#地域別のコールテン市場の販売台数予測2019-20…|まるで身にまとう暖房 ヒーター搭載防寒ウェア Neo…|2019歳末点描:シクラメン出荷最盛期 /福岡|他

#地域別のコールテン市場の販売台数予測2019-2025 – 音楽スナップ

2019/12/05 20:20
工業用グレードニトログアニジン Industry 2019グローバルマーケットリサーチレポートは、工業用グレードニトログアニジン の市場規模、成長、シェア、セグメント、メーカー、テクノロジー、主要トレンド、市場ドライバー、課題、標準化、展開モデル、機会、将来のロードマップの詳細な分析と 2025 年の予測。 でレポートのサンプルコピーをリクエストします www.precisionreports.co/enquiry/request-sample/14283603 グローバル 工業用グレードニトログアニジン マーケット2019の調査では、定義、分類、アプリケーション、業界チェーン構造など、業界の基本的な概要を提供しています。グローバル 工業用グレードニトログアニジン 市場分析は、開発動向、競争力のある景観分析、主要地域の開発状況など、国際市場向けに提供されています。開発のポリシーと計画について説明し、製造プロセスとコスト構造も分析します。このレポートには、輸入/輸出の消費、需要と供給の数値、コスト、価格、収益、粗利益も記載されています。 グローバル 工業用グレードニトログアニジン Industry 2019市場調査レポートは、このニッチセクターにおける独占的な重要な統計、データ、情報、傾向、および競合状況の詳細を提供します。 各メーカーの生産、価格、収益(価値)、……

まるで身にまとう暖房。ヒーター搭載防寒ウェア「NeoHeat(ネオヒート)」を2019年12月5日(木)より販売開始

2019/12/05 17:00
株式会社TPOは、生活家電やインテリア雑貨を販売する通信販売サイト『TPO Collection』(ティーピーオーコレクション)にて、ヒーター搭載防寒ウェア「NeoHeat(ネオヒート)」を2019年12月5日(木)に発売開始しました。
■ 製品URL
https://tpo-collection.com/special-contents/neo-heat/
【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206551&id=bodyimage1】
■薄いのに温かい
NeoHeatは背中にヒーターを搭載した防寒ウェア。
キャンプ、ガーデニング、写真、釣り、ツーリングetc. 寒い外でのアクティビティを暖かくします。
ヒーターユニットが薄くて柔らかい素材だから、着ていてもほとんど気になりません。
ダウンベスト、ライトダウン、フリースの3種類から、さまざまなシーンやスタイルに合わせてお選びください。
■ポケットから少しだけ手を出せば手に入る温かさ
スイッチはポケットのすぐ近く。ON、OFF、温度の切り替えも簡単です。
【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000206551&id=bodyi……

2019歳末点描:シクラメン出荷最盛期 /福岡

2019/12/05 14:57
 北九州市内でシクラメンの出荷が最盛期を迎え、生産農家が作業に追われている。
 市によると、市内では7農家が生産し、今年は9月中旬からクリスマスシーズンにかけてガーデニング用の小型ポットや中・大型鉢の計約13万鉢の出荷を予定している。特に花のボリューム感がある大型鉢は人気が高いという。
 小倉南区上石田の生産農家、奥野正也さん…

季節の先取りが粋! 江戸時代の促成栽培技術

2019/12/05 08:00
江戸時代には、日本独自の生け花や庭園文化が大きく花開きました。その背後には、花や植木を生産し、提供するための園芸技術の発達があったことは見逃せません。2020年東京大会に向けて江戸の園芸を見つめ直す12回シリーズ。第9回は新春を飾る花を中心に江戸時代の促成栽培技術にスポットライトを当てます。解説は園芸研究家の小笠原誓(おがさわら・せい)さんです。
* * *
■季節の先取りが江戸の粋
冬に花の咲く植物が極端に少ないのは自然の摂理でしょう。しかし、江戸の人々は、その冬の正月に観賞できる樹木や草花を探し出し、栽培に工夫を重ねて楽しんできました。
その背景には、少しでも季節を先取りし、誰よりも早く初物を見たいという「江戸の粋」があったことでしょう。
江戸時代には、花を生けたり、植物を鉢で栽培する園芸文化が普及し、新春に飾る花の需要も大きく伸びました。植木屋を中心とする生産者も、より高度な要求に応えようと栽培技術を高めていきました。
■合理的だった栽培技術
春の花をひと足早く新春に咲かせた種類には、ニホンズイセンやウメなどがあります。植物の生理を利用したり、太陽熱や地熱などの自然エネルギーを加温に活用したりと、今日から見ても驚くほど合理的な促成技術を駆使していました。
一方、寒ボタンのように春秋の二季咲き品種を選んで育種し……

15年ぶりに幸福の花 「人生に改めて感謝」

2019/12/05 00:00
 金沢区釜利谷西の杉山茂さん(81)・広美さん(78)宅で15年ぶりにドラセナに花が咲いた。これは「幸福の木」とも呼ばれる観葉植物で「幸せが舞い込んでくる木」との言い伝えがある。杉山さん宅では15年ほど前に2回花が咲き、その後は全く咲かなかった。
 「小さな鉢植えだったものが天井まで届いてしまい4年前に短く切った。また花がついて驚いた」と広美さん。開花したのは広美さんの78歳の誕生日の直前。「素敵な誕生日プレゼントを貰ったような気持ち。幸せに過ごしてきた今までの人生に改めて感謝したいです」と笑顔で話した。