ジュンが緑に囲まれた ビオトープ福岡 を…|GW10連休 家庭菜園の需要喚起 ホーム…|気が付きゃもう10連休!ペットや植木放っ…|他 (4/26 ガーデニングニュース)

ジュンが緑に囲まれた「ビオトープ福岡」を公開

2019/04/25 20:00
 ジュンは25日、福岡市に26日オープンする大型路面店「ビオトープ福岡(BIOTOP FUKUOKA)」を関係者に公開した。複合セレクトショップ業態であるビオトープは東京・白金台、大阪・南堀江に続く3店舗目。九州初となる同店は繁華街ではなく、地元市民のオアシスである広大な大濠公園と護国神社に隣接する。都会の喧騒から離れた環境の中で、ファッション、飲食、植栽などの多彩なコンテンツを提供する。
 レストランだった3層の建物を改装・増築した438平方メートルの店舗は、ガラス窓に囲まれており、どのフロアも大濠公園の緑を借景とした開放感ある空間になっている。ジュンの「サタデーズ ニューヨークシティ(SATURDAYS NEW YORK CITY)」代官山店などを担当した建築家の大堀伸氏が設計した。
 1階のカフェ&レストランは料理家の渡辺康啓氏が監修。イタリアンをベースにした料理は九州の地元野食材をふんだんに使う。カフェは静岡県沼津市の紅茶会社のテテリアと協業したオリジナルブレンドティや、季節の果物を贅沢に使ったパフェが目玉。ドリンクはテイクアウトもできる。
 2階のファッション&ライフスタイルは、ジュングループの「ソフ(SOPH.)」のデザイナーで、福岡にも拠点を持つ清永浩文氏がアドバイザーとして携わった。国内外のハイブランドや新進気鋭のブランド、生活……

GW10連休、家庭菜園の需要喚起 ホームセンターなど

2019/04/25 20:00
27日から10連休になるゴールデンウイーク(GW)を控え、家庭菜園の需要を取り込もうとする動きが新潟県内で活発化してきた。ホームセンターや農機具メーカーは相次ぎ新商品を投入した。家庭菜園は郊外やシニア層が中心だが、手軽に取り組める新商品をアピールすることで都市部や若者層の需要も掘り起こそうとしている。
ひらせいホームセンター(新潟市)はこのほど、初心者向け通販サイト「Ikusei(イクセイ)」で…

気が付きゃもう10連休!ペットや植木放っておけない

2019/04/25 17:09
 史上初の10連休が目前に迫ってきたが、旅行に行く人、そして自宅で過ごす人の間で今、意外なものが人気となっている。
 あれよあれよという間に27日はもう10連休のスタート。明治安田生命が今月に行ったインターネット上の調査によると、10連休に使う平均予算は4万7249円。去年より予算を増やすと回答した人も3割ほどいて、こうした人たちの平均予算はさらに2万円以上高い。
 そんなこんなで連休を控えて大にぎわいなのが「ペットホテル&スパ HaruとMana」。去年のゴールデンウィークの稼働率は9割だったそうだが、今年入っている予約はそれを上回っている。そこで店側が繰り出したのはこんな奥の手だ。
 ドッグトレーナー・白石成美さん:「2つあるスイートルームのうちの1部屋をクレート(移動用ケージ)をいくつか置いて、何匹かのワンちゃんが寝られるように特別に設定している」
 長期間の留守といえば「水やり」も気になるところ。東急ハンズのガーデニング用品を扱う売り場では、留守の間に水やりをしてくれる商品がよく売れている。土に混ぜて使う粒状のものやペットボトルを利用したグッズなどなど。店側によると、去年に比べて10%から40%多く売れているという。もう一つ、言われてみればなるほどなのが「ごみ袋」。消臭成分をごみ袋に練り込んでいて、悪臭をキャッチして科学的に臭いを……

