札幌に出没のヒグマについて議論…札幌市で対策会議|サントリーフラワーズ(株)2020年春・夏シーズン …|ヨーロッパ人が考えた 遊べる&使える スマートガジェ…|他

札幌に出没のヒグマについて議論…札幌市で対策会議

2019/10/09 19:14
8月に札幌市南区の住宅街に相次いで出没したクマが駆除されたことを受けて、札幌市が今後の対策を検討する会議を開きました。
札幌市南区ではことし8月にメスのヒグマが11日間にわたって住宅街に出没してその後、山の中で駆除されました。札幌市の対策会議では駆除されたクマがDNA鑑定の結果8年前から周辺で行動していたことが報告されました。専門家からは家庭菜園や公共施設への電気柵設置の普及や札幌周辺のヒグマの行動を予測するための研究が必要との意見が出されました。市ではこれらの意見を来年度以降のヒグマ対策に役立てるということです。

サントリーフラワーズ(株)2020年春・夏シーズン 野菜苗「サントリー 本気野菜」新発売

2019/10/09 17:55
サントリーフラワーズ(株)2020年春・夏シーズン 野菜苗「サントリー 本気野菜」新発売  時事通信

ヨーロッパ人が考えた「遊べる&使える」スマートガジェット

2019/10/09 16:00
今最も熱いエリア「IFA NEXT」は遊び心いっぱい世界最大級のコンシューマーエレクトロニクスとホームアプライアンスの展示会・見本市「IFA」に、3年前の2017年に欧州を中心とした世界のスタートアップやベンチャー企業が集まる特設エリア「IFA NEXT」がオープンした。
エレクトロニクスショー「IFA」に3年前から加わったスタートアップの祭典「IFA NEXT」。IFAには毎年、世界の名だたるエレクトロニクスのブランドがブースを出して、年末商戦の主力になる新しい製品やサービスを一堂に出展する。そのためIFA NEXTには世界のスタートアップやベンチャーが手がけたハードウェアも多く集まるのが特徴だ。
しかも、出展する各社が製品やサービスの試作品、またはモックアップ(模型)を展示するので、それらに触れながら、彼らが形にしようとしているアイデアを具体的に見て・触れることもできる。その評判を聞きつけて、近年は世界各国のトレードビジターもIFA NEXTに多く訪れて熱い商談を繰り広げているのだ。
欧州スタートアップがIFA NEXTに展示する製品の中には、遊び心に富んでいるものが数多くある。IFA2019に出展した欧州のスタートアップ、ベンチャーの個性豊かな展示をピックアップしながら、熱気あふれるIFA NEXTの模様を振り返ってみたいと思う。
……

【多田欣也のガーデニングレッスン】(45)バジルの種を取りましょう

2019/10/09 14:10
 急に涼しくなりましたね。夜が明ける時間が遅くなり、夕方暗くなるのが早くなりました。庭で作業していると焦ってきますね? お日さまに追い立てられているようです。夏を越して今も元気に咲いている花たちはこの夜と昼の寒暖差のおかげなのか、花色が鮮やかになり美しさを増しています。もう1カ月もすると、霜の知らせが届いてきます。寒さの苦手な花やハーブは注意が必要です。ずーっと外に出していた植物は少しずつ涼しさにも慣れてきているので多少の冷気には強いですが、暖かい地方原産の植物は気を付けましょう。
 夏中頑張ってたくさんの香りのよい葉で楽しませてくれたバジルは今までその葉をより多く収穫するために花を咲かせずに、花芽ができたら摘んできました。寒さに弱い一年草、最後ですから花を思いっきり咲かせて種を収穫しましょう。
 花茎がグーンと伸びて、たくさんの花を咲かせ、種ができます。その茎まで茶色になる前が収穫時です。こぼれる前、少し早めに切り取り、大きめの皿に並べて乾燥させます。その種をまくのは霜の心配のなくなった4月過ぎでしょうか。それまで紙の袋に入れて乾燥させて保存します。
 同じような花を咲かせ、葉を鑑賞するハーブではありませんが、同じシソ科のコリウスも寒さに弱いために今のうちに種を付けさせ収穫しておきます。ただしコリウスは品種が多く、近くにいろいろ植えられている……

この秋絶対植えたい! 球根ベスト3

2019/10/09 08:00
球根栽培歴65年の園芸研究家、小森谷 慧(こもりや・さとし)さんが選ぶこの秋イチ押しの秋植え球根をご紹介します。
* * *
■丈夫で育てやすく種類も豊富
11月は、秋植え球根の植えつけ適期。いつもと違う球根にチャレンジしたい人、初めて球根を育てる人におすすめのベスト3は、アリウム、ヒアシンス、スイセン。
いずれもおなじみの秋植え球根ですが、根強い人気の定番品種に加え、より豪華な花形、鮮やかな花色を求めて進化した最新品種から、野趣あふれる原種系、原種まで幅広い種類がそろい、選ぶ楽しみが味わえます。
また、丈夫で育てやすく、庭に植えっぱなしにして毎年楽しめる点も、おすすめする理由の一つ。一度植えつければ、早春の芽出し、春から初夏の花、花後の葉姿、夏の休眠と、自然のサイクルを毎年演出してくれます。
お気に入りの1球を見つけて、さっそく球根を植えてみましょう。
■アリウム
ニンニクやネギの仲間。ネギ坊主に似た花姿と存在感は、初夏の花壇の主役にも。花茎が長い切り花でも人気の大型種から、花茎の短い小型種まで品種が豊富。水はけのよい庭なら植えっぱなしで楽しめる。
■ヒアシンス
暑さに強く寒さにも強い。豊富な花色と強い香りが魅力。ダッチヒアシンスは球根が分球しにくい。フェスティバルシリーズは丈夫で分球しやすく自然にふ……