風邪予防からダイエットまで!意外な はちみつ 4つの…|全国一斉ダイエット大会アプリ FITFES sea…|ブームの小鍋が 電子レンジでラクに作れる! 鍋の日…|他

風邪予防からダイエットまで!意外な「はちみつ」4つの活用法

2019/11/06 21:45
テレビを見ていると風邪薬のCMが増えたと思いませんか?
マフラーをして咳き込んでいる人や、おでこに手を当てて「熱っぽいわ〜」なんて人を見るとあぁ冬が近づいてきたんだなと思うのは私だけではないはず!(笑)
元気にこの季節を乗り切りたい! と思っている人は、風邪を引く前に「はちみつ」生活を始めてみませんか? 自宅の戸棚の隅の方に眠っているはちみつを使うなら今なのです!!
今回は、「買ったはいいものの余っちゃってて」とか「パンに塗る以外で使う場面がなくて」という方にオススメな、意外なはちみつ活用法を『毎日がしあわせになるはちみつ生活』(木村幸子・著/主婦の友社)から紹介します。
「はちみつ水」うがいで、風邪予防はちみつには、栄養成分が300種類近くあると言われており、スプーン一杯だけでも栄養効果は抜群! そのため、この時期の風邪予防にもぴったりなのです。そのまま喉に届くように飲み込んでもいいのですが、喉の調子が悪いなーという人には「はちみつ水」うがいが効果的なんだとか。
とくに咳がひどいときにはそばやアカシア、ユーカリのはちみつを、喉の痛みには抗菌力の強いマヌカハニーや甘露蜜を。コップ1杯の水にスプーン1杯のはちみつをとかした「はちみつ水」でうがいするのも、風邪予防に効果的。
(『毎日がしあわせになるはちみつ生活』より引用)
……

全国一斉ダイエット大会アプリ【FITFES】「season5」を開催

2019/11/06 20:24
〜1日の流れ〜(例)
朝:体重、体脂肪率を測ってもらい、朝食の写真を撮ります。
昼:昼食の写真を撮ります。
夜:夕食の写真を撮り、トレーニング内容を選択して実施します。
体重、撮った写真、トレーニング内容をレポートで提出。
レポート提出で大会ポイントを付与。
その他に週に各1回ずつEXAMとQUIZを実施します。
「EXAM」とは週に1度実施していただくトレーニングのテストです。
時間制限内に何回出題された課題を出来るか、を競います。
EXAM提出で大会ポイントを付与します。
上位者は大会ポイントを更に獲得できます。
正しいフォームで行わないと回数は半回カウントさせていただきますので、
スピードと正確性が大事になります。
​season5より「QUIZ」を導入しました。
週に1回、アプリ内で配信される記事から二択十問出題します。
正解で大会ポイントも付与されるので、記事もしっかり目を通していただいて
ダイエット、ボディメイクの知識もつけましょう。

ブームの小鍋が、電子レンジでラクに作れる! 「鍋の日」に「レンチン小鍋」付録つきムック新発売

2019/11/06 18:15
ブームの小鍋が、電子レンジでラクに作れる! 「鍋の日」に「レンチン小鍋」付録つきムック新発売  時事通信

ゆきぽよ、運動嫌いでも痩せた“あるダイエット方法”を明かす「O型だから…」

2019/11/06 17:40
番組中、ダイエットの話題になるとゆきぽよは「高校生の時めちゃくちゃぽっちゃりしてて」と切り出し「運動がすごく嫌いなの。体を動かすのが嫌いで体育のせいで留年しちゃったぐらい嫌い」と話すと、スタジオは驚きに包まれた。
ゆきぽよは「それですごい調べつくしたのが血液型ダイエット」と発言。「どういうこと?」と質問されると、血液型によって消化しやすい食材があると説明し、「(自身は)O型だからほうれん草がすごい消化しやすいって言われたから」「ほうれん草と赤身肉とこんにゃくばっかり食べてそれだけで痩せました」と自身が試した血液型ダイエット法について明かした。
それに対し出演者から「それ何調べよ?」とツッコまれるとゆきぽよは「グーグル」と答えスタジオの笑いを誘った。

