カシオの Casiotone とポップアートのロメロ…|CRカップOP映像のNate クリエイティブスタジオ…|クリエイティブスタジオ nim 設立 CRカップOP…|他

カシオの「Casiotone」とポップアートのロメロ・ブリット氏がコラボ

2022/06/04 20:15
カシオ計算機の電子キーボード「Casiotone」と、世界的なポップアーティストのロメロ・ブリット氏によるコラボレーションモデルが登場する。カシオが手がける楽器としては初めてのコラボレーションモデルなり、2022年内の発売予定。
Casiotone×ロメロ・ブリット氏のコラボレーションモデル
ブラジル生まれのロメロ・ブリット氏は現代のポップアートシーンを代表するアーティストの一人で、ハッピーアートムーブメントの創設者。1989年には「Absolut Art」に選出され、2014年FIFAワールド・カップブラジル大会、2016年リオデジャネイロオリンピックのオフィシャルアーティストを務めた。鮮やかな色彩と大胆なパターンを特徴とする。
カシオのCasiotoneは、誰でも気軽に音楽を楽しんでほしいという理念から生まれた電子キーボード。ロメロ・ブリット氏が作品で表現する希望や幸せ、気軽にアートを日常に採り入れてほしいという思いが相通じるとして、今回のコラボレーションが実現した。

CRカップOP映像のNate、クリエイティブスタジオ「nim」発足

2022/06/04 20:00
“目に、耳に、心に新しいデザインを。”をテーマに掲げるクリエイティブスタジオ「nim」には、若きクリエイターが集結している。
ディレクター/CGデザイナー/モーションデザイナーのNateさんは、プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」のクリエイター部門唯一のメンバー。
前述した「CRカップ」のOP映像のほか、過去には『第69回NHK紅白歌合戦』の演出映像やLiSAさん・MY FIRST STORY・輝夜 月・aikoさんなどのライブ演出映像を制作している。
その他のメンバーも、Kaoru Miyazakiさんは『あんさんぶるスターズ!!』やにじさんじ・Neo-Porteなどのデザイン・アートディレクション、Samさんは音楽ユニット・DUSTCELLやバーチャルシンガー・花譜さんのMV制作協力、Takuan Paradiseさんは、Yamato(.S)の環境デザインを手がけている。
Mameyudoufuさんは音楽レーベル・MEGAREXに所属。音楽ゲーム『Dance Dance Revolution』に楽曲が収録されている。【nim コンセプト】
人はいつも見たことがないものを求めている。
nimは変化しつづける。不定形のピースを探して。
nim(ニム)はグラフィック、モーション、サウンドを総合的にデザインする……

クリエイティブスタジオ「nim」設立 CRカップOP担当のNateら、5名のクリエイターがメンバーに

2022/06/04 20:00
グラフィックデザイナー/アートディレクター
「あんさんぶるスターズ!!」「にじさんじ」「Neo-Porte」など多くのコンテンツのデザイン・アートディレクションを手掛ける。デザイナーとして活動する傍ら、専門学校で講師も務めている。
グラフィックデザイン領域を専門としているが、ウェブ、映像、UI、ブランディングなどのデザインが必要とされる場面に幅広く対応。「誰のためのデザインなのか」を常に意識している。
・Twitter:https://twitter.com/KmGraph
・公式サイト:https://kmgraph.net
●Sam
3DCGデザイナー
音楽ユニット・DUSTCELLやバーチャルシンガー・花譜におけるMVに制作協力。3DCGをメインに、映像およびグラフィックの制作を行っている。心象風景をそのまま取り出したような抽象表現が得意。課題解決的なアプローチが好き。制作でも制作の外でも様々なものに触れてみることを大切にしている。
・Twitter:https://twitter.com/sam0n0
・Tumbler:https://sam0n0.tumblr.com
●Takuan Paradise
3DCGデザイナー
独創的な世界を描くアーティスト・Yamato(.S)のMVに……

子ども服、どうしてる? 購入7割、おさがり派も 【子育てリサーチ みんなの声】子ども服、どうしてる?

2022/06/04 18:00
 とにかく親が着替えさせやすいものを選んでいます。デザインがかわいくても伸縮性がなかったり、乾きにくかったりすると子どもの着替えや洗濯に時間がかかるので!(日光市、30代女性)
 保育園に着ていく服をファストファッション店や子ども用品店で購入していましたが、他の子とかぶりやすいので購入しないようにしています。他のママさんや保育園の先生から子どもの服、靴のブランドをよく見られていることを知って、普通に買うと値段が張るものはフリマアプリやセールで少しサイズが大きいものを購入し、子どもに着せています。(佐野市、30代女性)
 一度気に入るとずっと同じ服を着たがる。組み合わせが奇抜。(宇都宮市、30代女性)
 たまに奮発して親好みの服を買っても、一度も着てもらえないままサイズアウトすることばかり。靴下は両足に4足はいているし、季節や天気お構いなしのコーディネートですが、機嫌良く保育園に行ってもらえるなら何でもOKです。(宇都宮市、30代女性)
 子どもの成長で 3回しか着られなった服があります。(佐野市、40代女性)
 子どもは女女男の3人ですが、やはり男の子って服が破れるんだなぁ…と。女子みたいにはお下がりできません。(宇都宮市、40代女性)
 息子お気に入りのズボンがありました。身長が伸びて丈が足りなくなったので、毛糸で編んで裾を……