ビジネスマンのためのダイエット夜食(60) 暑いとき…|体重115kgの私がダイエットに苦しみ 後に40kg…|ビールをやめたのに太った!いつもダイエットが失敗する…|他

ビジネスマンのためのダイエット夜食(60) 暑いときこそ温かいものを! 鶏とキャベツの辛味噌豆腐

2019/05/21 11:22
深夜帰宅後につい夜食を食べてしまいがちなビジネスパーソンにお勧めの連載「ビジネスマンのためのダイエット夜食」。今回は「鶏とキャベツの辛味噌豆腐」です。
→これまでのお話はこちら
身体の冷えすぎには注意しましょうダイエッターの強い味方としておなじみの豆腐! ごはんの置き換えにも使えますし、いろいろな料理との相性も良く、非常に使い勝手のいい食材でもあります。冷蔵庫から出したままのひんやりした状態でいただくのもいいですが、身体のことを考えると、温めて食べることも大事ですよね。
特にこれから夏にかけて暑くなってくると、冷たいものを多く飲んだり、またはクーラーで身体を冷やしたりなどしがちですが、「冷え」は健康にとってもダイエットにとっても悪影響を及ぼす可能性があります。暑くなる時期だからこそ、ホットな食事で身体を温めたいですね。
今回ご紹介するのは、豆腐とキャベツ、鶏肉をササっと味噌煮込みにした一品です。豆腐だけではなく、キャベツと鶏肉を一緒に煮込むことで栄養バランスをアップさせて、ピリ辛味噌風味で代謝アップも期待できます!
具材を鍋に入れて煮込むだけなので、帰りが遅くなった際にも手早く作れるレシピです。忙しい朝のごはんにもぴったりですよ!

体重115kgの私がダイエットに苦しみ、後に40kgの減量に成功した理由

2019/05/21 06:51
思い返すと、私は無自覚にInstagramにダイエットの様子を投稿していましたが、専門家の視点から見ると、効果があるものだったようです。近藤さんは「SNS上のソーシャルインフルエンスも、現実世界の人間関係同様、健康に大きな影響を与えると考えられます」「これからの公衆衛生を考える上で、SNSのようなツールの重要性は増していくでしょう」と指摘します。
「例えば、『ダイエットします』と宣言することで力を得るコミットメント効果という心理学的効果があります。また、ダイエットする様子を投稿して“いいね!”をもらうことをモチベーションにするうちに『どうすればより“いいね!”がもらえるかな』とさらに努力するようになるのは“ゲーミフィケーション(ゲーム化)”の一種で、ナッジとしても有効です」
健康格差対策には、健康に関心のない人、健康を重視できない人の行動を変える必要があります。「不健康な状態にある人が求めているのは、必ずしも健康になるためのサービスだけではありません。そのためには、対象となる人が求める価値とは何かを考え、それを提供する環境がなければいけないのです」と近藤さん。
所得や職業に左右されてしまう「本人の意図」の改善だけを求められても、ただでさえ目の前のことに囚われている過去の私のような人にとって、正直ダイエットは“無理ゲー“です。一方で、できるだけ自……

ビールをやめたのに太った!いつもダイエットが失敗する理由とは?

2019/05/21 05:12
東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
仕事脳で考える食生活改善
仕事をしていると、自然と、「あ、こっちのやり方の方が効率良いし、しっくりくるな」と思う場面がありますが、ダイエットも同じ。食事記録を残すのは面倒でも、写真に撮るだけなら続けられる人やエクセルを使って体重変動もあわせてグラフにするとモチベーションが上がる人もいます。同じダイエット法でも、HOWの部分を少し変えるだけで、不可能に思えたダイエットがいとも簡単なものになるのです。本連載では、まるで仕事の一部のように自然と自己管理をして……

働き方改革を巡る視座『教育学者としての問い』(8)業務をどうダイエットするか

2019/05/21 04:30
学校の働き方を考える教育学者の会
この対策は健康的なダイエットなのだろうか――。それが、文科省が出した通知「学校における働き方改革に関する緊急対策の策定並びに学校における業務改善及び勤務時間管理等に係る取組の徹底」(2018年2月9日付)を読んだ第一印象だ。昨年の春まで小学校の教員をしていた私なりの解釈で、今回の働き方改革を考えてみたい。
学校教育はサービス業だといわれる。「お客さま(子供と保護者)のニーズに合わせたサービスを施す」という考え方に私は真っ向から反論している。だが、その意に反して、学校教育は学校以外が担うべき仕事まで包括して行わなければならなくなっている。気が付けば、多くの無駄なぜい肉が付いていた。
通知の中では大きく三つのダイエット方法が示されている。……

低カロリーで低糖質 ダイエットにぴったりな「お米の代用品」

2019/05/21 02:00
写真拡大 (全5枚)
日本人の主食「お米」に変化が!?ヘルシーな「代用品」って?日本人の主食といえば、なんといってもお米です。
ところが「糖質制限ダイエット」などが流行している現代では、そんな日本の主食事情に変化が起こっています。
「見た目も食感もお米にそっくりで、なおかつ低カロリー・低糖質」ということで、びっくりなアノ食材たちが「お米の代用品」に大変身しているってご存知ですか?
例えば「豆腐ライス」や「ブロッコリーライス」などは「本当にお米みたい!」「たくさん食べても罪悪感がない!」と、大人気です。
今回筆者が試してみたのは「カリフラワーライス」。
元々は「ダイエット先進国」の異名をとるアメリカで人気のダイエット食材でしたが、最近は日本のスーパーやコンビニでも見かけるようになってきました。
「カリフラワーライス」を食べてみた結果は…現状では、特に普段ダイエットを意識していない筆者。
しかし
「カリフラワーがご飯に!」
という不思議さと、いかにもヘルシーなイメージにひと目ぼれ!
「これは試さずにはいられない!」
と、早速購入・試食して……