アバターと働く異世界空間プラットホーム ViKet …|篠原ともえ43歳“国際的デザイナー”となるまでの紆余…|サウジのデジタルアーティストが手がける有名キャラクタ…|他

アバターと働く異世界空間プラットホーム「ViKet Town(ビケットタウン)β版」新たな異世界とアバターパーツも夏…

2022/05/29 11:46
アバターと働く異世界空間プラットホーム「ViKet Town(ビケットタウン)β版」新たな異世界とアバターパーツも夏にぴったりな浴衣などの新デザインが追加!:時事ドットコム  時事通信ニュース

篠原ともえ43歳“国際的デザイナー”となるまでの紆余曲折。シノラーブーム、台湾事件、中村獅童との交際報道…(文春オン…

2022/05/29 11:12
篠原ともえ43歳“国際的デザイナー”となるまでの紆余曲折。シノラーブーム、台湾事件、中村獅童との交際報道…(文春オンライン) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

サウジのデジタルアーティストが手がける有名キャラクターとサウジの風景の合成イメージ

2022/05/29 11:05
好きな場所の一つはジェッダの歴史地区だが、どこに行っても想像力を膨らますことができるとグラフィックデザイナーは語るディーマ・A・クデイル
ジェッダ: 歴史都市ジェッダにディズニーのオーロラ姫がいたり、タイフの山間を抜ける有名なアル・シャファ道路の山陰に日本のアニメ「進撃の巨人」の巨人が潜んでいたり、古い路地に国際的に有名なセレブが現れたりすることを想像してみて欲しい。これらはハゼム・アル・アーダル氏の自由奔放な想像力の産物のごく一部だ。
この26歳の写真家兼グラフィックデザイナーはビジュアルアートと映画撮影の双方からインスピレーションを得て、世界的に有名なセレブやアニメキャラクターを風景写真と合成し、グラフィックデザインのスキルを駆使してリアルなアート作品を制作している。
歴史都市ジェッダ、ジェッダのウォーターフロント、マディーナやタイフ、ネオムやタブークなどの都市がアル・アーダル氏の作品に舞台になっているが、自然の風景や廃墟やどこにでもあるような路地なども最終的な作品に取り上げられている。
ロシアのアナスタシア伯爵夫人、タブークのオールドマーケットにて(左)。ダイアナ姫、歴史都市ジェッダのオープンマーカドにて。アル・アーダル氏は幼少の頃からビジュアルアートに興味があったという。
同氏は「この分野にパッションがあったので自分のアート……

レッサーパンダにカンガルーの親子 救急車に名市大生がデザイン

2022/05/29 11:00
 【愛知】芸術を学ぶ学生が車体にデザインを施した救急車が、走り出した。昨年、名古屋市立大学医学部付属病院になった市の東部医療センター(千種区)と西部医療センター(北区)が、名市大芸術工学部に依頼。立地する地域や得意な診療分野にちなんだ動物が描かれている。
 デザインを担ったのは鈴木賢一教授の研究室で「ヘルスケアアート」を学ぶ3人。鈴木教授によると、ヘルスケアアートは、無機質な空間になりがちな医療や福祉施設にアートを取り入れることで、ストレスを感じやすい患者や家族の心を和らげる試みだ。
 研究室は両センターに10年ほど前から協力。センター内の壁に動物や自然などの色彩豊かな絵を描き、病院職員とともに作った木のオブジェの設置もしてきた。救急車へのデザインは昨年、東部医療センターの松嶋麻子救命救急センター長が提案した。
 東部医療センターの救急車には、近くにある東山動植物園で人気のレッサーパンダが、センター内の各所に描かれているチョウのキャラクター「ふわりん」と戯れている様子を描いた。西部医療センターの救急車のデザインには、センターが子どもの医療に力を入れていることから、生後しばらく母の袋の中で育つカンガルーの親子を選んだ。
 担当した田副愛美花(たぞえあみか)さん(4年)は「愛着を持ってもらえるような動物を選んだ。救急車に乗る人、街を歩いている……

グウィネス・パルトロウの理想郷に潜入! 「家具狂い」を自認するライフスタイルエキスパートが、家づくりから学んだこと。

2022/05/29 10:10
そこでパルトロウは、家を一から建てるという夢を叶えるため行動を起こしたが、「それが、長く困難な道のりの第一章でした」と、家を建てる際に避けられない技術的な問題、予想外の遅れ、実存的なジレンマなどに触れ、皮肉を込めてそう語る。このプロジェクトに取り掛かるにあたり、パルトロウは旧知の仲であるロビン・スタンデファーとスティーヴン・アレッシュに声を掛けた。彼らが設立したローマン アンド ウィリアムスは、ニューヨークのトライベッカにある彼女のロフトやgoopの最初のポップアップショップ、ブレントウッド・カントリー・マーケット内にあるgoop初の旗艦店の設計を手掛け、AD100にも選ばれている。「スペック重視のニューヨークのアパートも、ロビンとスティーヴンの手にかかるとエレガントに変身するんです。2人が生み出した静寂を再現してほしかった。プロジェクト開始時、私の子どもたちはもっと小さかったし、私とブラッドはまだ結婚していませんでした。だから、未来の自分のために、構想を練っていったんです」とパルトロウは説明する。
家には、住む人の特徴や精神が反映されるべきである。

