ビジネスマンのためのダイエット夜食(54)…|ガリガリガリクソン衝撃の47キロ減量を語る…|彦摩呂が体重20キロ減 まだまだ頑張りまっ…|他 (4/9 ダイエットニュース)

ビジネスマンのためのダイエット夜食(54) 旬の味をボリュームたっぷりのサラダで! わさび菜のさっぱりヘルシーサラダ

2019/04/09 11:36
深夜帰宅後につい夜食を食べてしまいがちなビジネスパーソンにお勧めの連載「ビジネスマンのためのダイエット夜食」。今回は「わさび菜のさっぱりヘルシーサラダ」です。
→これまでのお話はこちら
30歳を過ぎたら中性脂肪に注意を多くのビジネスマンが悩まされる「健康診断」。自分の見たくない数値をまざまざと見せつけられて憂うつになってしまう人もいるかもしれません。しかしそれは目を背けてはいけない事実であり、健康に過ごすための大切な検診なのです!
ちなみに私は、社会人1年目にして極度の不健康体で、入社最速の再検診と生活改善指導を受けたことがあります。いま思えば、そのときから健康を意識するようになり、現在の健康的な生活や食生活につながっていると感じます。
そんな中でも30歳をすぎた頃から気になるのは、中性脂肪の数値です。若い頃のように脂っこい食事ばかりとっていては、みるみるうちに数値が悪化してしまいます。
中性脂肪を減少させる食事を集めたレシピ本では、「お肉もお酒も大丈夫!」というような書かれ方も多いですが、脂っこいものやアルコールはやはりなるべく控えたいところです。
もちろん、工夫をすれば大丈夫なものもありますが、私のような意志薄弱な男は「肉も酒も大丈夫!? じゃあ焼き肉行こうぜ、焼き肉!」と、自分の都合のいいように勝手に解釈してしまいます(……

ガリガリガリクソン衝撃の47キロ減量を語る 「芸名変更も考えないと」

2019/04/09 11:30
 約5カ月で122キロから75キロまで47キロ減量し、激やせぶりが話題になっているガリガリガリクソン。
【写真】衝撃!画像加工と見間違える姿に変身したガリガリガリクソン
 ここ数年、お笑い芸人のガリクソンと定期的にトークイベントを開催し、公私ともに深い付き合いをしてきたため、去年からダイエットに取り組んでいることは聞いていた。
 直近で本人と会ったのは今年2月下旬。まさに、そのトークイベントの場で話をしたのだが、その時点で95キロぐらいまで落ちていた。フォルムも完全に変わっていたが、そこから1カ月ちょっとでさらに約20キロも減らしたというのだから、並大抵のことではない。周囲の反響も大きく、個人的にも心底驚いたので、今月6日、実際に会って話を聞いてみた。
「やせようと思ったきっかけは、元号が変わることでした。平成も終わる。新しい元号になる。時代が変わる中で、新しい元号に余分なものは持っていきたくない。新たなスタートを切るならば、今だと。ただただ、そんな思いからダイエットを考えたんです」
 そして、ダイエットをするにあたり、大きな要因となったのが“時間”だった。2017年5月に酒気帯び運転をし、道路交通法違反で逮捕された。1年1カ月にわたる謹慎期間を経て、昨年6月に仕事復帰。当然の報いといえばそれまでだが、仕事量は激減した。
「復……

彦摩呂が体重20キロ減「まだまだ頑張りまっせ〜」 (2019年4月9日)

2019/04/09 10:23
タレントの彦摩呂(52歳)が4月8日、公式ブログを更新し、継続してダイエットをしている現在の段階で、体重が20キロ減少したことを報告している。
彦摩呂はこの日、ダイエットをサポートしている渋谷DSクリニックの前で撮った写真などを添えて、「おなか周りが、凄いやろ~~!」と、ダイエット前に比べるとかなりスリムになっていることを明かし、「もう、20キロ落としたけど まだまだ頑張りまっせ~~」とさらなる減量に意欲。
そして「リバウンドしない 健康的な、ダイエットしています これからの、彦摩呂を見守って下さいませ!」と力強く決意を示している。
彦摩呂は4月8日に放送された「名医のTHE太鼓判!春の芸能人余命宣告3時間SP」(TBS系)に出演。医師団から「余命3年」と宣告され、番組の企画でダイエットを開始した。
元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20190453987.html

西野未姫、AKB時代に19キロ激太り「ホック弾けてパンツ丸出しに」

2019/04/09 09:03
研究生時代から次世代センター候補とされていた西野だが、しくじりが原因でトップアイドル候補から大転落することに。
まず、「握手会がゲロを履くほど大嫌いだった」と打ち明け、ずっと目を閉じながら握手をする“寝ながら握手”をしていたと告白。当時の様子を実演すると、共演者から大ブーイングが。そんなクズ対応を続けた結果、握手会で西野に並ぶファンの数が最大2500人から0人になったという。
ファンが激減し、アイドルが中途半端な気持ちでやると大けがするお笑い担当に手を出してしまい、体を張って笑いをとればとるほどファンが減る事態に。「アイドルのファンの方は鼻フックを求めていない」と話した。
また、メンバーの過激な暴露トークで笑いをとろうと、メンバーの暴露ネタを探して生活するようになり、「いつの間にか、クズ対応でヨゴレキャラの性格ブスに成り下がってしまった」と西野。
そして、居場所を求めてお笑い担当のブスメンバーとつるむようになり、お笑い担当は自分に甘いメンバーばかりで、その結果、激太りしてしまったという。デビュー当時37キロだった体重が56キロに。19キロ激太りにより、「衣装がキツくなり強引にはくと股の部分が避ける」「ファンの前でスカートのホックが弾け飛ぶ」という弊害も発生したという。
プライド的にホックを広げるのが嫌で無理やり衣装をはいていたという……