恋愛運を上げたい…今すぐ変えたいお部屋のNGポイ…|早世した兄の分まで… 芸能生活50周年・高橋惠子の…|継続は力なり:わかやま100年企業の挑戦 東和 時代…|他

恋愛運を上げたい...今すぐ変えたいお部屋のNGポイント

2020/01/13 19:30
あなたの恋愛が上手くいくかいかないかは、容姿・性格だけの問題ではありません。意外なことに、普段生活している部屋の環境にもよるのです。あなたの部屋はモテ女子の気を放っていますか? それとも……。そこで今回は、“恋愛が上手くいかない女子の部屋”の特徴を占い師の脇田尚揮さんにご紹介いただきます。
文・脇田尚揮
■水場が汚いと……
恋愛が上手くいかない部屋の特徴としてまず挙げられるのは、“水場”が汚いことです。
例えば、キッチンが汚かったり、洗い物が溜まっていたり、お風呂場や浴槽が水垢でヌルヌルしていたり、トイレ掃除をしていなかったり……。こういう部屋に住んでいる女子は、もれなく恋に恵まれていません。
メイクやファッションに力を入れるよりも、まずは水場を清潔にしましょう。そうすればきっと運気も上向いてくるはずです。
■ぬいぐるみや人形はアレの代わりになる可能性が……く
可愛いぬいぐるみや人形が部屋にあると、それだけで心が癒されますよね。でも、ちょっと待ってください。その人形があなたの運気を遠ざけるアイテムになってしまうかも……。
人のカタチをしたものには魂が宿るとされています。あなたがぬいぐるみや人形と一緒にいると、彼氏と一緒にいるような満足感を感じてしまい、恋に対するモチベーションが下がり、出会いが遠のいてしまうのです。……

「早世した兄の分まで…」芸能生活50周年・高橋惠子の原動力

2020/01/13 17:00
 芸能生活50周年を迎えた高橋惠子さん。1月16日から始まる舞台「黄昏」では、かつて同名映画でK・ヘップバーンが演じたヒロインを演じる。円熟の演技を支えるのは、「感謝」の気持ちだった。
【高橋惠子さんの写真の続きはこちら】
*  *  *
 年の瀬のとある朝。高橋さんは、自宅で育てている観葉植物に「今日も葉っぱがツヤツヤね」「元気そうね」と、ひと鉢ずつ声をかけながら水をやる。そして庭を訪れた鳥たちにも話しかける。「とっても可愛い色合いね」「気持ちがいい朝だわね」。この日は1月から始まる舞台「黄昏」の舞台稽古の初日。女優として特別な日だが、いつも通りに朝のルーティンを行ってから稽古場に出かけた。
「自然豊かな北海道の原野みたいなところで生まれ育ったので、生き物との触れ合いが大好き。観葉植物って、話しかけてあげたほうが立派に育つんですよ」
 舞台「黄昏」で設定されている場所は、アメリカ・メーン州の湖畔の別荘。美しい自然に囲まれたこの地で48回目の夏を過ごす老夫婦の愛情あふれる物語だ。1981年には映画化され、ヘンリー・フォンダ、キャサリン・ヘップバーンが出演してアカデミー賞各賞を受賞している。映画でキャサリン・ヘップバーンが演じたエセル役を、この舞台で演じるのが高橋さんだ。
「映画は昔見ました。いい映画ですよね。当時はまだ若くて、……

継続は力なり:わかやま100年企業の挑戦 東和 時代の先読み経営戦略 住空間提案し家具販売 /和歌山

2020/01/13 13:43
 和歌山市の中心部にある家具・インテリアの専門店「&Room(アンドルーム)」。大きなガラス窓の広々とした店内には、高級メーカーのテーブルやソファのほか、観葉植物やスリッパなど、充実した品ぞろえの商品が並ぶ。運営する「東和」は110年以上の歴史がある老舗で、時代を先読みした経営戦略で歴史を紡いできた。
 明治時代後期に創業した同社は当初、家具や建具を作っていた。その後、家具の小売りもするようになってい…

いわて人模様:就労訓練施設支援員 長谷川泰子さん(60) 浮き玉、愛情注ぎ再生 /岩手

2020/01/13 10:55
 陸前高田市の街中を歩くと、店先や庭に置かれたカエルや豚、猫の形をしたプランターが目を楽しませてくれる。東日本大震災で被災したプラスチック製の浮き玉を使い、手作業で作られた「アニマルポット」だ。障害や難病を抱える人が就労訓練を行う施設で、生活支援員として勤める傍ら考案した。
 結婚を機に同市で暮らし始め、3人の子どもを育てた。末っ子が中学校に上がった頃、友人から「長谷川さんに合う仕事だと思うから、やってみない?」と、障害者支援施設「ひかみの園」の生活支援員に誘われた。入所者の介助のほか、就労訓練の手助けをする。最初は戸惑いもあったが、根っからの人好き。「笑い声を聞いたり笑顔を見たりすると、うれしい」とやりがいを感じるようになった…

彫刻のように美しく佇むフラワーベースとプランター

2020/01/13 08:00
「KALA」はそのコンセプトを具現化したようなフラワーベースだ。彫刻のような佇まいは、光の角度で様々な表情を見せ、室内に豊かな自然をもたらせてくれる。

家庭菜園脇の私道でトラック横転、作業中の男性死亡(産経新聞)

2020/01/13 07:55
 12日午前9時半ごろ、前橋市田口町の家庭菜園脇の私道でトラックが横転、コンテナを降ろす作業をしていた同町の会社員、木暮哲也さん(61)がトラックの下敷きになった。木暮さんは全身を強く打っており、救急搬送されたが、死亡が確認された。
 前橋署によると、トラックはクレーン付きのユニック車で、木暮さんは家庭菜園仲間3人と倉庫代わりにしようとしたコンテナを降ろす作業をしていて、何らかの原因でバランスを崩し横転したとみられる。トラックは約3トン、コンテナは約1トンあった。