ライトアンドラダー のサステイナブルなオブジェ&プ…|都市にいながら野原に横たわる心地よさを感じられるホ…|ペットボトルにつけるだけ! 高圧洗浄機に変身させるス…|他

〈ライトアンドラダー〉のサステイナブルなオブジェ&プランター。

2019/08/06 18:56
〈LG〉の4Kプロジェクターで、自由を楽しむ。PR
妹島和世による、瀬戸内〈犬島 くらしの植物園〉へ。PR
クスノキの大木を背に佇む、築200年の古民家。PR
谷尻誠|非日常感を楽しむ、ホテル滞在の極意。PR
建築家・藤本壮介、BMW i3で直島を体感。PR

【都市にいながら野原に横たわる心地よさを感じられるホテル】Hotel Noum OSAKA グランドオープン

2019/08/06 15:40
大阪・天満橋駅徒歩6分!大川沿いに位置する全50室のコンセプトホテル
株式会社Backpackers’ Japan(本社:東京都台東区、代表取締役:本間 貴裕)の子会社である株式会社Noum(本社:東京都台東区、代表取締役:宮嶌 智子)(以下、「Noum」)は、当社のブランドミッションである「都市に野を生む」を具現化するホテルブランド「Hotel Noum(ノウム)」の第1号ホテルとして「Hotel Noum OSAKA」を2019年7月28日(日)大阪市北区天満に開業いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/46096/1/resize/d46096-1-643601-0.jpg ]
カーテンから通り抜ける風、たっぷり射し込む朝の光、窓の先に広がる青い空…
Hotel Noum は、都市にいながらまるで野原に横たわっているかのような心地よさを感じるホテルを目指しています。
大阪「天満橋」駅徒歩6分に位置するHotel Noum OSAKAは、大阪市内中心部へのアクセスが良好なことに加え、目の前には広々とした公園と河川を望み、豊かな自然を楽しめる場所に所在しています。その恵まれたロケーションを生かし、公園の樹木、屋上テラスや建物を囲む植栽、客室内にひとつずつ設えた観葉植物など、ホテルで過ごす時間の随所で「……

ペットボトルにつけるだけ! 高圧洗浄機に変身させるスプレーノズル

2019/08/06 11:45
ライフハッカー[日本版]からの転載
お風呂のドアの溝や窓ガラスの隙間など、気になる汚れはたくさん。雑巾やブラシを使ってみるも、汚れに届かず苦労していませんか?
こちらは富士商 (Fujisho)の「ペットボトル専用加圧式スプレーノズル」。水を入れたペットボトルに取り付けて使えば、隙間掃除がはかどりますよ。
噴射はミストとジェットで切り替えられるImage: Amazon.co.jpノズルを取り付けてポンプで加圧するだけで、ペットボトルが強力なスプレーに変身。噴射はミスト状とジェット状の2種類から選べます。
こびりついてなかなか取れない汚れはジェットを使えば、窓枠やドアの溝も掃除が楽になるんです。
また、観葉植物に水をあげるときはミストにするとよさそう。ミストとジェットの二刀流なら、室内掃除も庭のお手入れにも使えますね。
水に洗剤を混ぜても使えるImage: Amazon.co.jp水を入れるだけでなく、洗剤を混ぜると、より洗浄力があがると思います。油汚れがこびりついた換気扇や、車の洗浄などにも使えそうです。
2Lのペットボトルを使うのがおすすめImage: Amazon.co.jp500mlのペットボトルから使用可能ですが、2Lなど大きいペットボトルのほうが圧が高くなるとか。
執筆現在、Amazonの園芸用霧吹きラ……

【茨城新聞】家庭菜園のナス 「昇り竜」の形に

2019/08/06 06:05
竜に似た形のナス(右)とタツノオトシゴに似たナス(左)=潮来市辻 潮来市辻の宮内一行さん(74)方の家庭菜園で変わった形のナスが収穫され、家族や親戚の間で「昇り竜みたい」と話題になっている。
竜の形のナスは1日、宮内さんの長女・高尾智代さん(45)が実家の家庭菜園になっているのを発見した。長ナスが、らせんを描いて空へ昇る竜のような形に育っており、へたの部分は竜のたてがみをイメージさせる。ナスの近くに障害物などはなく、智代さんは「どうしてこんな形になったのか不思議」と話した。同時に収穫されたナスにはタツノオトシゴに似た形のものもあった。
ナスはお盆に向けて仏壇に飾る予定。宮内さんの妻・芳子さん(71)は、「普通、ナスは牛に見立てて『(ご先祖様たちに)ゆっくりお帰りください』という意味になるが、今年は竜に乗って早く来てもらいたい。このナスは中々食べられない」と笑っていた。
竜に似た形のナス(右)とタツノオトシゴに似たナス(左)=潮来市辻

家庭菜園のナス 「昇り竜」の形に 潮来の宮内さん

2019/08/06 06:00
潮来市辻の宮内一行さん(74)方の家庭菜園で変わった形のナスが収穫され、家族や親戚の間で「昇り竜みたい」と話題になっている。竜の形のナスは1日、宮内さんの長女・高尾智代さん(45)が実家の家庭菜園 ...

送風、濡らす、ドライアイス…あの手この手で作業服を涼しく!

2019/08/06 06:00
 酷暑作業中の熱中症対策として、作業着の内側にファンで風を送り込む「空調機能付き作業着」の需要が伸びている。ミドリ安全(東京都渋谷区)は自社の通販サイト「ミドリ安全.com」を通じ、既存の作業着に後付け可能なベルト装着型送風機「ファンベルデ」を発売した。
 腰ベルトにファンを装着し、上から作業着を着る仕組み。「専用の作業着を新たに発注する必要がなく、普段使う作業着に手軽に空調機能を付加できる」(Eコマース推進部)のが最大の長所だ。
 ファンとバッテリーの合計重量は450グラム。風量は強、標準、中、弱の4段階あり、1回の充電で最長10時間の運転が可能だ。
 ファン本体やバッテリー、充電用電源コードのほか、送風口を衣服でふさがないようにするためのスペーサーがセットとなり、価格は消費税込みで1万800円。屋外の建設作業や設備保守などの業務用途に加え、家庭のガーデニングなどでの利用も想定している。
日刊工業新聞2018年9月3日
ドライアイス冷気活用