スイーツだって我慢しなくてOK! やせ体質になれる 間食ダイエット のルール|レモン水にダイエット効果はあるの?栄養士からのアドバイス

スイーツだって我慢しなくてOK! やせ体質になれる「間食ダイエット」のルール

2020/02/12 11:02
『おやつを食べてやせ体質に! 間食ダイエット』(森由香子/文藝春秋) おやつはダイエットの敵! そんな常識を覆すダイエットがあるとしたら、誰だって試してみたいと思うだろう。『おやつを食べてやせ体質に! 間食ダイエット』(森由香子/文藝春秋)は、間食を摂ることで痩せることができるという驚きのダイエット法を紹介した一冊。「間食ダイエット」では、正しい方法で食べる回数を増やすことで体の熱生産を高め、エネルギー代謝をアップさせることができるのだという。おやつを我慢しなくて良いダイエットだなんて夢のよう…。その方法を少しのぞいてみるとしよう。
◆起床から14時間以内にすべての食事を終える「間食ダイエット」の基本は、決まった時間に起床、食事、就寝すること。近年の研究により体内時計を整えるためには絶食時間を少なくとも10時間は設けることが必要なのだという。起床後から計算して14時間以内に夕飯を食べ終えれば、10時間の絶食時間を確保できる。たとえば、朝7時に起床する場合、21時までに夕飯を済ませると良いのだそうだ。
◆1日3回の食事+朝食と昼食の3~4時間後の間食 空腹は食事と食事の間の時間が空きすぎてしまった時に感じる。通常6時間以上空くとかなり空腹を感じ、長い空腹時間の後に摂る食事は、血糖値の乱高下が起こるので、体に脂肪が蓄えられやすくなる。そこで間食を使って適……

レモン水にダイエット効果はあるの?栄養士からのアドバイス

2020/02/12 07:00
動物研究ではレモンの成分が減量に役立つ可能性があるという結果が出ていますが、まだ研究が浅く人間や体重への影響についてはわかっていません。
レモンにはリンゴにも含まれる食物繊維ペクチンが入っているので、満腹感が高まり体重が落ちやすいと主張する人もいます。しかし、レモンを絞って水に入れた場合、ペクチンはほんのわずかしか(またはまったく)残りません。
「一般的に、消化を遅らせスムーズな消化を促進するには、食物繊維が重要です」と教えてくれたのは、シカゴで活躍する登録栄養士のマギー・ミハルチクさん。「残念ながら、レモンの絞り汁にはこうした食物繊維は一切含まれません」。それに、レモンジュースが水よりもデトックス効果が高いという主張を裏付ける証拠はほとんどありません。
代謝促進効果についてはどうでしょう? あいにく、この主張も専門家の賛同は得られていません。「そのようなつながりは聞いたことがありません」と話すカークパトリックさん。「カイエンペッパーなど一部の食品を摂ると、熱効果によって代謝が一時的に上がる場合がありますが、レモンに同じような効果があるとする研究は見たことがありません」
水が新陳代謝を促すのでは?