意外? 家事やガーデニングなどの身体活動でも脳の老化が抑制できる

2019/04/25 16:30
<ボストン大学の研究チームは「低強度のものであっても、身体活動を増やすと、脳構造の維持につながる」との研究論文を発表した>
健康な心身を維持するためには、日常的に身体活動を増やすことが有効だといわれている。ジョギングやウォーキング、トレーニングといった体力の維持・向上を目的とする運動はもとより、掃除や洗濯、庭の草木の手入れ、階段の上り下りなど、日頃何気なく行っている低強度の身体活動でさえも、脳の老化防止に寄与する可能性があるようだ。
1日1万歩以上歩くと、脳の老化が約1.75年分抑制される米ボストン大学のニコル・スパルターノ博士らの研究チームは、低強度の身体活動と脳容量との関連についての研究成果をまとめ、2019年4月19日、米国医師会(AMA)のオープンアクセスジャーナル「ガーディアンにおいて「この研究結果は『低強度の身体活動がとりわけ脳に重要である可能性がある』ことを示したにすぎず、健康に年を重ねるうえで、中強度以上の身体活動の重要性を軽視するものではない」と強調し、「積極的な運動は高齢者の長寿やQOL(生活の質)の向上に役立つ」とも説いている。
低強度の身体活動が健康に寄与することは、他の研究機関などでも明らかになっている。米国の2018年版身体活動ガイドライン諮問委員会の健康づくりのための身体活動基準2013」において、身体活動を現状よ……

ガーデニングの花として人気 マリーゴールドの出荷最盛期 三重・紀北町

2019/04/25 12:00
三重県紀北町では、マリーゴールドの出荷が最盛期を迎えています。
 マリーゴールドは、メキシコ原産のキク科の植物で、春から秋にかけ鮮やかなオレンジや黄色の花を咲かすガーデニングの花として、人気があります。
 紀北町古里の「かきうち園芸」では、3種類のマリーゴールドが栽培されています。
 梅雨を前に植え替えをする人が多いことから、この時期に需要が高まるということで、農園の人は花の大きさや、色づき具合を確認しながら出荷作業に追われていました。
 出荷作業は6月上旬まで続き、地元のホームセンターや愛知県の市場に出荷されるということです。

調布・欧風庭園で「ゴールデンウィーク音楽フェア」 日替わりコンサート

2019/04/25 09:45
 5日は、アイリッシュハープ奏者の渡邊真位さんとバイオリン奏者の竹内章人さんによる共演。6日は、フルート奏者の玉村三幸さんを中心とした「T-Share(ティーシェア)」が奏でるフルートとピアノの演奏(各日11時~・13時30分~、27日のみ13時~)。
 27日~29日は、見頃を迎えた花を専属ガーデナーが案内する「無料のガーデン見学ツアー」を開催する(先着15人、13時)。5月5日は、同園でも収録するテレビ番組「趣味の園芸」(NHK)出演者の河合伸志さん(横浜イングリッシュガーデン スーパーバイザー)が「デモンストレーション&トークショー」を行う(11時~12時、定員30人・事前予約者優先、参加料は事前予約者500円・当日申し込み者800円・入園料必要)。
サラブレッドよりも小柄なクオーターホース「マリヤ」に乗って、園内を歩く乗馬体験もできる(4月27日・28日・5月1日・2日・4日・5日・6月1日・2日、10時~12時・13時~16時30分、大人800円・小人500円・入園料必要)。
 同園担当者は「ガーデンにはさまざまな春の花が咲き、バラも開花し始めた。大型連休には毎日違うコンサートを催すので、きれいな花を見ながら音楽も楽しんでいただければ」と、家族や友人など誘い合わせての来場を呼び掛けている。
 開園時間は10時~17時30分(……

懐かしいもちトウモロコシを育ててみよう (2019年4月25日)