「観光ルネサンスの現場から~時代を先駆ける観光地づくり~(208)」創造農村と観光まちづくり (兵庫県丹波篠山市)

2022/05/29 09:38
2022年5月29日(日) 配信
丹波焼立杭登窯(最古の登窯) 丹波篠山と言えば、皆さんは何を連想されようか。まずは「デカンショ節」、「丹波焼」、それに栗や黒豆、「ぼたん鍋」といったところであろうか。
 丹波篠山は少しわかりにくい地域である。古くは旧丹波国として、京都への交通の要衝として栄えた。だから町並みや祭りなどに京文化の影響が色濃く残る。
 しかし、市内を縦貫するJR福知山線や舞鶴若狭自動車道が開通してからは、大阪や京阪神へのアクセスが劇的に改良され、大阪都心から1時間という通勤圏にもなった。だから県庁所在地の神戸市よりも大阪経済圏のイメージが強く、また、京都府の福知山や舞鶴など北近畿経済文化圏にも近い。
 その丹波篠山に年度末の3月、「創造農村」ワークショップなるシンポジウムにお招きいただいた。創造農村とは聞き慣れない言葉だが、「コミュニティが持つ豊かな創造活動により、文化と産業の創造性に富み、ローカルな地域社会とグローバルな環境問題などの課題に対して、創造的問題解決を行えるような地域」といった定義がなされている。
 その元になった「創造都市」は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が2004年に採用したプロジェクトである。文学・映画・音楽・工芸・デザイン・メディアアート・食文化の創造産業7分野から世界の特色ある都市を認定。……

「ポール・ハーデンはラディカルだ」──隠遁のファッションデザイナーを探して

2022/05/29 09:36
とうとう私は、公開された財務記録から苦労して手繰り寄せた住所を使い、ハーデンに手紙を書くことにした。こだわって選んだデックルエッジの分厚く白い紙に、いくつか聞きたいことがあるのです、としたためた。
ロンドンのショップ兼ギャラリー、ブルーマウンテンスクールでリテールディレクターを務めるリチャード・マイルスは、毎シーズン、ハーデンの新作が届けられる度に繰り広げられる「熱狂的な食いつき」について語った。ハーデンが今も変わらず時代に求められているというのが彼の印象だ。「ポールは英国の小さな製造業者を使う。伝統を守ろうとしています。大量生産はしない。コンベアーベルトに乗った、マーケティング戦略やトレンドを満たすだけの製品ではありません。彼はパイオニアです。ゆっくりと得られる報酬、スローファッション、パーソナルなアイテムといった考えが求められていることもあり、彼は支持され続けてきました」
定期的にさまざまな手織り職人や編み物作家とコラボレーションを行っているデザイナー、ジョン・アレキサンダー・スケルトンは、メインストリームに汚されまいとした先駆者たちを尊敬している。しかしハーデンとは違い、「隠者」や「完全な分離主義者」にはなりたくないという。コミュニケーションに意味がないとは思っていないからだ。「なぜ特定の製法が時間を要するのか、なぜ生地が大切なのか。できる限り……

渋谷区公認スーベニア事業が「文化・エンタテイメント」分野で活動する5団体への支援を決定!:時事ドットコム

2022/05/29 04:40
渋谷区公認スーベニア事業が「文化・エンタテイメント」分野で活動する5団体への支援を決定!:時事ドットコム  時事通信ニュース

【開幕レビュー】遊び心いっぱい、親子連れにぴったりの楽しい異空間――「空箱職人 はるきる展」 そごう美術館

2022/05/29 02:00
お菓子の空箱やカップ麺の空き容器などを利用したアート作品を制作している“空箱職人”はるきる氏。SNSなどでも人気の、その作品を集めた展覧会である。時にユーモラスで時にファンタスティック。約60点の展示は、夏休みにはまだちょっと早いけど、親子で鑑賞するにはぴったりだ。
はるきる 《アルフォートの空飛ぶ船》 使用した箱:アルフォートミニチョコレート(ブルボン)とにかく驚かされるのは、その技術の高さである。《アルフォートの空飛ぶ船》は「SNSに初めて挙げた作品」なのだそうだが、この時点ですでに独自の世界ができあがっているように見える。1997年、名古屋生まれのはるきる氏は、お祖父さんお祖母さんがスーパーマーケットを経営していたことから、子供のころから店にあったチラシや空き箱を使って、アニメや実写のヒーローの武器などを作って遊んでいたそうだ。少年時代から自分のイメージを実体化させてきた「工作」の延長線上にある、その作品の数々。まさに「好きこそものの上手なれ」だ。
はるきる 《ムーンライトの時計塔》 使用した箱:ムーンライト(森永)5月26日に開かれた内覧会では、はるきる氏本人によるギャラリートークも行われたのだが、制作する際に心がけているのは「素材に使う箱のイメージを大切にすること」だそうだ。パッケージのデザイン、そこに書かれている文字を作品の中に生かす。《……