武田真治が ドクターX で披露したサンバダンスはダイエットにも効果あり?|今年体重が減らなかった人に捧げる ダイエットの敗因 5つ

武田真治が「ドクターX」で披露したサンバダンスはダイエットにも効果あり?

2019/12/04 10:18
 今や、現代の「水戸黄門」とも呼ばれるドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)。現在放送されているシーズン6も、初回平均視聴率20.3%と好発進。その後も高い視聴率を保ち、人気は不動のものとなっている。
「今回の第6シーズンでは、市村正親、ユースケ・サンタマリア、オリエンタルラジオ・藤森慎吾など多彩なゲストが見どころ。中でも、市村演じる投資・事業再生のプロフェッショナル・ニコラス丹下(市村)、そして使用人で東帝大学病院の新事務長・鮫島を演じる武田真治のレギュラー入りは大きな話題になりました」(テレビ誌ライター)
 武田といえば、昨年「みんなで筋肉体操」(NHK)でブレイク。今年7月期のドラマ「凪のお暇」(TBS系)で演じたスナック「バブル」のママ・中禅寺森蔵のお姉キャラも注目を集めた。そんな彼が、11月28日に放送された第7話で、キレキレのダンスを披露して話題になっている。
「第7話では世界的銀行家のセブン・ゴールドバーグが東帝大学病院を訪れ、米倉涼子演じる主人公・ 大門未知子から胃がんの手術を受け、一命を取り留めます。手術が成功したことで、ニコラス丹下が目指すメディカル・リゾート計画に5億ドルの融資を受けることにも成功。喜びのあまり鮫島とサンバを踊るシーンが終盤に登場します」(前出・テレビ誌ライター)
「久々にあれが……

今年体重が減らなかった人に捧げる「ダイエットの敗因」5つ

2019/12/04 05:30
運動をたくさんするようになって、それが日課になってきたら、エクササイズを多様化させて有酸素運動と筋トレを行う日を設けたり、鍛えている筋肉の場所を変えたりすることが重要です。
同じ運動を何度も繰り返すことは体にとっては心地よくても、カロリーを燃焼して筋肉がつくほど体が頑張る状態にはなりません。
では、それを変える方法は? 短時間でよりカロリーを燃焼させるには、エクササイズにインターバルを取り入れるのがおすすめ。
『Journal of Applied Physiology』誌に掲載された研究によれば、短時間で一気に激しい運動を行うと、最大36%くらいまで脂肪を燃焼するなど多くのカロリーを消費するとのこと。ショッピングモールや公園を1時間ぶらぶら歩くと150kcalを消費します。5分に1度、歩くペースを1分間速くすれば、カロリーを1/3多く燃焼することができます。
また、週にウェイトトレーニングの時間も必ず設けるようにしましょう。筋肉をさらに鍛えて脂肪を落とすにはウェイトを持ち上げるのが効果的。筋肉は代謝が活発なので、運動をしていないときにもカロリーを多く燃焼できるようになりますよ。
3. 運動を、何でも好きなものを食べられるという口実にした