ラーメンはダイエットの敵? あります 太らない食べ方(日経doors)|マンガ 思わず納得!? 自分のダイエットは放置… 何気ない日常に共感する人が…

ラーメンはダイエットの敵? あります、太らない食べ方(日経doors)

2020/04/02 09:20

「食べたいけれど太るから」と糖質を控えてきた人に朗報! 糖質を取っても太らない食べ方があるんです。ダイエットの敵とされがちなラーメンもOKの、「我慢せずやせる」食べ方を紹介します。
【関連画像】
●ダイエット中でもラーメンはOK、でも…!?
 糖質制限の流行で麺類は敬遠されがちだが、「糖質は脳のエネルギー源で一定量取らないと元気が出ず、ダイエットも続きません」と管理栄養士の菊池真由子さん。食事の満足感を得るためにも糖質は必須で、食べたほうが過剰な食欲が消え、やせやすくなるという。
 ただし、糖質を取ると血糖値が急上昇し、それを下げようとインスリンが分泌される。「インスリンには脂肪を蓄える作用があり、過剰に分泌されると肥満を招くので、糖質の取り方には工夫が必要です」
 麺だけのラーメンは糖質の塊。そのまま食べると、血糖値が急上昇し、肥満につながる。スープには脂肪やむくみの原因の塩分も多い。
●麺などの糖質は、どう取るといいの?
 「糖質と一緒に取ってほしいのが食物繊維。消化に時間がかかり、血糖値上昇の速度を緩やかにしてくれます」
 さらに、たんぱく質やビタミンB群は食事で取ったカロリーを体にため込まず、熱エネルギーに変えてくれる働きがある。「これらの栄養素を具としてしっかり取り栄養強化することで、体がよく動……

【マンガ】思わず納得!? 自分のダイエットは放置… 何気ない日常に共感する人が続出「軽量化」(くるまのニュース)

2020/04/02 06:40
 クルマを走らせた後のタイヤをじっと見つめて一喜一憂するなど、クルマ好きの一見不可解な行動がリアルに描かれていて、新作が公開されるたびクルマ好きからは多くの共感コメントやいいねが寄せられています。
 そんな走り屋のキモチの作者であるよいち(@atelier_yoichi)さんは、いったいどんな人物なのでしょうか。
――走り屋のキモチシリーズを描き始めたきっかけを教えてください。
 初めてクルマを買ったときに、駐車しては何度も振り返ったり、洗車してピカピカになった愛車を見てニヤニヤしたりしている自分に気が付いて、「もしかして、これって自分だけじゃないかも」と思い、マンガにしたのがきっかけです。
――なぜ、漫画の題材がクルマ好きのキモチではなく、走り屋のキモチだったのでしょうか?
 自分のなかではクルマ好きも走り屋も一緒なんですよね。
 走り屋はスピードやドリフトといったテクニックが好きな人達だというイメージなんですが、それはクルマの魅力のひとつが好きってことなので、クルマ好きとひとくくりの仲間だと思います。
 漫画は最初の構想では走り屋に絞った内容にしようと思ったんですが、『バトルものは描かない!』と決めていてネタを考えていたら走り屋に絞るとあんまり浮かばなくて、クルマ好き全般のネタになっていったというのが実状です。……