連日出没したクマを駆除した札幌市に意見殺到 多くが批…|発芽に必要な三要素とは?|エントランスに飾るグリーンを使ったオブジェも|他

連日出没したクマを駆除した札幌市に意見殺到 多くが批判的内容

2019/08/16 15:08
住宅街に連日出没したクマを駆除した札幌市に対し、道内外から300件以上の意見が寄せられている。多くが、クマを駆除した対応に対し批判的な内容だという。NHKニュースが報じた。
札幌市南区の住宅街では3日から連日クマが出没し、家庭菜園を荒らす被害も出ていたことから、市は猟友会に依頼して、14日にクマを猟銃で駆除した。
寄せられた意見の多くは「なぜクマを駆除したのか」「麻酔で眠らせて山に返すことはできなかったのか」といった内容だという。一方、クマが出没した地域に住む人からは「もっと早く駆除することはできなかったのか」といった意見も寄せられていて、対応への賛否が分かれている。
市は「クマが人に慣れてきて住民が襲われる危険があった。麻酔では効果が出るまでの間、興奮して暴れてけが人がでるおそれもあり、駆除の判断をした。今後、電気柵を設置するなどクマを駆除しなくてもいいような対策を進める」としている。
・“クマ駆除”に意見300件以上 多くが批判的内容(NHKニュース)

発芽に必要な三要素とは?

2019/08/16 08:00
タネをまく前に、基本を押さえておきましょう。タネのことがわかればタネまきが楽しくなり、発芽がもっと待ち遠しくなります。恵泉女学園大学人間社会学部教授の藤田 智(ふじた・さとし)さんに、発芽する条件について教えてもらいました。
* * *
タネが発芽するためには、適当な水分と温度、酸素が必要です。これを「発芽の三要素」と呼び、どれか1つ欠けても発芽には至りません。まいたタネが水を吸収することで発芽のスイッチが入り、野菜に合った温度と酸素があれば、自然に発芽します。また、タネのなかには光を必要とする「好光性種子」もあります。
■発芽する温度は野菜ごとに違う 発芽適温
発芽に適した温度は、野菜ごとにさまざま。一般的に、トマトやナスなどの夏野菜は発芽温度が高く、寒さに強いホウレンソウやハクサイなどの秋冬野菜は低めです。「発芽適温15~25℃」という表示の場合、1日の気温がこの間に収まっている時期にタネをまきます。
■発芽に光がいる? いらない? 好光性種子、嫌光性種子
野菜によっては、光も発芽に関係します。タネに光が当たるほうが発芽が促進されるタネ(好光性種子)と、反対に、光が当たると発芽が阻害されるタネ(嫌光性種子)があります。タネにかける土の厚さは、好光性種子はごく薄く、嫌光性種子はタネが隠れるくらいしっかり土をかけます。
……

エントランスに飾るグリーンを使ったオブジェも

2019/08/16 07:08
観葉植物のショールーム「HANA NIGHT グリーン ショールーム」(大阪市中央区瓦町3、TEL 06-6203-8212)が8月1日、大阪・本町にオープンした。

大阪本町に観葉植物のショールーム 法人向け月額レンタルや販売も

2019/08/16 07:03
 観葉植物は販売だけでなく、法人向けに月額制のレンタルプラン(1,000円~)を用意する。近隣エリアの企業には通常価格より安い「ご近所さま限定プラン」(500円~)も提供する。部長の猪股美紀さんは「オフィス街にあるので、近隣企業の方が実物を直接見て選べ、メンテナンスにもすぐ駆け付けられるのが強み」と話す。
販売は、個人客にも対応する。猪股さんによると、近隣タワーマンションの住民が通り掛かりに購入することも多いという。
 観葉植物以外に、ギフト用コチョウランや神棚に生けるサカキの販売、生花の月額リースサービスの注文も受け付ける。
 猪股さんは「自社農園で生産から販売まで一括してできるので、リーズナブルな価格で提供できる。今後は当店を拠点に、壁面緑化やグリーンを使ったオブジェなども含め、オフィスや家庭へ総合的にグリーンを提案していきたい」と意気込む。
 営業時間は10時~18時。土曜・日曜・祝日定休。

店内で販売する観葉植物

2019/08/16 06:55
観葉植物のショールーム「HANA NIGHT グリーン ショールーム」(大阪市中央区瓦町3、TEL 06-6203-8212)が8月1日、大阪・本町にオープンした。

「HANA NIGHT グリーン ショールーム」店内の様子

2019/08/16 06:54
観葉植物のショールーム「HANA NIGHT グリーン ショールーム」(大阪市中央区瓦町3、TEL 06-6203-8212)が8月1日、大阪・本町にオープンした。