彩人旬人:自宅で植物栽培 大角宏一さん(81) /三重|訃報|造園やガーデニングのサービスマーケティング戦略分析に…|他

彩人旬人:自宅で植物栽培 大角宏一さん(81) /三重

2019/11/03 14:32
月下美人に愛情注ぐ  たった一晩だけ真っ白な大輪の花を咲かせる月下美人。津市高野尾町の大角宏一さん(81)が育てた月下美人が今年は1株で7輪咲き、その後鮮やかなピンク色の実をつけた。国内の月下美人とブラジルの月下美人を掛け合わせ、近年は毎年のように実をつけることに成功している。大角さんは「温度管理をしっかりして、実をつける丈夫な月下美人を育てていきたい」と愛情を注ぐ。【森田采花】
 岡山県出身。園芸が趣味だった父親の影響もあり、幼少期から植物や動物への関心が強かった。東京農工大に…

【訃報】

2019/11/03 10:15
東京の茶道本山 護国寺住職死去
東京の茶道本山 大本山護国寺第五十三世貫首 岡本永司死去 92歳
東京の茶道本山と称されている東京都文京区 音羽護国寺の住職岡本永司(おかもと えいし)大僧正が10月28日月曜日 午前1時35分都内病院で死去した。
昭和2(1927)年11月8日東京都板橋区に生まれる。旧制豊山学校(現日本大学豊山高等学校・中学校)を卒業後、大正大学文学部に入学、宗教学科に学ぶ。同年4月に板橋区真言宗豊山派長徳寺住職に就任し真言宗豊山派大本山護国寺の院代補佐も務めた。昭和44(1969)年大本山護国寺執事に就任。平成5(1993)年大本山護国寺第五十三世貫首に就任する。令和元年10月28日遷化 世壽92(満91)歳。
主な役職
真言宗豊山派宗機顧問、奈良県 総本山長谷寺の顧問を勤める。日本大学豊山高等学校・中学校同窓会会長を長きにわたり務め、昨年最高顧問となる。その他、東京都仏教連合会会長、文京宗教者懇談会代表世話人、茶道界においては、淡交会東京第一西支部長を務めた。
趣味は園芸・囲碁(六段)・日本伝統文化(茶道・能・歌舞伎)・読書・相撲
本葬儀
令和元年11月29日金曜日13時より大本山護国寺観音堂(東京都文京区大塚5-40-1)にて執り行う。最寄駅は東京メトロ有楽町線(Y11)護国寺駅1番口……

造園やガーデニングのサービスマーケティング戦略分析に2019と予測に2025

2019/11/03 09:37
造園やガーデニングのサービス 2019 市場 調査報告書 は 造園やガーデニングのサービス 市場 に投資しており、事業を拡大したい投資家にとって非常に便利です。直感と経験は常に役立つかもしれませんが、実際の事実はあなたのものです多くの場合、市場のより正確な概要を説明します。この造園やガーデニングのサービス 2019業界レポートは、さまざまな製品タイプ、さまざまな地域と国のアプリケーションを使用することによって、お客様から肯定的なフィードバックを受けています。
2019年CAGRとしての副産物を通じて、2019年市場におけるこの極端なクライアントおよびアプリケーションのようないくつかのセグメントにおけるグローバル造園やガーデニングのサービス市場。
サンプルレポートの要求@ www.precisionreports.co/enquiry/request-sample/10672437
タイプは以下のとおりです。
造園やガーデニングサービス市場造園について空いている土地、建物の外装や内装、またはそのような公園や庭園などの公共スペースを美化する任意の活性を意味します。この美化は(動植物を含む)の機能を改変する、地形及び水域の構造、及び人工照明によって達成することができます。グローバル造園やガーデニングのサービス市場は、これらのサービスのいずれ……

パンジーとビオラ、そもそも何が違うの? 食べられるって本当?

2019/11/03 08:00
親しみがあり、身近な存在のパンジー、ビオラですが、この2つは何が違うのでしょうか。また、食べることができるといいますが、実際は? 広島市植物公園の島田 有紀子(しまだ・ゆきこ)さんに教えてもらいました。
* * *
■複雑な交雑で明確な区別はない
パンジーとビオラは、植物分類学上ではどちらもスミレ(Viola)属に属します。
ヨーロッパから西アジアに自生する4~6種の野生種から育種されました。両者は別々に育種が進み、かつては大輪の花のものをパンジー、株立ちになって小輪の花を多数咲かせるものをビオラと呼んで区別していましたが、現在は複雑に交雑され、進化しているため、厳密な線引きはなくなっています。便宜的に、花径が約5cm以上のものをパンジー、以下のものをビオラと呼ぶ傾向があります。
■あっさり味でビタミンCも豊富です
あっさりした味で、香りもほとんどないので、どんな料理にも合わせられます。また、ビタミンCも豊富。家庭で無農薬で育てたフレッシュな生の花を、鮮やかな花色を生かすように、サラダやスイーツのトッピングとして添えてみましょう。たくさんあるときは、保存が利く砂糖漬けやアイスキューブもおすすめです。
※苗の購入時に咲いていた花は、農薬処理されている可能性があるので、食用は避けます
■『NHK趣味の園芸』2019年11月号より

紀州漆器や家庭用品販売

2019/11/03 05:00
海南の2か所でまつり
 海南市で2日、特産の紀州漆器と家庭用品を販売するイベントがそれぞれ始まり、買い物客らが詰めかけた。いずれも3日まで。
 「第31回紀州漆器まつり」は黒江川端通りで開かれ、16社・団体が出店。おわんやおぼん、箸をはじめ多彩な漆器が並んでいるほか、焼き餅や綿菓子などの「うまいもの横丁」もあり、あちこちで人垣ができていた。
 おぼんを買い求めた和歌山市の主婦川原純子さん(62)は「早く来たのでお目当ての品も見つかった。毎年楽しみにしています」と笑顔だった。
 一方、「第16回家庭用品まつり」は海南市総合体育館で開催。約20社が台所、お風呂、トイレ、ガーデニング用品など自慢の商品を即売している。ステージイベントや飲食コーナーも。
 3日の予定は漆器まつりが午前10時~午後4時、家庭用品まつりが午前9時~午後3時。2会場とJR海南駅前を巡回するシャトルバスを運行する。