ダイエット 吉野家 ライザップ牛サラダ のトッピングが “キムチ一択” な理由

【ダイエット】吉野家「ライザップ牛サラダ」のトッピングが “キムチ一択” な理由

2019/07/14 06:44
ライザップ牛サラダは本当に優秀です。300グラムあるので腹持ちも良く、たんぱく質は30グラムが摂取でき、糖質は12.2グラムで済みますから文句はありません。味も激ウマとは言いませんが、素っ気なくもそれなりにパンチがあるところが気に入っています。
コンビニで商品を組み合わせればライザップ牛サラダより糖質を抑えることも可能ですが、面倒じゃないところも含めて私はライザップ牛サラダ推し。これで税込540円なので、しばらくはライザップ牛サラダ生活が続くことでしょう。
・5種類のトッピングメニューさて、その『ライザップ牛サラダ』に5種類のトッピングができるようになったのは、つい最近のこと。まずは以下でトッピング可能なメニューをご覧ください。
1. 牛肉増し(110円)※ライザップ牛サラダに入っている牛肉の半分の量
2. 納豆(90円)
3. チーズ(110円)
4. キムチ(110円)
5. 野菜増し(90円)
さて、あなたがまあまあ本格的なダイエッターだとしましょう。上記の中で何をトッピングしますか? どれもこれも悪くはありませんが、私から言わせれば「あえて言うならキムチ」となります。以下でその理由をご覧ください。
・あえて言うならキムチまず「牛肉増し」ですが、私は「人間の体が1度の食事で摂取できるたんぱく質は20グラ……