親の遺品整理 悪徳業者に騙されるな 高値で売れる意外なモノは?|無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応(日刊ゲンダイDIGIT…

親の遺品整理、悪徳業者に騙されるな。高値で売れる意外なモノは?

2019/07/06 15:54
 必死に働いて築いた親世代の資産。総務省データによれば70歳以上の人の平均貯蓄額は2249万円に上り、その多くはいずれ子供や孫に相続されることになるだろう。親が亡くなってから行う重要な作業のひとつが遺品整理だ。価値を知らずに処分したり、悪徳整理業者に買い叩かれたりすることを防ぐためにも、最低限の知識は持っておきたい。
◆思わぬお宝が潜む! 遺品整理はココを見ろ
 遺品整理士認定協会理事長の木村榮治氏に、見極めるコツを聞いた。
「食器棚や箪笥、ベッドといった家財道具は、あまり値段がつかないうえ、処分するのにもお金がかかります。パソコンも次々に新機種が出るので、部品にバラしてジャンク品扱いにできる程度。また、農家や家庭菜園をやっている場合は、業務用の農薬にも特別な処理費用がかかるので注意が必要です」
 では、気になる価値の高い遺品はというと……。
「最近ではお酒ですね。製造が終了した国産ウイスキーは3万円ほどになります。外国人の間での人気が高く、海外ではさらに高値で売れるので、一本数十万円になる可能性もあります。オークションサイトなどに出品してみるのもいいかも」
 家電のなかでは、液晶テレビは製造5年以内のものであれば5万円ほどの値段になるそう。
「洗濯機も価値が落ちにくいです。時期によって値段が変動するのは、エアコンや扇風……

無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応(日刊ゲンダイDIGITAL)

2019/07/06 10:36
【もぎたて海外仰天ニュース】
 本人いわく「ゲリラ・ガーデニング」。公共の場所にこっそり花などを植えていた男性。それに気付いた市職員……その後の粋な対応に、注目が集まっている。
 米ニュースサイト「サニースカイズ」(7月2日付)などによると、カリフォルニア州サンタローザに住むポール・ミラーさんは数年前、ある駐車場の一角にあった三角形の土地に目を留めた。雑草が抜かれ、土が露出していた。
 ポールさんはそこに、ミニトマトとコスモスの種をこっそりまいた。そして毎日、近くのビルからバケツで運んだ水をやっていた。
 しばらくしてミニトマトが実をつけると、ホームレスの人などがそれを摘み、食べていた。ポールさんはその光景を見て心を和ませていた。
 ポールさんは昨年、花などを植えた「ゲリラ花壇」に小鳥の水浴び用水盤や、コンクリートの球などのガーデニング用装飾品などを設置。さらに、駐車場と歩道の間のスペースにもヒマワリを植えるなど、ゲリラ活動の“作戦領域”を拡大していった。
 そんなある日。
 ポールさんはサンタローザ市職員から突然、「そこで何をしているんですか?」と尋ねられた。
 ポールさんは当時をこう振り返る。
「私はこれらすべてのことを秘密裏に、市当局の許可なくやっていたので、ちょっとビクビクしながら彼にこう事情を説明し……