食品廃棄物からガスを生み出す! 家庭で気軽に使える …|植物や電球が宙に浮く? FLYTE社が描く未来のイン…|11月 買ってよかった 無印良品の隠れた逸品 3選|他

食品廃棄物からガスを生み出す! 家庭で気軽に使える「エネルギー循環マシン」が世界を変える

2019/11/27 19:00
国内外のクラウドファンディングでは環境に優しく、エコな生活を助けてくれるプロダクトも人気です。その一例が、イスラエルのスタートアップ・HomeBiogas。彼らは2016年に「HomeBiogas」を、その翌年には「HomeBiogas 2.0」を発表して話題を集めました。進化を続けるそのプロダクトは、家庭から出る野菜や果物の残飯や生ごみといった有機廃棄物から、家庭菜園に使える液体の肥料や調理用のバイオガスを生み出すというエネルギー循環マシンとなっています。
そんなHomeBiogasの最新版「New HomeBioGas Generation」がKickstarterに登場。今回も大きな注目を集めています。
箱型だった初代から、2代目では空気で膨らますテント形式になりましたが、最新版もそれを引き継いでいます。大きさは210×115×125cmですが、設置は簡単。地面に広げて空気を入れて膨らますだけですが、太陽光があたる場所を選ぶ必要があります。というのも、本製品はバクテリアを使って食品をエネルギーに変える仕組みだからです。バクテリアは暑いところを好むうえ、休むことなく食品廃棄物を消費してくるんですね。
一般的なコンポストとは異なり、肉類や乳製品も投入できるそう。1日に最大で6リットルまで入れることができ、2キロの廃棄物で調理用のバイオガス2時……

植物や電球が宙に浮く? FLYTE社が描く未来のインテリア

2019/11/27 18:30
スウェーデンの FLYTE社が手がけるのは宙に浮かぶ未来のインテリア。幻想的に浮かぶ植物や電球で多くの人々を魅了する新感覚のデザインだ。
宙に浮く未来の観葉植物
宙に浮き自転する不思議なプランター「LYFE」。台座と鉢の底に磁石を内蔵しており、磁力で宙に浮き自転する新感覚の観葉植物を実現している。
見た目のインパクトや美しさだけでなく、回転により植物もまんべんなく太陽光を浴びられる仕組みだ。
ゆらゆらと美しく浮かぶ幻想的な電球同じ技術を応用した「FLYTE」は、1日12時間の発光で約11年間使用できる宙に浮く電球。ゆらゆらと美しく浮かぶ光を思う存分眺めることができるほか、台座はスマホのワイヤレス充電にも対応する。
旅をしてインスピレーションを得る独特の企業文化から生まれたこれらの製品は、これまで数々のデザイン賞を受賞し多くの人々を魅了している。
製品は公式サイトにて販売中だ。
・・・
縛られない自由な発想が、デザインの可能性を広げていく。

11月、買ってよかった「無印良品の隠れた逸品」3選

2019/11/27 17:30
こちらは、無印良品の観葉植物、シュガーバインとピレアディプレッサ。
観葉植物って、水やりが面倒くさいな〜というイメージ、ありませんか?
さすがの無印良品、そんな課題もスッキリ解決してくれるんです。
水やりをするときは、中の白い鉢を持ち上げて、外側の半透明カバーにだけ水を入れます。
カバーについた目盛りの位置まで水を注いだら……
白い鉢の底に付いた給水ひもが水に浸るように、鉢を半透明カバーに再度重ねれば水やり完了。
鉢から垂れ下がった給水ひもがカバーに溜めた水を吸い上げて、植物が勝手に適度な水分を補給してくれるという仕組みです。
水の量も目で見て確認できるので、水やりを忘れたり、逆にやりすぎて根腐れさせてしまうことがないのです。
別売の白い磁器のプランターカバーをつければ、無印らしいスッキリとした見た目に。
これなら手軽に観葉植物をはじめられるかもな〜!
詳しくはこちら↓

ふんわり華やかな空間に♪編み物で作るインテリアアイテム

2019/11/27 15:00
編み物は、初心者さんでもチャレンジしやすい身近なハンドメイドですよね。しかも、衣類や雑貨だけでなく、お部屋を飾るインテリアアイテムも作ることができます。糸の種類や編み方でいろいろな表情を出せて、優しい雰囲気を出せるのが魅力です。ユーザーさんの作品を参考に、ぜひチャレンジしてみてください。
カバーを作ってインテリア要素を加える日用品などの生活感が出てしまいがちなアイテムは、カバーを付けるとお部屋に溶け込ませることができます。編み物でカバーを作れば、サイズを合わせやすく、和やかな印象になりそうです。糸の種類やカラーの選び方で、スタイルの変化も楽しめます。
■ざっくりズパゲッティのティッシュカバー

氷川きよし、国宝級の美しさの秘訣は“家庭菜園”にあった!?

