湘南で NFT のアートコンテスト開催へ 湘南の風景…|東京のカルチャーを発信するメディア BE AT T…|SDGs つくる責任・つかう責任 ファッションロス…|他

Contents

湘南で「NFT」のアートコンテスト開催へ 湘南の風景、文化を未来につなぐ(みんなの経済新聞ネットワーク)

2022/05/23 17:18
湘南で「NFT」のアートコンテスト開催へ 湘南の風景、文化を未来につなぐ(みんなの経済新聞ネットワーク) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

<東京のカルチャーを発信するメディア「BE AT TOKYO」主催>アートを通し、ヒップホップに迫る!「ART OF…

2022/05/23 16:55
近年、盛り上がりを見せるヒップホップシーン。これまで多くのヒップホップミュージックが国内でクローズされてきたものの、アートという視点からヒップホップを連想することは少ないのではないだろうか。
本イベントでは、新たな視点から、ヒップホップにまつわるアート表現を行うアーティスト全8名が一同に参加し合同展示を行う。ヒップホップへの愛とリスペクトを感じさせる作品を一堂に会するヒップホップ好きにはたまらないイベントとなっている。期間中は、アーティストによる展示・販売を中心に豪華DJをゲストに迎えたレセプションパーティー、グラフィティーライブペイント、ラジオ・PODCASTの公開収録など様々なコンテンツをご用意し、ヒップホップカルチャーを身近に体験できる。ぜひご期待ください。
<開催概要>
【イベント名】ART OF HIP HOP
【開 催 日】2022年6月4日(土)〜12日(日) 11:00~20:00
【会 場】BE AT STUDIO HARAJUKU (東京都渋谷区神宮前1-11-6rラフォーレ原宿6F)
【主 催】BE AT TOKYO
【協 力】J-WAVE、 渡辺志保のHIPHOP茶話会、アンハイザーブッシュインベブ社
【お問合せ】BE AT STUDIO HARAJUKU 03-4400-6716(11:……

SDGs「つくる責任・つかう責任」、ファッションロスゼロを目指して ブランディア×品川女子学院「#廃棄0プロジェクト…

2022/05/23 16:47
SDGs「つくる責任・つかう責任」、ファッションロスゼロを目指して ブランディア×品川女子学院「#廃棄0プロジェクト」を開始:時事ドットコム  時事通信ニュース

生後6カ月の息子にフェイクタトゥーを入れた母親が話題に 「史上最悪の行い」と非難殺到!(ELLEgirl)

2022/05/23 16:04
生後6カ月の息子にフェイクタトゥーを入れた母親が話題に 「史上最悪の行い」と非難殺到!(ELLEgirl) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

23名のプラスサイズモデル が圧巻のショー! GLAPOCHAがデザフェス に出演

2022/05/23 15:58
多様性に注目されている現在、ブームのように一時的に個性的に見えるモデルを起用しようとする日本において、本来多様性は当たり前であり、一時的な起用ではなくこれから継続的に文化としてもっとダイバーシティを日本全体で考えて取り組んでいかないと差別はなくならない。
プラスサイズとカテゴリ分けされて何らかの差別や傷つく言動に直面したことのあるモデル達自身が、このようにありのままの自分を表現する機会をGLAPOCHAは今後も創り続けていきたい。
<GLAPOCHA ショーステージ>
出演者:桃果愛、優花子、みくる、マリアナ、MOKA、クリス、はまゆっこ、片山絵里、杏名いずみ、RAI、ともみ、椎菜たむ、armi、JURI、澁谷莉菜、たっちん、坪見ちひろ、なつみ、水星ベッカ、MAI、まなみ、真理子、りっちゃん
出演ブランド:Drまあやデザイン研究所、Momo Amour、福助
■GLAPOCHA■
プラスサイズモデル・タレント事務所で総勢60名が所属
プラスサイズファッションショーを2017年から開催しております。
HP:https://glapocha.shopinfo.jp/
instagram:https://www.instagram.com/glapocha/
アメブロ:https://ameblo.jp/gl……

絵本出版から120周年。5月27日(金)より、郵便局限定販売『ピーターラビット(TM)』グッズが登場!:時事ドットコム

2022/05/23 15:47
絵本出版から120周年。5月27日(金)より、郵便局限定販売『ピーターラビット(TM)』グッズが登場!:時事ドットコム  時事通信ニュース

