全集中! ダイエットの呼吸! タカトシ タカ 胡蝶…|恋を遠ざけている… これをしなければ彼氏ができるかも…|肉体改造を成功させたいならまず○○を変えろ!|他

全集中! ダイエットの呼吸! 「タカトシ」タカ、胡蝶しのぶ意識な姿がたくましすぎる

2020/11/21 20:54
 『鬼滅の刃』にどハマりしている様子のタカさん。頭の中はそれでいっぱいなのか、蝶のイルミネーションを見るやいなや、その前で撮影し、胡蝶しのぶを名乗ってしまうほど。しかし、日頃Instagramで、おいしいラーメンの投稿をしているだけあって、ややふっくらしたしのぶさんが出来上がってしまい、本人も「太っちゃいました」と食べ過ぎを伝えています。
 コメント欄では、「雑すぎて笑いました」と簡単すぎる胡蝶しのぶにツッコミが寄せられた他、「ダイエットの呼吸www」「また、太っちゃったんですね」「華麗なるリバウンド」と一時はダイエットに成功したタカさんのリバウンドに注目する人もいました。

恋を遠ざけている… これをしなければ彼氏ができるかも?

2020/11/21 17:00
(MangoStar_Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)何気ない行動で恋愛を遠ざけていることは少なくありません。fumumu取材班は「これをしなければ彼氏ができるのに」というマイナス行動を聞いてみました。
(1)外見に無頓着ファッションの楽しみも多い秋だからこそ、男性もチェックしているみたい。おしゃれには気を遣ったほうがよさそうです。
「秋と言えばブーツやニットなど、かわいいファッションが増える季節。そんなときに外見に無頓着な子を見て、恋愛感情が燃え上がることは少ないと思います。おしゃれやメイクを楽しんでいる子のほうが絶対モテるんですよね。
もちろん何もかも完璧に…なんて求めていません。でも少しでもファッションやメイクを楽しんでいる子の方が好感度は高いですね」(30代・男性)
関連記事:フリーの時間に女を磨く! 彼氏募集中にしたい女子力向上法3選
(2)過剰なダイエット食欲の秋にダイエットしている女性は、アプローチしにくいのかも。
「秋って男性にとっては食欲の秋であることが多いので、過剰なダイエットをしている女子は食事に誘い辛くなってしまうよう。男性も断られるのは嫌ですし、美味しく食べてくれる女性を誘ったほうが楽しめますもんね。
ダイエットをするにしても、相手には知られな……

【肉体改造を成功させたいならまず○○を変えろ!】

2020/11/21 15:00
ALOHA~! 講師歴30年超え・メディア出演3500本超えの
姿勢改善ダイエットの専門家☆ウォーキングプロデューサーOK和男です!
「ガリガリ体型から卒業したい!」
「万年肥満体から脱出したい!」
「肉体改造してコンテストで優勝したい!!」
このような熱い思いを実現させるためにとても大切なことがあります。
スムーズに成功したい人はもちろん、目指す成果が得られずに行き詰っている人も、今回の記事を最後までご覧ください。成功の秘訣が手に入ります!
≪肩こり卒業≫
熱い思いを実現させるためにとても大切なこととはいったい何なのか?
「万年肩こりから解放されたい!」という熱い思いを事例に解説します。
肩がこるのは「私の体質だから…」「なで肩だから…」そんな口癖は捨ててしまいましょう。
「私の体質だから…」「なで肩だから…」これらの言葉の続きには「…だから私は治らない」と、あきらめの決意があります。言葉に出さなくても心の中で「私には無理」とささやいています。
繰り返します。今すぐそんな口癖や思い込みは捨て去りましょう!
なぜこんな強い口調でお伝えするのかと言いますと、首や肩の凝りや痛みをあきらめて放置すると、今のまま万年肩こりに悩んでいるあなたの姿は未来に無いからです。
改善をあきらめて放置……

