昔から愛されてきたSEIKOの船舶時計は可愛いだけじ…|ワナにかかったクマを駆除…北海道北広島市 出没続く”…|北広島で雄のヒグマ駆除 家庭菜園出没の個体か|他

昔から愛されてきたSEIKOの船舶時計は可愛いだけじゃないんです。

2019/09/05 22:30
壁掛け時計の中では小ぶりなサイズなので、圧迫感を感じません。
しかしながら、スチールとガラスの作りはしっかりした重みがあって、安心感があります。
ちなみに、我が家では壁に固定するのではなく、棚に立てかけています。
壁掛け時計って目立ち過ぎている気がしていたんですが、立てかけることで部屋全体もスッキリしました。
また、薄緑の塗装は観葉植物と相性が良く、時間を見る時に植物の様子も見れるのが気に入っています。
読み取りやすい文字盤
小ぶりだけど、「SEIKO」ロゴや「QUARTZ」の文字とマッチした字体の文字盤は視認性も良好です。
針はクオーツ式なので静かにスーッと動きます。
いまはモノが溢れている時代ですが、だからこそ、身の回りに置くものは長く愛用できるものを選びたいところ。
納得のいくものに出会えたら、そこから先何年間も自分の暮らしを豊かにしてくれるんですから。
これからも、隣にどんな観葉植物を並べるようかなとか考えながら、時間をともに過ごしていきたいものです。

ワナにかかったクマを駆除…北海道北広島市 出没続く”問題個体”か?

2019/09/05 19:02
ことし6月から北広島市や江別市でクマの目撃や食害が相次いでいましたが、5日北広島市内で箱ワナで捕獲されたクマ1頭が駆除されました。
ことし6月に江別市撮影されたクマ。このクマが駆除されたとみられています。北広島市によると5日正午ごろ、北広島市西の里に設置された箱ワナに体長1・5メートル体重90キロのオスのクマ1頭が捕獲されているのをみつけ、猟友会が駆除しました。北広島市や江別市では6月以降、野幌森林公園周辺でクマの目撃や食害が相次いでいますが、北広島市では駆除されたクマが食害にあった家庭菜園の周辺で、江別市とも隣接する地区であることから、目撃されてきたクマと同じ個体とみています。

北広島で雄のヒグマ駆除 家庭菜園出没の個体か

2019/09/05 18:35
 【北広島】5日正午ごろ、市内西の里地区のヒグマ捕獲用の箱わなに雄のクマ1頭が入っているのを巡回中の市職員が見つけ、地元猟友会のハンターが駆除した。市は8月中旬以降、北広島、江別両 ...

華やかなお庭に変身!ニトリのおすすめガーデンアイテム

2019/09/05 18:00
お部屋を自分好みに変身させたら、次はお庭のコーディネイトにもチャレンジしてみませんか?豊富なデザインで人気のインテリアショップニトリには、魅力的で取り入れやすいガーデンアイテムがいっぱい。今回は、ユーザーさんが愛用しているニトリのガーデンアイテムと共に、おしゃれなお庭をご紹介します。
『オーナメント』でオリジナリティ溢れるお庭に♪「ガーデニングってどんなことをしたらいいんだろう?」まずは、お部屋を小物で飾るときのように、オーナメントをお庭に飾ってみてはいかがでしょうか。可愛らしいニトリのオーナメントで、オリジナリティあふれるガーデニングを楽しんでいるユーザーさんをご紹介いたします。
■こぶたのオーナメントで愛らしさアップ!

【植物のアップサイクル】創業100周年の老舗植物店が新提案!9月12日より、企画展示販売会を開催。

2019/09/05 17:40
[東京生花株式会社] ものを大事にする日本人の心が生む伝統の修繕技法をほどこした、観葉植物を商品化!

簡単DIY! ベランダで多肉を飾る専用棚をつくってみよう

2019/09/05 08:00
多肉植物をベランダで楽しむために、DIYで専用の棚をつくってみませんか? ガーデナーの有福 創(ありふく・はじめ)さんが、シンプルでスタイリッシュ、そして多肉植物を飾るのに最適な棚のつくり方を教えてくれました。
* * *
きちんと準備をすれば、誰でもすてきにつくれる棚です。ぜひ、トライしてみてください!
■多肉用ベランダ棚のオススメポイント
ポイント1 小さな棚でレイアウト自在!
動かすことができる小さな棚を、天板の上に。鉢を前後に飾れば、デッドスペースも生まれません。自宅にある適当な台をのせてもいいでしょう。
ポイント2 ツーバイ材なら本当に手軽!
今回使用した主な木材は、ツーバイ材といわれるもの。「2インチ×●インチ」という規定のサイズ展開をしている木材なので、接合したときに段差ができにくく、初心者でもきれいに仕上げることができます。
ポイント3 側面に小さな鉢用の網を!
小さな鉢でたくさんの多肉植物をコレクションしている人用に、側面にも飾れるスペースをつくりました。棚を置く位置によって、網を設置する側面を変えてもいいでしょう。
※テキストでは、写真入りで詳しくつくり方を紹介しています。
■『NHK趣味の園芸』2019年9月号より