心地よい空間を創出する「unis(ユニス)」を発売

2022/05/23 15:09
第一弾としてポールライト3タイプ32形式を7月1日より発売します。
「unis」は、多彩な光を組み合わせ、調和された空間を創出することで心地よさを感じる屋外空間づくりに貢献します。
また照明器具は周囲の景観を損なわないシンプルなデザインを追求しています。
新たな機能としては、時間に応じて明るさを制御することで効率的なエネルギー使用を実現したり、季節ごとに光色を変化させながら空間に彩りを与え、人々の生活により添った光環境を創出します。
更に日常だけではなく、災害などにおける停電時にも必要最小限の光で照らし、安全・安心な街づくりに貢献するモデルもラインアップしました。
「unis」ポールライトの特長 風景に調和する「シンプルなデザイン」 人の営みや景観に応じて「変化する光」 材料の再生利用による「サステナブルなものづくり」
シンプルなデザインで街の景観に合わせて選べる3タイプ
Flare typeフレア タイプ
造形美と適度な輝きによる賑わい 灯具の造形を美しく見せつつ適度な輝きをもたせる光 視線中央に輝きを認識することで賑わいを創出 調光/調色機能により季節や時間帯で変化する光(= Human Centric Lighting)
Stick typeスティック タイプ
光だまりで明暗のリズムと空間認識 光……

6D 木住野彰悟がサイン計画を手がけた 埼玉県北本市の「my CLINIC」

2022/05/23 15:00
米ニューヨークで開催される広告賞「THE ONE SHOW 2022」において、グラフィックデザイナーの木住野彰悟(6D)が手がけた、埼玉県北本市の新しいクリニックのVI・サイン計画がシルバーを受賞した。
1973年にスタートした「THE ONE SHOW」は、1975年に設立された非営利団体「THE ONE CLUB」が毎年開催している広告賞で、卓越した広告、デザイン、デジタルマーケティングを称えるアワードである。世界中のクリエイティブにとってもっとも名誉ある賞のひとつである。
今回受賞した「my CLINIC」は、広々とした芝生とカフェがある、地域に根ざしたオープンな施設。地域の人の健康向上のために、病気ではなくても気軽に立ち寄れるというコンセプトのクリニックである。
木住野は、「インフォメーションデザインは人の代わりに訪れる人をアテンドするコンシェルジュのような存在なので、ここではオープンで開かれた印象になるようなサインを計画した」と語る。
たとえば、通常のサインだと大きな盤面に文字が書かれているが、こうした盤面が空間や景色を妨げ、なおかつ設置にかかるコストや手間がかかってしまう。そこで今回、木住野はそれに代わるサイン計画を提案。盤面を使わずに、1本のパイプを曲げてアイコンや数字を作製した。
地面から生えた1本のパイプが駐車場……

ドイツの「ブラックフォレスト~黒い森~」をテーマにしたPOP UP SHOP -Welcome to the Bla…

2022/05/23 13:17
ドイツの「ブラックフォレスト~黒い森~」をテーマにしたPOP UP SHOP -Welcome to the Black Forest-が期間限定オープン:時事ドットコム  時事通信ニュース

『公共空間マネジメント(滞留性向上)』に向け、“道路空間の広場化”社会実証を開催

2022/05/23 13:12
開催日時:2022年5月28日(土)11:00~17:00
2022年5月29日(日)10:00~16:00
「tvkかながわMIRAIストリート」会場内
※雨天時には実証内容を一部変更させていただく可能性があります場所:「日本大通り」内、車道部 芝生敷設エリア(横浜市中区)主管:横浜Park Line推進協議会(以下、会員企業・団体)
大成建設株式会社、パシフィックコンサルタンツ株式会社、株式会社JTB
株式会社みずほ銀行、キヤノン株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社
大和リース株式会社、学校法人関東学院、日本大通り活性化委員会※6・特別協賛: 株式会社AS Japan、株式会社タカショー、株式会社MPandC
ヨコハマSDGsデザインセンター※1横浜ParkLine推進協議会(YPL)
…公共インフラの老朽化、公共インフラ市場の民間開放などの社会的背景を踏まえ、将来の公共インフラのあり方、公共空間の新たな活用方策を調査・研究することを目的に設立された任意団体「これからの公共インフラのあり方に関する研究会」の分科会。横浜市都心臨海部における「水際(ウォーターフロント)」と「まちなか(関内・関外地区)」をつなぎ、回遊性・滞留性・快適性向上に資する「ウォーカブル(居心地が良く歩きたくなる)」な……

