“骨盤”を整えてスラリ感UP 太ももダイエットに効く…|ダイエットに規則正しい生活が欠かせないワケ|夕方のプチ空腹どうする? 間食を 味方 にするコツを…|他

“骨盤”を整えてスラリ感UP。太ももダイエットに効く【ほっそり下半身】を目指す簡単習慣

2019/07/09 19:44
脚を露出する機会が増えるこの時期、太もものムッチリ感が大きな悩みとなっている方は少なくないでしょう。そこで適度に引き締まった理想的なほっそり下半身を手に入れるためにも習慣に取り入れたいのが、スラリ脚を作る上で鍵となる“骨盤周り”を整える簡単エクササイズ【クラムシェル】です。早速やり方をチェックしてみましょう。
【クラムシェル】
“横向きに寝そべりながら膝を開閉するだけ”と手軽にできるこのエクササイズは骨盤の前側にある筋肉を強化するので、太ももをはじめ下半身の引き締め、代謝UP、腰痛の予防などの効果も期待できます。また、骨盤底筋を鍛えることができるので妊活中の方にもオススメです。
(1)床に横向きに寝そべって肘をついて頭を支え、両脚を揃えて軽く膝を曲げる

ダイエットに規則正しい生活が欠かせないワケ

2019/07/09 17:25
体内時計の役割とは体内時計が1日約25時間だと、だんだん生活する時間がずれてきますが、人間は朝日の光で1日24時間の生活になるように調節しているのです。光を浴びて網膜が刺激されるとカラダは「朝」と認識して、夜の休息モードから活動モードへと切り替えます。(※1)このようにして睡眠時間や体温・血圧・成長ホルモンなどを調節しているのです。
・合わせて読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法(https://cocokara-next.com/food_and_diet/banana-diet-tt/)
体内時計が崩れるとカラダの機能低下
体内時計は体内のあらゆる機能調整に影響を及ぼすことが分かってきています。肝臓などのさまざまな器官は体内時計に合わせて活動しているので、リズムが崩れると満腹を感じる機能の低下や、糖や脂肪を燃焼しやすくする機能が衰え、肥満になりやすいと言われています。
体調にも関与
体内時計のリズムが崩れると夜眠れなくなったり、朝起きれなくなったりします。例えば、睡眠を誘うホルモン(メラトニン)は明かりを消したときにたくさん分泌されます。ところが電気をつけて夜更かしをしているとメラトニンは分泌されず、眠くなりません。(※2)このように体内時計のリズムが崩れるとカラダがだるくなったり、めまいがしたりと不

夕方のプチ空腹どうする? 間食を「味方」にするコツを聞く(Hint-Pot)

2019/07/09 16:59
――飲料やお菓子にカロリーゼロなどの表示がある商品を見かけますが、そういうものを活用するのはどうでしょう?
「そうですね。こちらも少量なら良いと思いますが、かえって『カロリーがないから』と安心して食べ過ぎていませんか? 飲料や菓子類に見かける『カロリーゼロ』や『カロリーオフ』の表示に惑わされてはいけません。たとえば飲料ならカロリーオフは100ml中20kcal、カロリーゼロは100ml中5kcal未満であれば表示可能とされています。つまり、カロリーがゼロでない場合もある、ということです。それらを一日に何本も飲み、何個も食べていたら、余分なエネルギーをどんどんため込んでいることになりかねません。カロリーがないと書いてあるからたくさん口にしても大丈夫ということでなく、やはり適度な量にすることが大切です」
――ダイエット中の間食には向かないものはありますか?
「菓子パン、ドーナツなど油がたっぷりのもの、スナック菓子、ショートケーキなど生クリーム系スイーツは避けた方が良いですね。飲み物も炭酸飲料、お砂糖やミルクがたっぷり入った缶コーヒーなどは避けましょう。これから暑くなってくると、アイスクリームなども食べたくなるかもしれませんが、ダイエット中の間食としては、あまりお勧めはできません。どうしても冷たいアイス系が食べたいのなら、軽めのシャーベットを選ぶ方が……

1日1分で気になるおなかがヘコむ!? “合理的なダイエット”ドローインで痩せる

2019/07/09 15:00
※画像:『1日1分で腹が凹む 4万人がラクに結果を出した最高に合理的なダイエットの正解』(ダイヤモンド社刊) 夏本番まであとわずか! 薄着になる分お腹が目立つ、といった理由で駆け込みダイエットを考えている人もいるでしょう。
 『1日1分で腹が凹む 4万人がラクに結果を出した最高に合理的なダイエットの正解』(ダイヤモンド社刊)はそんなあなたの強い味方になる本です。
 著者の植森美緒さんは健康運動指導士で、お腹を凹ますための動作である“ドローイン”の第一人者。植森さんによれば、お腹が出る本質的な原因はお腹を引っ込めるための筋肉を「使えていない」または「使っていない」からなのだそうです。
 植松さんがおすすめするドローインはまさにその使えていない筋肉を使うためのトレーニング。基本のダイエットドローインは以下の通り。
(1)背すじを伸ばし、後頭部とかかとをつけて、壁際に立つ。
(2)肩を引いて、肩の後ろを壁につけ、10秒かけてお腹を大きく引っ込める。
(3)凹んだお腹を、壁に押しつけるように、さらに10秒お腹を引っ込める。
(4)最後の10秒で、限界を越えるくらいの意識で、最大にお腹を引っ込める。
 ただお腹を引っ込めているだけじゃないの? と思う人もいるでしょう。しかしこの、お腹を引っ込めるという事にこそ大きな意味がある……