栄養失調を経験し…Youtuberマリリンが伝える …|華原朋美 10kgダイエット宣言!タンクトップで動画…|1カ月で4キロ減!元ボクシング世界チャンピオンが教え…|他

華原朋美 10kgダイエット宣言!タンクトップで動画 痩せたいソング&二の腕ネタも(デイリースポーツ)

2021/10/09 22:54
華原朋美 10kgダイエット宣言!タンクトップで動画 痩せたいソング&二の腕ネタも(デイリースポーツ)  Yahoo!ニュース

1カ月で4キロ減!元ボクシング世界チャンピオンが教える「白米ダイエット」(ウィメンズヘルス)

2021/10/09 21:17
1カ月で4キロ減!元ボクシング世界チャンピオンが教える「白米ダイエット」(ウィメンズヘルス) - Yahoo!ニュース  Yahoo!ニュース

ダイエットに挫折しがちなビジネスパーソンに足りないのは「ビルトイン思考」

2021/10/09 20:54
ビジネスパーソンに「アドオン思考」のダイエットは向かない ウォーキング、ランニング、ジムに通う…健康的なダイエット方法でありながら多くの人が挫折してしまう理由は、どれもダイエットに費やす時間をスケジュールにプラスしなければいけない「アドオン(add-on)思考」による方法だからです。
 ビジネスパーソンは忙しすぎて、ダイエットのために新たに時間をとれないのが現実。忙しい人が選ぶべきなのは、ふだんの暮らしの中に「やせる動き」を自然に組み込む「ビルトイン(built-in)思考」のダイエットです。通勤や仕事の移動、職場や自宅で仕事をしている時にできる「ながら」ダイエットなら、1日のタイムスケジュールを変える必要がないので無理なく続けられます。
 そして、「まわりにバレずにこっそりやせられる」という点も、ダイエットを続ける上で大事なポイントになります。ダイエットをしていることが周囲にバレたり、目立ってしまったりすると、習慣にするのが難しいからです。
通勤中に「やせる体の動き」を組み込んでしまう「ビルトイン(built-in)思考」のダイエットを考えるなら、まず「ふだんの生活を変えずにできること」に目を向けましょう。実は誰もが毎日、何気なく行っている運動があります。それは「歩くこと」です。科学的根拠に基づいた「やせる歩き方」に変えれば、日常生活にエクサ……

激やせは糖質制限ダイエットの成果と喜んだのも束の間、娘の一言と自治体の検診クーポンで乳がんが見つかった

2021/10/09 18:00
* * * * * * *
ダイエットの成果に喜んでいたら今まさに病と闘っているナツミさん(49歳)も、過去の自分にほろ苦い後悔を抱えている。
4年前、80歳目前の両親が脳梗塞で同時期に倒れて要介護状態になり、一人娘のナツミさんに一挙に負担が押し寄せた。病院通いから介護保険の諸手続き……やるべきことが次から次へと出てくる。とりあえず入所できた有料老人ホームは2人で毎月50万円かかってしまう。特別養護老人ホームに転所できないかと申し込んでは順番待ちをし、やっと近くの特養に入所できたのが、昨年の夏のことだった。
「これからは何か自分のためになることをしたい、と一念発起。介護のストレスで食べ過ぎて、20キロも太ってしまったこともあり、『ダイエットする』と決めたんです」
生来の真面目さで、糖質制限ダイエットに取り組んだナツミさん。炭水化物の量を減らしたり、夕飯時に抜いたりするだけでするすると減っていく体重を記録しては、心躍らせていた。ところが─。
「始めて2ヵ月くらい経ったころでしょうか。顔色が悪くなり、疲れやすくなってきて。これまで夏バテなどほとんどしなかったのですが、『今年はダイエットしたせいだ』と気にしないようにしていました」
それでも、みるみる痩せていくのはうれしかった。11月に入ってから、娘に「お母さん、顔色がすごく悪いよ」……

栄養士指南!結局、「健康的にやせる」コツは2つだ

2021/10/09 17:30
普遍的な健康のルールだけに沿う私の職業柄、もったいない時間の使い方をしているように感じるのがダイエットです。ダイエットには中毒性があり、ダイエット自体が生活の一部になることで日常的に時間と気力を割いている人もたくさんいます。
多少体に悪くても、間違っていてもなんでもいいから、「とにかく体重を落としたい!」というときもあるでしょう。でも、もし正しいダイエットがあるとすれば、それは時間が多少かかっても健康を損なわない方法だと考えます。
私たちには一人ひとり異なるライフスタイルがあり、年齢によって代謝の働きなども変化するため、今の時点で有効でも、それが5年後も自分に有効だとは限りません。それを思うと、ダイエット本を1冊読んで、「これがいい!」と信じ込んで行うダイエットに、普遍的な正しさは存在しないのではないかと見ています。
すべての人が結果を出せるダイエット法はないと考えたほうがよく、一人ひとりが自分のプランを立てるしかないのです。でも、それは言葉でいうほど簡単なことではありません。
ではどうすればいいのか? それは一般的なダイエットのセオリーではなく、「食べすぎない」「夜遅くに食べない」という普遍的な健康のルールだけに沿うことです。そのようにすれば、体を無理なくしっかり休めることができ、人間にとって自然なダイエットができるはずです。
理……