女優ハ・ジェスク、24kg減量後もダイエット継続?「炭水化物食べずに暮らしている」

2020/11/21 14:41
韓国女優ハ・ジェスがケーキを持ったまま、「炭水化物を食べれないのは辛い」と言って近況を知らせた。
ハ・ジェスクは20日、自身のインスタグラムに「私の人生初のサツマイモケーキ、私は口にも運んでないけど、私の友人のヘギョンの家族がとてもよく食べてくれてとても幸せだ」と述べた。
続いて「炭水化物を食べられないのが最近とても辛い、パンの匂いを嗅いで幸せ....とんでもない」と付け加えて笑いを誘った。
公開された写真には、ハ・ジェスクが夫のイ・ジュンヘンさんと作ったサツマイモのケーキを持ったままポーズを取っている。
一方、ハ・ジェスクは昨年KBS2TVドラマ「パフューム」の出演を控えて24kgを減量して話題を集めた。
コメント数ランキングコメント

中国、米国債は「ダイエット」、日本国債は「暴食」

2020/11/21 12:43
中国の「米国債ダイエット」が続いている。5カ月連続で保有残高を減らし、4年7カ月ぶりの低い数値となった。米国債の罠から抜け出すための苦闘と解釈される。
米財務省によると、中国が9月に62億2000万ドル(約6440億円)規模の米国債を売却したと、サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)が19日報じた。5カ月連続で減少し、中国の米国債保有残高は1兆617億ドル(ブルームバーグ集計)となった。2017年2月以来の低い水準だ。
米中の対立が深まるほど中国は米国債の保有を減らす傾向を見せている。昨年すでに米国の第1債権者の地位を日本(9月の米国債保有残高1兆2762億ドル)に譲り渡した。上海財経大の奚君羊教授はグローバルタイムズのインタビューで「中国は徐々に米国債保有残高を8000億ドル以下に減らしていくだろう」という見方を示した。
3兆1400億ドルにのぼる中国の外貨準備高のうち米国債の空席を埋めているのは日本国債だ。SCMPは日本財務省の資料を引用し、9月に中国は277億円規模の日本国債を購入したと伝えた。その結果、今年1-9月に中国が購入した日本国債は2兆4000億円にのぼる。前年同期に比べ73%も増えた。
最近になって減少が目立っているが、中国のドル資産比率の縮小はかなり以前から始まっている。中国が外貨準備高に関する詳細情報を公開してい……

ダイエットにお金をつぎ込むも、痩せたのはまさかの理由だった〈やりすぎ健康オタク・2〉

2020/11/21 12:30
* * * * * * *
《佐川由美さん(49歳)の場合》
痩せることにお金と時間を費やして多額のお金をつぎ込んでダイエットに励んだにもかかわらず、思ってもみなかった結果を迎えた人も。広告代理店に勤務する佐川由美さん(仮名)は、子どもの頃から太りやすい体質で、さまざまな方法を試してきた。
「わが家は太りやすい家系で、家族はみな肥満がもとでさまざまな病気やケガで苦しんできました。美容の面から考えても、太っているよりは痩せていたほうがいいですしね。そのため社会人になってからはいっそう、エステで痩身コースを組んだりダイエットサプリを飲んだりと、痩せることにお金と時間を費やしてきました」
30歳になるまでは、ややポッチャリ体形だった佐川さん。しかし30代半ばに地元の大阪から東京に転勤になったことで、体重が15キロも増えてしまう。
「慣れない環境でのストレスが引き金になって、暴飲暴食をした結果でしょうね。人間ドックでD判定がつき、医師から痩せるように言われました。とはいえ、食べることとお酒を飲むことが何より好きなので、それらを諦めるのは絶対に無理。しかもストイックなことが苦手なため、スポーツジムの類も続かない。となると、あとは簡単に時短でできる、痩身アイテムを使うしか手がありません」
購入したのは、電気でお腹のぜい肉を刺激するベルト、……