多肉植物コーナー常設 県中央植物園 展示法工夫し楽し…|春に収穫を楽しめる山菜を中心とした球根シリーズ DC…|10年の歳月を費やして安全と効果を両立させた食品原料…|他

多肉植物コーナー常設 県中央植物園 展示法工夫し楽しみ方提案

2020/01/14 22:10
 県中央植物園(富山市婦中町上轡田)はことしから、来園者から要望が多く寄せられていた多肉植物の常設展示を始めた。プランター代わりに雨どいを使ったり、ハンギングバスケットで植えたりして飾り方も工夫し、栽 ...

春に収穫を楽しめる山菜を中心とした球根シリーズ「DCMブランド 野菜球根シリーズ」新発売:時事ドットコム

2020/01/14 15:05
春に収穫を楽しめる山菜を中心とした球根シリーズ「DCMブランド 野菜球根シリーズ」新発売:時事ドットコム  時事通信

10年の歳月を費やして安全と効果を両立させた食品原料99.9%の殺虫殺菌剤『 ロハピ 1000mリットル 』

2020/01/14 15:00
『ロハピ 1000mℓ〔農林水産省登録:第24181号〕
家庭園芸において、殺虫剤・殺虫殺菌剤を購入する際の重視する機能としては、安心が最も求められています。(自社調査)
一方で、安心な食品原料由来の従来品※1に対するブランドイメージ調査では、効果に不安を感じている方が多くみられ、食品原料由来の殺虫殺菌剤の市場は近年微減傾向にあります。
そこで、安心と効果を両立させる製品開発に10年の歳月を費やし完成した食品原料99.9%の殺虫殺菌剤 『 ロハピ 1000mℓ 』 を上市します。本製品で食品原料由来の殺虫殺菌剤市場の活性化を図ります。
※1 あめんこ (当社従来品)
『 ロハピ 1000mℓ 』 は、何百種類もの食品原料の中から、虫と病気に高い効果を発揮する有効成分を選択 (スクリーニング) し、かつ有効成分以外で製剤状に必要な成分にも食品原料を使用し、安心、安全を追求しています。安心なもので病害虫対策をしたい人や、従来の食品成分生まれの効果に不安を感じている人にも効果を実感していただけるおススメの製品です。
アース製薬は 「 生命と暮らしに寄り添い、地球との共生を実現する。 」 を経営理念としています。
【製品特長】
●食品原料99.9%の虫と病気対策のスプレー (殺虫殺菌剤) です。
●従来品※1の食品原……

京都)商店街活性化へ中学生が花のプランター設置 舞鶴

2020/01/14 03:00
 色鮮やかな花で地域を活性化させようと、京都府舞鶴市の中学生たちが地元の商店街などに、花のプランターなどを設置した。
 市内の7中学校と舞鶴支援学校の計8校は2011年以降、「舞中8~絆プロジェクト」として、東日本大震災の被災地に義援金や本を贈る活動を続けてきた。本年度は地元の支援に目を向けようと、各校で花を設置することにした。
 昨年12月25日には、青葉中と白糸中の生徒約30人がJR東舞鶴駅前の三条商店街を訪問。パンジーのプランター計18個を設置し、商店主らと交流した。青葉中で生徒会長を務める3年の今岡要人(かなめ)君(15)は「花を見た人が喜んでくれたらうれしい。商店街も元気にしていきたい」と話した。(大久保直樹)