自分の意志で食欲はコントロールできない!ダイエットすると太る4つの理由|植物肉を食べることでダイエットできる?

自分の意志で食欲はコントロールできない!ダイエットすると太る4つの理由

2021/08/03 16:00
 ミネソタ大学のニューマーク‐ステイナー博士が、ミネアポリス近郊の中高生1902人を10年間にわたって追跡調査した結果は、「ダイエットすると太る」というものでした。
 この調査では、ダイエット(体重を減らすために食べ方を変えること)と、不健康な体重コントロール(絶食、ほんの少ししか食べない、ダイエット食品やダイエットドリンクの使用、食事を抜かす、より多く喫煙する、ダイエットピルの使用、嘔吐する、下剤の使用、利尿剤の使用)を分けていましたが、どれも続けるとBMIが上昇、すなわち太るのです。
【関連記事:コンビニ&外食だけの「ダイエットメニュー」ミス・ユニバースジャパンのファイナリストが指南!】
 では、いったいなぜ、ダイエットすると太るのでしょうか? ニューマーク‐ステイナー博士は、その理由として、以下の4点を挙げています。
(1)ダイエットが、ごく短期間の行動であること。
 バランスのとれた体、あるいは適正体重になるには、規則正しい生活を心がけ、毎日朝食を摂り、野菜や果物をしっかり食べ、運動を続けるといった、地道で長期的なライフスタイル変更が必要であるのに、性急に結果を求める。
(2)「ダイエッティングサイクル」に、はまり込んでしまうこと。
「ほんの少ししか食べない」「食事を抜かす」といった無理なダイエットによって飢餓状……

植物肉を食べることでダイエットできる?

2021/08/03 14:50
「植物肉」という名前を聞くと、野菜やトマトなどのあっさりした素食と考えがちだ。しかし植物肉は実際には常に完全な素食とは限らず、そしてカロリーが低いわけでもない。ネット上では、植物肉を食べることで油分を減らしスタイルを管理でき、ダイエット効果があると噂されているが、本当にそうなのだろうか。
植物肉の材料は通常、大豆タンパク、飲用水、植物油、食用塩など、及び一連の関連する食品添加物からなっている。うち脂肪は植物肉に非常に重要な成分で、植物肉の食感を改善でき、本物の肉のような柔らかさとジューシーさを生み出してくれる。これらの添加される脂肪は、ひまわり油、菜種油、あるいは固形のパームオイルから来ている。
他にも余分に添加されるデンプンや調味料は、植物肉をより美味しくしていると同時に、カロリーも増やしている。
米国農務省が最近統計を行ったある植物由来の人工肉の栄養データによると、100グラムの植物肉のエネルギーはおよそ221キロカロリーで、実は牛肉(250キロカロリー)とそれほど変わらない。ダイエットする人が避ける主食の米は、100グラムで129キロカロリーしかない。植物肉を何口か食べるだけで茶碗1杯の米のカロリーになる。そのため植物肉によるダイエットに期待できそうにない。(編集YF)
「人民網日本語版」2021年8月3日