卯年の年賀状デザインを募集、豪華副賞も多数ご用意!ネット印刷のグラフィックが「2023年 年賀状デザイン公募」を開催。

2022/05/23 13:00
■受賞作品数は150点以上!
受賞作品数は150点以上を予定しており、当社が運営する年賀状サイトのデザインテンプレートとして採用させていただきます。未発表のオリジナル作品であれば、プロ・アマチュアを問わずお一人様3作品までご応募可能です。
年賀状デザインは以下3種類のテーマで募集します。
・ビジネス年賀状【今年のおすすめ!】
法人・ビジネスユースなお取引先やお客様へのご挨拶に適したフォーマルなデザイン、オーソドックスなデザインをお待ちしております。また今年は、優秀賞5作品のうち2点、入賞10作品のうち5点以上、佳作20作品のうち10点以上は、ビジネス年賀状より選出いたします。
<昨年の受賞作品>
・一般年賀状
個性溢れる年賀状をデザインしてください。卯年にちなんだものや、和柄、POPなデザイン、ビジネス用など、老若男女問わず喜ばれる作品をお待ちしております。
<昨年の受賞作品>
・フォトフレーム年賀状
お子様やご家族などの写真が1~3枚程度レイアウトできる、写真窓のあるファミリー向けの年賀状デザインを募集しています。
<昨年の受賞作品>
▼年賀状デザイン公募詳細ページ:グラフィック特別企画 第5回 2023年 年賀状デザイン公募
https://www.graphic.jp/new_y……

盛岡のデザイン事務所が2回目の展覧会 「ほどく」をテーマに、仕事を解説

2022/05/23 12:53
 同社による展覧会は昨年に引き続き今回が2回目。昨年は同社が手がけた仕事を一堂に集め、「目で見て分かる展示」とした。今年は「ほどく!」をテーマに、同社が手がけた仕事を企画立案から完成までの過程を解説と共に展示する。
 同展のキュレーションと編集を担当するギャラリー部の佐藤拓実さんは「テーマの『ほどく』を漢字にすると『解く』。私たちの仕事について解説するという意味もそうだが、デザインへの誤解を解く、クライアントが抱える問題や課題をデザインによって解決する、といった意味を込めている」と話す。
 今回は同社が手がけた10の案件を紹介。案件ごとに、仕事のジャンル、依頼の内容、デザインやプランニングの過程などを文章で解説するシートと、完成したものを並べて展示する。仕事のジャンルはロゴやパッケージ、チラシのデザインといった目で見て分かりやすいものから、プロジェクト全体を監督するディレクションなど多岐にわたる。
 一つの案件につき、会場を埋め尽くすほどの資料があるという。「どれも見せたいものばかり。苦渋の選択だった」と佐藤さん。完成したデザインだけではなく、制作途中で生まれるラフやモックアップも展示することで仕事の流れを見せる工夫をしている。このほか、同社に所属するクリエーターとその役割などを解説するシートも用意し、デザインの専門的な部分を分かりやすく伝える……

芝浦・浜松町にラグジュアリーホテル「フェアモント東京」25年開業

2022/05/23 12:48
野村不動産とアコーグループは、国家戦略特別区域計画の特定事業「芝浦プロジェクト」で、アコーのラグジュアリーホテル「フェアモント東京」を2025年度に開業する。フェアモントブランドのホテルは日本初進出。
ツインタワーを擁する複合開発である芝浦プロジェクトのS棟上層階に展開し、東京湾から東京都心のパノラマビューを見渡すことができる。施設はスイートを含む全219のゲストルーム、3つのレストランとバー、スパ、フィットネスセンター、プール、バンケット、カンファレンス、チャペルを備える。インテリアデザインは、ラグジュアリーホテルのデザインを多数手がける、オーストラリアのBAR Studioを起用する。