老後は 田舎 と 都会 どちらに住むか 出費が多いの…|プロが教える家庭菜園のコツ シリーズ VOL 5 …|はじめよう家庭菜園 ベランダでハーブ栽培 セルトレ…|他

老後は「田舎」と「都会」どちらに住むか 出費が多いのは実は…

2019/05/23 15:00
 老後の生活において、「都会暮らし」か「田舎暮らし」か、どちらを選ぶかで大きな差が出てくる。都会で忙しく過ごしてきた人は、夫の退職金を利用して、気候がよく、広い家でのんびりと田舎暮らしをしたいと考える人もいる。だが、何も考えずに田舎暮らしを始めると痛い目にあう。64才主婦・金井さん(仮名)が話す。
「都心にアクセスのよいベッドタウンで、建て売りの小さな一戸建てに住んでいました。子供2人も独立し、夫が定年退職したのを機に、田舎の広い家に移り、趣味の園芸を楽しみながらゆっくり暮らしたいと考えました。そして2年前、家を売ったお金で、思い切って神奈川の湘南に家を購入。海の見える街で、地価が安い分、これまでより広い家で、憧れの田舎暮らしを始めました。
 でも、引っ越してすぐに夫ががんを患い、現在は病院と自宅を行ったり来たりする生活を送っています。自宅からバス停や駅までは歩いて35分、運行本数も限られるうえ、車の免許も持っていないため、病院に通うのに往復2時間かかります。スーパーに行くにも40分はかかります。頻繁にタクシーを使うわけにもいきません。今では考えが甘かったと、後悔しています」
 憧れの田舎暮らしのはずが、まさかこんな事態になろうとは…。実際のところ、「田舎」と「都会」、どちらで暮らすのがよいのか。介護ジャーナリストでオールアバウトガイドの小山朝……

『プロが教える家庭菜園のコツ』シリーズ《VOL 5》 ~キュウリ栽培のポイント~:紀伊民報AGARA

2019/05/23 14:00
2019年5月23日
タキイ種苗株式会社
『プロが教える家庭菜園のコツ』シリーズ《VOL 5》
まだ間に合う!6月から始めるプランタ-菜園
~キュウリ栽培のポイント~
暑い夏を目前に“おてがる菜園”はじめませんか
 タキイ種苗(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、プランターで野菜を育てる“おてがる菜園”のポイントを紹介し、自分で野菜を育ててみたい皆さんを応援します!
 新緑の季節を迎え、草木の生長が勢いを増す6月。今年も猛暑が予想される夏を目前に、ベランダなどでも手軽に栽培出来るキュウリのプランタ-菜園を始めてみるのはいかがでしょうか? キュウリはみずみずしくパリッとした歯ごたえと独特の風味が魅力です。また、果菜類の中でも苗を植えてから栽培期間が60日ほどと短く、初心者の方でも作りやすいので、家庭菜園でも人気です。今回は6月からでも間に合うキュウリのプランタ-栽培のポイントをお伝えいたします。
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226659-O18-A0DPuowr 】
【画像: https://kyodonewsprwire.jp/img/201905226659-O2-ph7TW63R 】 
【画像: https://kyodonew……

<はじめよう家庭菜園>ベランダでハーブ栽培 セルトレイで手軽に

2019/05/23 08:59
 ハーブ類の種まきは四〜五月中が望ましいが、スイートバジルやルッコラ、ペパーミント、ディルは六月でもいい。セルトレイは細かく仕切られているので、一度に数種類のハーブを栽培できる=同<4>、左からパクチー、スイートバジル、クレソン。種をまくのは同じ時期でいい。少量ずつさまざまな味や香りを楽しめる。

ベランダでハーブ栽培 セルトレイで手軽に:暮らし

2019/05/23 05:03
 ハーブ類の種まきは四〜五月中が望ましいが、スイートバジルやルッコラ、ペパーミント、ディルは六月でもいい。セルトレイは細かく仕切られているので、一度に数種類のハーブを栽培できる=同<4>、左からパクチー、スイートバジル、クレソン。種をまくのは同じ時期でいい。少量ずつさまざまな味や香りを楽しめる。