運動嫌いでも“痩せられる”と話題 韓国で人気の 断続…|子育てにもダイエットにも活用したい簡単 しらす レシ…|ジムに行くためにダイエット しようと考える女性 そ…|他

運動嫌いでも“痩せられる”と話題。韓国で人気の【断続的断食ダイエット】って?

2019/06/15 20:28
「16時間何も食べられない」と聞くとかなりキツく感じますが、前日の夕食を20時までにすませて、翌日の朝食を抜いて、12時以降に昼食を食べられると考えると、なんだかできそうな感じがするもの。朝バタバタと支度をして午前中は忙しく仕事をしていれば、ランチタイムはあっという間に来るはずです。逆に“朝はしっかり食べたい”派の方であれば、朝食と昼食をしっかり摂ってそれ以降食べずに寝るというスタイルでもOK。これを週3~5回を目安に行うことで代謝が上がり、痩せやすい体質になれる効果を期待できるとされています。なお、実践する日は間食を摂らないようにすること、そして体内のリズムを整えるためにも食事時間は毎日同じにすることが推奨されています。

子育てにもダイエットにも活用したい簡単「しらす」レシピ

2019/06/15 18:31
「しらす」は、子どもの成長にも大人の骨粗しょう予防にも欠かせないカルシウムや、肌や筋肉の主な原料であるタンパク質をたっぷり摂取でき、魚介類の中でも比較的低カロリーな食材です。家族の健康を維持するためにも、積極的に取り入れたいですよね。そこで、腸内環境を整え、消化・吸収の働きを活性化する効果が期待できるキャベツを合わせた、「しらすレシピ」をご紹介します。
【釜揚げしらすと蒸しキャベツのさっぱりサラダ】
〈材料〉(2~3人分)
■釜揚げしらす1パック/キャベツ2/3個/鰹節適量
■お好みのドレッシングまたはごま油適量
〈作り方〉
1.鍋に水を入れて火にかける(沸騰するまでの間に具材の準備をする)
2.キャベツを一口大に切る(千切りまたはざく切り)
3.沸騰したお湯にキャベツを入れ、30秒ほど湯通ししてザルにあげる
4.ボールにキャベツと釜揚げしらすを入れ、さっくり混ぜる
5.ドレッシングやごま油を入れ、全体になじむように和える
6.最後に鰹節をふりかけ、出来上がり
 しらすは湯通しするとかさが減って柔らかくなるため、子どもでも食べやすくなります。生の食感を残したい場合は、キャベツを生のまま使用してもOKです。また、ごま油の代わりにオリーブオイルなどを使用すると、味を変化させることも。トッピングの……

「ジムに行くためにダイエット」しようと考える女性 その理由に驚きと共感

2019/06/15 16:20
■肥満体型おらず恥ずかしい気持ちに肥満体型だという投稿者の女性。「いい加減痩せなきゃ」と思いたち、ジムの見学に行ったところ、自分のような体型の人はいなかったという。
おまけに年齢層も若く、筋肉をつけようとしている人ばかりで、恥ずかしくなって入会せずに帰宅。あまりに衝撃だったのか、「痩せてからジムに行こうかな」とまで考えることになったという。
そして、他のネットユーザーに対し、「デブがジムに行くことは恥ずかしくないですか?」と投げかけたのだった。

太りやすい体質をチェンジ!簡単「ダイエットスープ」のレシピ

2019/06/15 12:13
藤井香江(ふじい・かえ)
40代から美しくやせる! 簡単ダイエットの専門家、スリムデザイナー、美容編集&ライター。半年間で20㎏のダイエットに成功し、20年以上キープ。ジュースやスープによる独自の食事法を開発し、二度と太らない体質と健康を維持。食べても飲んでもやせて、リバウンドなしの簡単メソッドが男女問わず好評。「毎日の暮らしをラクにする」をテーマに、雑誌やWEB連載、テレビなど、多方面で活躍中。近著に『作りおきで、かんたん!「腹ペタスープ」ダイエット』(講談社刊)がある。https://ameblo.jp/kae-recipe
太りやすい体質でも一生太らないためのスープ
40代、50代になると、代謝が落ちて、どうしても太りやすくなります。太りやすい体質の人なら、なおさらです。
そんな人でも、今回ご紹介する「腹ペタスープ」を続けたら、太らない体質に変われるかもしれません。
実は、私自身、子どものころからぽっちゃりタイプで、太りやすい体質でした。20代の頃は体重が70kg(身長は160cm)もあり、半年で20kg以上のダイエットに成功しました。