コム デ ギャルソン・パルファムの新作香水 マルセイ…|コム デ ギャルソン・パルファムから新作の香水マルセ…|Plusbelle から 毎日使えるハンドケアセッ…|他

コム デ ギャルソン・パルファムの新作香水「マルセイユ」どこか懐かしい石鹸の香り

2021/09/13 11:25
コム デ ギャルソン・パルファム(Comme des GARÇONS Parfums)の新作香水「マルセイユ(MARSEILLE)」がパルファム取り扱いのコム デ ギャルソン直営店およびドーバー ストリート マーケット ギンザにて販売される。
「マルセイユ」は、南フランスのマルセイユで製造された自然派石鹸“サボン・ド・マルセイユ”のアイデアに基づいて開発された新作香水。どこか懐かしく清潔感のある石鹸の香りが漂う。
香りの始まりを告げるトップノートは、サヴォン ド マルセイユとネローリ。その後、フローラルとライチが混ざり合うペタリアとオレンジクリスタル、最後にアンブロフィックスとコスモンが続いていく。
ボトルは、清潔感のある香りとリンクするようなクリア仕様で、それを収めるシンプルなロゴ入りのボックスも魅力的だ。
【詳細】
マルセイユ
発売日:2021年9月12日(日)
取り扱い:パルファム取り扱いのコム デ ギャルソン直営店およびドーバー ストリート マーケット ギンザ(E-ショップ含む)
価格:30ml 10,670円、50ml 13,200円

コム デ ギャルソン・パルファムから新作の香水マルセイユが発売

2021/09/13 10:32
MARSEILLEは、トップノートにサヴォン ド マルセイユ(フランスで生産されているマルセイユ石鹸)とネローリ、ミッドノートにペタリア(フローラル、ローズ、ライチの香り)とオレンジクリスタル、ドライノートはアンブロフィックス(アンバー、ウッディな香り)、コスモン(ムスク,パウダリーな香り)を使用。30ml(10,670円)と50ml(13,200円/税込)と2タイプが展開され、〈CdG Parfums〉ラインを取り扱っている〈COMME des GARÇONS〉の直営店および『DOVER STREET MARKET GINZA』とそのECサイトにて、現在販売中となる。

「Plusbelle」から、毎日使えるハンドケアセット&グリッター入り練り香水が新登場!

2021/09/13 06:30
“小さくて可愛い”がコンセプトのオトナ女子向けブランド「Plusbelle(プリュベル)」から、ハンドケアアイテムが入った持ち運びにも便利なポーチセットと、グリッター入り練り香水が新登場!10月より販売がスタートする。
ちょっと小さなサイズ感の、オトナ女子向けブランド「プリュベル」は『かわいい、素敵な女性』という意味を込めて生まれた、オトナ女子向けのブランド。繊細かつ華やかなデザインと女性らしい香りが、女性の魅力をより引き立たせてくれる。
同ブランドは、これまでにハンドクリームやスティックタイプの香りミストなどを展開。外出先やオフィスなどでも気軽に使いやすい、ちょっと小さなサイズ感もオトナ女子におすすめのポイントだ。
毎日使えるハンドケアセット
今回発売の「プリュベル ポーチセット」¥1,320(税込)は、「プリュベル」の“小さくて可愛い”をそのまま持ち歩けるポーチセット。
プチギフトとしても人気のネイルオイルとハンドクリームが、ポーチ付きのセットになっており、外出先でも気軽にハンドケアを楽しめるのが嬉しい。ネイルオイル、ハンドクリームは保湿成分配合で、優しく手指にうるおいを与える。
プライベートにはもちろんオフィスでも使いやすい、さりげなく甘過ぎない香り立ちも魅力のひとつだ。
小物をまとめて入れるのにぴったり
な……

ピアニストが曲名を推理「音楽の香水」ってどんな香り? クラシックを聞かせ育てる米も…“音楽の街”浜松の挑戦

2021/09/13 06:00
楽器産業が盛んな音楽の街・静岡県浜松市でいま、音楽に関連したユニークな取り組みが進められている。気候の変化やコロナ禍など、逆境に負けない企業のアイデアを取材した。
農作物に音楽をきかせて栄養価もアップ!?原崎瞳記者:
浜松市西区の水田に来ています。どこからかクラッシック音楽が聞こえるんですが…あっ、ドローンが稲穂の上を飛んでいます
水田の上をゆっくり飛んでいくドローン。一体なにをしているのだろうか?
水田を飛ぶドローンから聞こえてくるのはモーツァルトこの記事の画像(13枚)じゅんちゃんファーム・宮本純さん:
「音響栽培」を展開している田んぼになります
農家の宮本さんが始めた「音響栽培」。災害時の広報無線などで利用されるスピーカーの付いたドローンから、約13ヘクタールの水田に向けてモーツァルトの音楽を流している。
じゅんちゃんファーム・宮本純さん:
私、実は3年前にド素人で農業をはじめまして
「音響栽培」を始めたじゅんちゃんファームの宮本純さん宮本さんは3年前に勤めていた運送会社を辞めて脱サラし、父親の水田を継ぐかたちで農業を始めた。しかし、2020年はコメが大不作に。
浜松が国内最高気温の41.1℃を記録した猛暑による品質の悪化や、害虫の記録的な大発生に見舞われた影響だった。
じゅんちゃんファーム……