無理は禁物!更年期ダイエットは 食べてやせる が正解…|ダイエット中におすすめ 糖質控えめのファミレスメニュー|西野未姫 ダイエット成功し超ミニワンピースから生美脚…|他

無理は禁物!更年期ダイエットは「食べてやせる」が正解!【食生活編】

2020/08/10 11:25
若いころキャベツダイエットやリンゴダイエットなど、無茶なダイエットをしたことがある人は多いかもしれません。でも、プレ更年期、更年期世代は無茶な食事ダイエットをすると健康を害することも……。やせたい願望はキープしつつ健康的に更年期太りを解消するにはどうすればいいのか、産婦人科医の善方裕美先生にうかがいました。
更年期ダイエットは“食べてやせる”
ダイエットで一番てっとり早いのが、食事量を減らすこと。たしかに摂取するカロリーが減れば脂肪が燃焼してやせていきますが、過度に食べないダイエットは必要な栄養素が不足して体調を崩す恐れがあります。
更年期太りを解消するのに必要な筋肉がやせて締まりのない脂肪だけが残ったり、更年期の女性ホルモン低下による骨粗しょう症へのリスクが高まったりすることも……。更年期のダイエットは食べないのではなく、必要なものをしっかり食べてやせることが最重要課題!
筋肉量を増やすタンパク質を
年齢を重ねると筋肉量が低下。筋肉が減ってしまうと脂肪が燃えにくくなり、代謝も悪くなって太りやすくなってしまいます。
その筋肉を作るもとになるのがタンパク質です。ゆで卵やチーズ、豆腐などが手軽に食べられるタンパク源ですが、脂質が気になるならメインデッシュに鶏のささ身や胸肉を使った料理を取り入れるのがおすすめです。
骨を元気に……

ダイエット中におすすめ 糖質控えめのファミレスメニュー

2020/08/10 11:00
写真拡大 (全5枚)
 気軽に行けて、メニューも豊富なファミリーレストラン。今日は外でご飯を食べよう、テイクアウトしようと思った時、候補に上がることも多いのでは? そこで本稿では、身近なファミリーレストランで提供されている、ダイエット中におすすめのメニューをご紹介!
あわせて読みたい:コンビニグルメでダイエットを実現!? ファミマ、ローソン、セブンのイチオシメニューは?
 なお、今回取り上げるメニューの一部は、テイクアウトや宅配もできるほか、テイクアウトメニューのライスを十六穀米に変更できるファミレスチェーンも。テイクアウト・宅配も活用しつつ、外食する際は感染症対策をしっかり行い、ファミレスグルメを楽しもう。
ガスト「糖質控えめ・海老と山芋オクラのねばとろサラダ麺(糖質控えめ・ほうれん草麺)」 はじめにご紹介するのは、糖質控えめ(同社使用の中華麺100g当たりと比較)のほうれん草麺を使用した、ガストのサラダ麺。カロリーは509kcal、糖質は44.2g。同社の広報担当者は「糖質控えめのほうれん草麺を特製だしとマヨネーズに絡めることで、クセになるおいしさを感じていただける逸品です」と……

西野未姫、ダイエット成功し超ミニワンピースから生美脚を披露…ファン絶賛「脚が細いし長くて綺麗」

2020/08/10 10:39
 元AKB48でタレントの西野未姫(21)が10日までに自身のインスタグラムを更新。超ミニの私服ワンピース姿から、ダイエットで引き締まったスタイルを披露した。
 成人式に向けて減量をスタートし、昨年12月に「2ケ月で-8・2キロ痩せました」と明かしていた西野。その後もリバウンドとダイエットを繰り返していたが、2日のインスタで韓国式ダイエットを5日間行った結果、50・7キロから49・2キロへ1・5キロ減量したという。
 9日のインスタに「私服 #大人コーデ #どうですか」とつづり、超ミニ丈のグレー調のジャケットワンピースから生足の美脚を大胆に披露した。
 フォロワーからは「脚が細いし長くて綺麗」「引き締まった体に大人っぽいコーデがよく似合ってます」「こんなOLさんが会社にいたら仕事になりません」など絶賛の声が上がっている。

減量&体型キープにお役立ち◎ カロリーだけに縛られない【プチ断食ダイエット】のコツ

2020/08/10 06:25
体重や体型が気になるあまり、「常に頭の中はカロリー計算でフル稼動…」という方は少なくないと思います。でも、カロリーのことばかり気にしているとかえってストレスが溜まってしまい過食につながってしまうことも。そこで採り入れてみたいダイエット法が「安全で効果も高い」と言われている「プチ断食(インターミッテント・ファスティング)」になります。
|「5:2ダイエット」のメリット
プチ断食ダイエットのやり方は様々ありますが、忙しい毎日を過ごす方にピッタリとされているのが、海外セレブも多く採り入れている「5:2ダイエット」です。このダイエット法を簡単に説明すると、1週間のうち5日間は栄養のバランスに注意して“普段通りの食事”(もちろん暴飲暴食はNG)をして、2日間は“普段の1/4程度のカロリー(男性:約600kcal、女性:約500kcal)”の摂取に抑えるというものになります。あとは、
(1)5日間の食事は、高タンパクで低GIの食品(肉類、魚類、野菜、きのこ類、大豆製品など)を中心にし、なるべく炭水化物の摂取は控える
(2)1週間のうち2日間のカロリー管理は厳密に行う
(3)カロリー管理を行う2日間は連続して2日はNG ※「月曜日と木曜日」「水曜日と日曜日」など数日間空ける
という3つのルールを守るだけでOKです。