滝沢カレンが完璧な料理に名言の五月雨撃ちのような文章を添えてSNSに投稿しファン魅了 「腹筋崩壊」「改行するたびに面…

2019/11/06 17:30
 投稿した料理は和食で、雑穀米に鯖のみそ煮、みそ汁、なすの甘いんだか辛いんだか判断できないような炒め(本人談)や白滝でチャプチェと思わすおかず(本人談)と、きのこのすっぱくて目が覚めるとっておきのおかず(本人談)となっています。後半の3つ何?
 これらの料理は、「突如ジムの先生からお味噌汁は体にいいんだから、と言われたことを丸呑みして味噌汁目当てのご飯作りました」という理由で作ったとのこと。メニューも理由も微妙に謎めいていますが、見た目は完璧としか言いようのない和食となっています。栄養バランスも抜群。
 投稿文にはレシピも書かれているのですが、「水気を何かで吸ってあげてください。(キッチンペーパー濃厚)」「驚く程フライパンの中が変わっていたら、鯖をいれます」「お酒一口飲むくらいの量をいれます。(飲まないでください)」「ちょっとした泡風呂を想像させる時です」など、一文ごとに語彙(ごい)力の変速攻撃が襲い掛かります。とはいえ、ちゃんと理解できる文章になっているため、同じレシピで作ろうと思えば作れるはず。
 また、読者から人気だったのが、文章に添えられたハッシュタグ。「#食べないダイエットは」「#あまりに身体がかわいそうだと知る」「#自分の身体は自分で作ってみるんだ」など、無理なダイエットに警鐘を鳴らすような言葉が並んでおり、「ハッシュタグにめちゃく……

会社の問題解決、ダイエットにたとえて解説 データ活用した「ビジョンアプローチ」を推奨

2019/11/06 17:00
成長企業は将来からの「上から目線」「問題発見から解決に至るスタイル」の一つが「ビジョンアプローチ」。理想とする将来像を描き、その実現に向けて経営者、従業員が主体的、積極的に推進していく。 昭和時代の前半から現代まで、成長を続け、また、成長を始めた企業をみると、未来について熱く語る経営者が数多い。ソニー創業者の一人である盛田昭夫は、町工場の時代から世界的企業になる夢を周囲に語っていたという。
現代では、ソフトバンクの「新30年ビジョン」、パナソニックの「環境ビジョン2050」などが知られれる。ソフトバンクは同ビジョンのなかで300年後にまで言及し「テレパシー通信カンパニーになっているかもしれない」とも。パナソニックは「環境ビジョン」とは別に、100周年を迎えた2018年、次の100年で家電メーカーから「暮らしアップデート業」になると宣言した。
「問題発見から解決に至るスタイル」にはもう一つあり、それは「ギャップアプローチ」。しかし、本書はこれについては否定的。なぜか。こちらは、定量的な目標を設定し、従業員らをプレッシャーによって駆り立てるやり方。過去の実績をベースに将来の計画を立て、「過去5年間の平均成長率3%」を根拠に「次の5年間も3%成長の計画で」という流れが繰り返されるという。外部環境が考慮され、数字は過去の成長率に「プラス・マイナス・アルファ」……

自ら減量実験を25回? 書籍『根性なしでも10kgヤセたい!!』が発売

2019/11/06 16:57
ワニブックスは11月20日、『根性なしでも10kgヤセたい!!』(税込1,540円)を発売する。本書では、女性専門パーソナルトレーナー・石本哲郎氏が、「最低限のストレスで、自分史上最高のダイエット」する方法を解説する。
『根性なしでも10kgヤセたい!!』
著者の石本氏は、東京、横浜で、女性専門パーソナルジムやフィットネスショップを運営。のべ1万人以上の女性の体づくりを指導し、女性のダイエットに関わる医学、栄養学、時間栄養学、サプリメント、トレーニングメソッドを研究し、さらに、女性がどんなときにダイエットに挫折するのかを知るために、自ら意図的に太ってやせる「減量」の実験を25回行ってきたという。
内容は、「短期集中のほうがダイエットは成功する」「3カ月で10kgヤセたい!! を叶える具体的な方法」「3カ月で10kgヤセたい!! を成功に導く食事術」「3カ月で10kgヤセたい!! を叶える、冷蔵庫を作れ!」「週2回15分! 最も効率のいいトレーニング術」。

糖質制限ダイエット 心筋梗塞と脳卒中の発病率高まるデータ

2019/11/06 16:00
 根強い支持を集める「糖質制限ダイエット」は、炭水化物の摂取を減らすため、短期的には血糖値のコントロールや減量がしやすいとされるが、近年の研究では、長期間続けるリスクがより大きいと判明している。
 米ハーバード大学が約1万5000人を対象に25年間追跡調査すると、食事に占める炭水化物の割合が3割以下の人は、最も死亡率が高いという結果が出た。
 また、国立国際医療研究センターが2013年に発表した、海外の糖質制限食に関する長期研究の解析結果では、摂取カロリーに占める糖質の割合が低い「低糖質群」は、「高糖質群」に比べて総死亡率が1.31倍になったという。新潟大学医学部名誉教授の岡田正彦医師が指摘する。
「糖質制限によるカロリー不足を補うために、たんぱく質を多く摂取することが最も危険です。
 2012年に米国、ギリシャ、スウェーデンなどの研究チームが行なった、4万人超対象の15年間の追跡調査では、『炭水化物を20グラム減らしたうえでたんぱく質を増やす場合、たんぱく質が5グラム増えるごとに心筋梗塞と脳卒中を合わせた発病率が5%ずつ高まる』という結果が出ました」
※週刊ポスト2019年11月8・15日号