痩せる食べ物を選んで効率的にダイエット♡食事の見直し方も必見!|コーヒーダイエットとは?嬉しい痩せ効果&やり方を分かりやすく紹介

痩せる食べ物を選んで効率的にダイエット♡食事の見直し方も必見!

2020/06/28 11:00
たとえダイエット中であっても、食事はお腹いっぱいになるまで食べたい!という人におすすめなのが「かさまし」。味付けや献立を大きく変えることがなく、量だけを増やせるため、食べちゃいけないという「我慢」をしなくて済みます。
我慢は続ければ続けるほどにストレスの元となってしまうため、かさまし食材を上手に使って楽しみながらダイエットをしていきましょう!
豆腐
何にでもアレンジ可能な「豆腐」はかさまし食材のナンバーワンともいえる食材。ハンバーグに混ぜても、高野豆腐をステーキにしても、ティラミスを豆腐で作ってもどれもおいしくできちゃうんです!味が淡泊(たんぱく)で主張が激しくないので、もともとの味を邪魔してしまう心配もありません。
それに加え、女性ホルモンの代わりとなる「イソフラボン」や、脂質の代謝を促してくれる「サポニン」など、嬉しい成分も盛りだくさんです。
白滝
白滝をはじめとするこんにゃく類は、お腹にたまりやすくローカロリーなのが嬉しいポイント。煮物や炒め物はもちろん、お肉の代わりとしても使えるレシピがたくさんあります。なかでも使いやすい「白滝」は、糖質が多めなうどんやラーメンなどの麺の代わりとしても使えますよ。
カリフラワー
使い方がわからず、買ったことがないという人も多い「カリフラワー」。ご飯の代わりになると話題になっ……

コーヒーダイエットとは?嬉しい痩せ効果&やり方を分かりやすく紹介

2020/06/28 11:00
あせってしまう気持ちもわかりますが、適量のコーヒーを毎日続けて飲むことが大事です。1日あたり4杯程度を目安として飲むようにしましょう。また、適量のコーヒーを飲んでいても、そのときの体調により体に不調がでてしまうことも!体調がすぐれないときは、無理にコーヒーを飲むのは控えるようにしましょう。
妊娠中・授乳中の女性はカフェインレスのコーヒーを
妊娠中や授乳中の女性の場合、カフェインを含む飲み物はすべて控えるべきとされています。カフェインは大切な子どもに悪影響を与えてしまうため、カフェイン入りのコーヒーも対象。妊娠中や授乳中の場合は極力控えるようにしましょう。
妊娠中や授乳中の方には「カフェインレスのコーヒー」がおすすめです。ダイエットに効果があるカフェインをのぞいてしまっては効果が激減してしまうように思われがちですが、実はカフェインレスのコーヒーにもポリフェノールの成分である「クロロゲン酸」が多く含まれています。カフェインレスのコーヒーも、ダイエットの大きな味方となってくれますよ!