クロエのフレグランス クロエ ノマド に心奪われる新香調が仲間入り|エルメス の香水を成功に導いた初代専属調香師が語る新たなメゾン クヴォン・デ…

クロエのフレグランス「クロエ ノマド」に心奪われる新香調が仲間入り。

2020/02/18 08:00
“自由な精神”を表現したクロエのフレグランス「クロエ ノマド」から、新たに「クロエ ノマド アブソリュ ドゥ パルファン」が誕生。2020年2月26日(水)に発売される。
香りはオリジナル「クロエ ノマド」のオークモスに甘いミラベルを引き継いでより濃密にした、うっとりするようなウッディシプレ調。センシュアリティを際立たせるまろやかでフルーティなダバナをはじめ、温もりを加えるクリーミィなウディとコクのあるサンダルウッドをブレンド。華やかでいて甘美に満ちた香りに仕上がっている。
ボトルにあしらわれているラグジュアリーなディテールには、ぬくもりのあるヘーゼルナッツカラーの上質なレザーを採用。ボトルネックのグラフィカルなラインと、キャップにあしらわれたゴールドのスタッズが織りなすコントラストは、クロエのアクセサリーを思わせる。オリジナルのボトルとは微妙に異なる、色やデザインにも注目。

「エルメス」の香水を成功に導いた初代専属調香師が語る新たなメゾン「クヴォン・デ・ミニム」での仕事

2020/02/18 07:00
WWD:「エルメス」の専属調香師から離れ、「フレデリック マル」や「クヴォン・デ・ミニム」で再び調香の仕事に戻ったいきさつは?
ジャン・クロード・エレナ調香師(以下、エレナ):2018年1月4日に長年仕事をした「エルメス」を去り引退生活に入りました。しかしその2日後、友人であるフレデリック・マルから電話があり「自由になったのなら私と一緒に仕事をしてほしい」と言われたのです。一息つきたかったのでそのときは「また今度」と言いましたが、春になると徐々に調香の仕事が恋しくなってきて、どんなものを作ろうか考えられるように。そして10月、今度は「クヴォン・デ・ミニム」のゼネラルマネジャーであるマリー・キャロライン・ルノー(Marie-Caroline Renault)から電話がありました。
WWD:彼女からはどんな依頼が?
エレナ:私が住む小さな村まで来てもらったのですが、彼女はひどく緊張しながら、「電話をしていいかどうか迷ってこんなにも時間が経ってしまった。自分はフレグランスのプロではないからあなたの力が必要だ」と言ったのです。ですから私にできることはクリエイションを届けることだけで、マーケットのテストをしてほしくないということや、「エルメス」のときと同じような仕事の仕方、つまり何をしても自由という白紙の状態を保ちたいという希望を話しました。
WW……