニスカートの衣装として大胆にデザインした。

グラフィティとストリートアートに特化した「TOTEMO」が、La Mano FriaをフィーチャーしたNFTオークシ…

2022/01/25 18:00
東京発のNFTオークションハウス「TOTEMO」が、音楽〜アート〜デザインと領域横断的に活躍するアメリカ人マルチアーティストLa Mano FriaをフィーチャーしたNFTオークション『FACES』を2月5日(土)に開催する。
TOTEMOはグラフィティとストリートアートに特化したNFTオークションハウス。世界中から才能あるアーティストをキュレーションし、TOTEMOの開催するオークションやマーケットプレイスでNFTとして販売する。グラフィティやストリートアートは、その性質上、匿名性が高く、かつ極めて一時的なものである場合が多く、TOTEMOではそれらをNFT化し流通させることで恒久的な価値を与え、新たな経済圏の確立とともにクリエイターの活動領域の拡大を目指しているという。
2月5日(土)にUltraSuperNew Galleryにおいて開催される『FACES』では、La Mano Fria初のNFTアート作品の展示からライブオークション、アーティスト本人によるライブペイントを予定。ライブオークションは会場とオンラインの両方で開催される。
また、ライブオークション翌週の2月12日(土)からは、西麻布のアートギャラリーGALLERY ETHERにて、同じくLa Mano Friaの個展『CARAS』が開催。こちらはNFT作品ではなくフィジカル作……