2019/04/25 08:18
どこか懐かしい甘みともっちりした食感のもちトウモロコシ。最近、もちトウモロコシの販売を始めた大和農園の金井利之さんにお話を聞きました。
「もちトウモロコシは昔日本で栽培されていた懐かしい味。今でもアジアではよく食べられており、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで外国の方が多く訪れるのに合わせ、発売しました。独特のもちもちした食感があり、スイート種とは違う控えめな甘さは、今の時代では逆に新鮮。ちょっと変わったものを育ててみたい方に、おすすめです」。
また、トウモロコシ栽培のポイントは交雑を防ぐことだと恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんはアドバイスします。
「トウモロコシは、ほかの品種と非常に交雑しやすい野菜です。トウモロコシはタネを食べる野菜なので、交雑すると、実の質にダイレクトに反映、品種特有のおいしさが損なわれる原因に。特にもちトウモロコシやポップコーンは、自分の作物だけでなく、スイートコーンを栽培している近隣の農家や栽培家にも影響を及ぼす心配があります。それを防ぐためには、1品種に絞って育てることが大切。花粉が飛ぶ範囲(100~200m)内にスイートコーンを栽培していないか注意し、受粉を終えた雄花(おばな)はすぐに切り取りましょう。もちトウモロコシとポップコーン、またはスイートコーンを一緒に育てたい場合……

【船橋市長会見抄録】市独自の地震防災戦略を策定

2019/04/25 07:06
 【地震防災戦略】
 松戸徹市長「平成23年の東日本大震災以降も大規模地震が頻発(ひんぱつ)している。船橋市は震災時の被害をより一層軽減するための減災目標と、目標達成に向けた取り組みをまとめた地震防災戦略を市独自で策定した。最新の調査研究に基づき、防災アセスメント調査を見直した結果、県北西部直下地震(マグニチュード7・3)が発生した場合、市内では死者数790人、直接経済被害額2兆2340億円が予測される。今回の戦略では今後10年間で死者数と直接経済被害額をおおむね半減させることを目標としている。達成するための施策として(1)予防対策による減災(2)応急対策による減災(3)復旧・復興対策による減災-の3つの基本目標を設定した。戦略の推進にあたっては、行政だけでなく、市民や事業者の取り組みも含めた自助・共助・公助の連携を欠かすことができない。市民、地域、事業者の取り組みを支援しながら、減災対策を進めていく」
 【グルメガイド】
 「市は観光を通してまちの活性化を図るため、『ふなばしグルメガイド』と、外国人向けに市内の観光スポットを掲載したパンフレット『Funabashi GUIDE MAP』を発行した。グルメガイドは地元の食材を使っている店や船橋ゆかりの有名人がすすめる店など飲食店92店舗を掲載。船橋、西船橋、津田沼などの駅から徒歩圏内で行ける店を……

常盤台地区 庭の手入れボラ本格稼働 独居高齢者宅など対象に

2019/04/25 02:31
 常盤台地区で2017年に立ち上がった庭の手入れボランティア「ありが隊」が今春から本格的に稼働を開始した。20人ほどの地域住民有志が隊員となり独居の高齢者宅などで草刈りや庭木の剪定などに汗を流している。
 気温が高くなりはじめた4月上旬、常盤台の丘の上に建つ1軒の住宅に農機具を手にした男性5人が集まった。5人が向かったのは雑草が生い茂った庭だ。
 家主の鈴木成さんは87歳。戦後間もない1950年からこの地で暮らしている。庭には鉢植えや家庭菜園があったと言うが、ご主人が他界して以降、ここ数年は自身の体調の問題もあり庭に手を入れられずに困っていたという。民生委員から紹介されたのが住民有志で組織する庭の手入れ有償ボランティア「ありが隊」だった。
 メンバーは手際よく作業を進め、1時間ほどで生い茂った雑草を除去。「自分の家の庭だから、本来は自分で手入れしなければいけないのだけど、本当にありがたい」。鈴木さんは作業を見守りながら手を合わせた。
すでに多くの出動要請
 同地区では横浜国立大学と協働で地域課題解決へ向けたワークショップを定期的に開催。これまで防災マップや支え合いマップなどを作り上げてきた。
 16年度にテーマとしたのが「町の人材バンク」。地域の困りごとに関するアンケート調査の結果、介護保険が適用できない庭の手入れに需要がある……