2019/11/27 10:15
 演歌界のプリンスとして今も多くのファンを魅了している氷川きよしが、11月18日に自身のインスタグラムを開設。開設してわずか4日間で、約4万9千人ものフォロワーを記録(11月22日朝現在)。第1回目の投稿では、2020年度の氷川のカレンダーをアップ。「インスタ嬉しいです」「カレンダー買いました」などファンからのコメントの他に、現在までに投稿された氷川の写真を見て、「あるコメント」が殺到している。
「11月19日に氷川が投稿した写真ですが、その写真の彼の“肌”があまりにも美しすぎて、注目を集めているようです」(エンタメ誌ライター)
 その写真は、氷川が鏡越しに自撮りしたであろうショット。淡い照明を受けて、氷川の肌がつやつやに輝いているのである。この写真を見たファンからは「お肌ツルツルでうらやましいです!!!」「お肌が…ツルピカ お手入れ法を教えて欲しいです」「かっこよくて綺麗なんてほんと最強すぎます…国宝…」といったコメントが殺到した。
「氷川は8月8日に神宮球場で行われた『セ・リーグ公式戦』、東京ヤクルトスワローズvs阪神タイガース戦の始球式に参加。その時に着用した衣装はヤクルトスワローズのユニホームに黒のショートパンツ。パンツから伸びた二本の足が“美し過ぎる”と、これまたネットでも話題になりました」(スポーツ紙記者)
 実際、ツイッター……

まるでヘビ? 神戸でとぐろを巻いたサツマイモ発見(神戸新聞NEXT)

2019/11/27 08:30
 まるでヘビ? 神戸市西区の地方公務員木下集さん(45)宅で今月中旬、とぐろを巻いた大きなサツマイモが見つかった。長さ117センチ、重さ2・9キロ。へんてこな形に、親類からは「エイリアンみたい」「これはニュースだ」と驚きの声が上がった。
【写真】小学生が“幻のヘビ”捕獲 ため池で発見
 木下さんは約10年前から家庭菜園を始め、トマトや大根、春菊、サツマイモなどを育てた。今年はサツマイモの品種「ベニアズマ」の苗を買い、8月中旬に植えた。
 11月17日、次女の絵理香さん(10)=春日台小4年=がサツマイモを収穫。1個だけなかなか掘り出せない芋があり、丁寧に周囲の土を掘り進めると、ぐるぐる巻きのサツマイモが姿を現したという。
 いも類振興会(東京)の鈴木昭二理事長は「硬い土の層に当たり、うまく伸びずに曲がってしまったのでは」と推測。「根域が狭くても必死に成長しようと格闘したのだろう。『頑張りましたで賞』をあげたい」
 集さんは「今年はしっかり土を耕さなかったから」と苦笑い。絵理香さんは「想像していない形でびっくり。スイートポテトで食べたい」と話した。(村上晃宏)

直売所そーっとのぞいて見て メダカ養殖に愛情 催しでも人気、農業と二役 茨城県日立市 勝間田守さん

2019/11/27 07:10
地域の課題へ本気度100% 中学・高校生が株式会社 農業、草刈り、人づく 熊本県氷川町  熊本県氷川町で、女子高校生が社長、中学生らが役職員を務める株式会社が、耕作放棄地の解消や珍しい農作物の栽培実験などに挑戦している。古里の課題を解決し、持続可能な地域にしようと起業。大人たちとも物おじせずに交渉し、決算など難しい局面もがむしゃらに学んで奮闘する。記者活動で問題意識 同町の高校生や中学生が経営するのは「(株)氷川のぎろっちょ」。同社の役職員は、2ヘクタールでかんきつを栽培する農家で当時は新聞販売店を経営していた岩本剛さん(62)が立ち上げた「子ども記者クラブ」に参加する小中高生20人だ。 会社の活動は年間およそ60日。農業部、草刈り部、ひとづくり部など五つの部署で、60アールの耕作放棄地の草刈りやアボカドをはじめ新たな地域の特産品になる農作物の栽培実験などを手掛ける。 発端の子ども記者クラブは、自分の体験や地域のイベントなど“子ども目線”で取材、執筆し、新聞折り込みに入れるミニコミ紙で、町民に伝える活動を担うもの。クラブは当初、町内を中心に小・中学生15人が集まり、毎週末に取材に励んでいた。 会社発足のきっかけは、記者クラブに設置した「まちの課題探究解決コース」。1期生だった中学生5人が、地域を歩く中で耕作放棄地や空き家、ご……

JR曽根駅北側広場のプランター、5校の生徒がデザイン

2019/11/27 07:09
 現在整備工事が進むJR曽根駅(高砂市阿弥陀)前北側広場に設置予定のプランターを、同駅前にあるSONE美術学院曽根校の生徒らがデザインした。高砂市が同駅周辺の学校に依頼したもので、同校の他、阿弥陀小学校、鹿島中学校、白陵中学校、白陵高校が参加している。
授業の様子
 同校では、今回生徒11人が6チームに分かれて、縦40センチ、横100センチのアルミ板にデザインした。メンバーの苧玉大樹さんは「デザインする上で、全チームがイラストの中に線路を入れようというテーマを盛り込んだ。自分たちの作品が公の場に出て、駅前広場を通る多くの人たちの目に留ればうれしい」と話す。